ぱんや店ちょ~の「兵庫県神社巡り」セカンド。

兵庫県に約9000ある神社を巡ってます。

「小さな神社」を「すくいとる」ように丁寧に巡っていきたいと思ってます。

知乃神社

2017-03-31 17:06:55 | 日記
丹波市市島町南592にあります「知乃神社」です。



」「鳥居」です。

「初代?狛犬」です。

「参道」歩きます。

「手水舎」です。

「拝殿前の狛犬」です。

「拝殿」です。

「本殿」です。

「境内社 稲荷社」です。

「境内社」です。



南方約5キロの妙高山の山頂に「神池寺」があります。その境内に「澄まずの池」と称する周囲10㍍ほどの池が現存し、寺伝によると、手傷を負った大蛇が暴れ廻ったと伝えられてます。

その大蛇が当社に逃れ来て、社地の池で「血」を洗ったと伝承されてます。

この「血の池」から社名が起こったと言われてます。

創立年不詳。

延喜式内社。

明治6年(1873)、村社に列せられる。


大正8年(1919)、春日神社を合祀。

この神社の主祭神は「知奴王命 チヌオウノミコト」です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上田天満神社

2017-03-30 15:22:12 | 日記
丹波市市島町上田7-1にあります「上田天満神社」です。

「一の鳥居」です。




「境内」入ります。

「手水舎」です。



「二ノ鳥居」です。


「鳥居」横の「狛犬」です。

「拝殿」前の狛犬です。


「拝殿」です。

「本殿」です。


「本殿」前の狛牛???。

「境内社」です。







創立年不詳。

明治6年(1873)、村社に列せられる。

この神社の主祭神は「菅原道真 スガハラノミチザネ」です。

「スガハラノミチザネ」は、ふだん「天神さま」「天神さん」と呼ばれ、学門・受験合格の神様として親しまれてますが、神霊としての最初は、恨みを残して非業の死を遂げた人間の怨霊だったそうです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梶原鴨神社

2017-03-29 20:17:16 | 日記
丹波市市島町梶原533-1にあります「梶原鴨神社」です。

「鳥居」です。



「狛犬」です。


「神門」です。


「拝殿」です。

「本殿」です。

「境内社」です。

「境内社 柿本神社」です。

「境内社」です。

「境内社 栗島神社」です。


「境内社」です。




創立年不詳。

応永28年(1421)、本殿再造営。

元和元年(1615)、再建。

明治6年(1873)、村社に列せられる。

大正13年(1924)、郷社に昇格。

この神社の主祭神は「鴨別雷神 カモイワケイカヅチノカミ」です。

「カモイワケイカヅチノカミ」は、本性が「雷神」であり、農業に関する雨と治水をつかさどる神として霊力を発揮します。

この神を祭神とするのが、京都の上賀茂神社として知られてます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神社巡り

2017-03-29 13:39:21 | 日記
少し用事があったので、この時間から「神社巡り」です。

「豊岡市」を少しだけ巡っていきます。

動画は「インスタグラム」に記録します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小富士山神社

2017-03-28 15:48:13 | 日記
丹波市春日町小多利678にあります「小富士山神社」です。

「小富士山登山口」付近にあります。

「鳥居」です。

「参道」歩きます。

「手水舎」です。

「狛犬」です。

「本殿」です。


「稲荷社」です。

「境内社」です。




無格社。


この神社の主祭神は「受母知神 ウケモチノカミ」です。

「ウケモチノカミ」は「イザナギ」と「イザナミ」の子です。

食物の起源・農耕の起源神話の主役です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加