カイロからマドリードまで夢がゆく

エジプトで働きつつスペインのMBAで学び
卒業後は日本で働いています

経営は自己表現。経営目標を達成するために

2020年01月23日 | 起業してわかったこと
起業は、すなわち自由を得ることです。
創業者は、自分の事業を、好きなようにデザインすることができます。
IE Business Schoolから教わったことのひとつは、その「自己表現としての経営」の魅力なのではないかと思います。
「やりたいことがあるなら、まずやってみたらいいじゃない」
マドリードの風は、そう僕に言っているように聞こえました。

しかし、自由は適切に使わなければ、糸を失った凧のように、経営者は脈絡のない行動、無駄な投資をしてしまうことになりかねません。
起業すると、自由を満喫できる反面、不安感も感じやすいです。
「自分の事業は持続可能なのだろうか」
「今の大口顧客との関係を失ってしまったらどうしよう」
朝起きて、そうした不安感を感じない経営者は少なくないでしょう。
不安感は、行動をブレさせます。不安感を埋めようと、あっちに手を出し、こっちに手を出し、結果としてどれも中途半端、となりかねません。

そこで大切なのは、経営の目標を明確にし、常にすべての行動の軸に据えることだと思っています。
全ての活動、行動が、目標からブレイクダウンして明確に意義付けできること。
それが信頼感のある経営を行い、経営目標を達成するために必要です。

経営の目標を紙に書き、毎日必ず見返す、という方法が有効だと思ってやっています。

コメント   この記事についてブログを書く
« IEの友人たちとの励まし合い | トップ | 独立してわかる、IEネットワ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

起業してわかったこと」カテゴリの最新記事