IDE Lab.

北海道大学大学院教育学研究科井出研究室(福祉臨床心理)のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【研究論文】『セクシュアルマイノリティ児童生徒への スクールカウンセラーによる支援の現状と課題』

2020-01-06 09:20:50 | 性的多様性
「セクシュアルマイノリティ児童生徒へのスクールカウンセラーによる支援の現状と課題:肯定的カウンセリング効力感に注目して」が『静岡大学教育学部研究報告.人文・社会・自然科学篇』70に掲載されました。
性の多様性に関するスクールカウンセラー(SC)の理解に関する現状や課題などについてはこれまで調査をされてきませんでしたが,この論文ではSCの性の多様性に関する理解の現状や課題,あるいはSC自身の性の多様性に関連する相談活動についての効力感について検討しました。




端的には
・文科省が示した性の多様性に配慮した教育相談体制の構築についての通知や手引きについてのSCの理解はそれほど進んでおらず,特に手引き(性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について(教職員向け))についてはおよそ半数のSCが把握していなかったと回答している。
・また,通知や手引きについては学校を通して知るというより,本や論文,校外の研修等で知ることが多いため,SC向けの研修に通知や手引きを含めた性の多様性についての研修が増える必要があると考えられる。
・効力感に関しては,性の多様性に開かれた学校づくりを進めていく時に,児童生徒の様々な声をもとに学校づくりを進めていくために学校体制の変革に働きかけるようなアドボカシーに関する効力感は過去にセクシュアルマイノリティの児童生徒の相談に対応した経験の有無にかかわらず低く,SCにはアドボカシーに関する意識を高く持ってもらったり,具体的な取り組みが行えるような力をつけてもらう必要があることが示唆された(もちろん,前提にあるのは学校(特に管理職)の理解が進むこと…)。

本文は静大の学術リポジトリからご覧いただけます。
→本文はコチラ

里親さんのお話

2019-12-12 17:08:04 | 講義
静岡市里親会,里親家庭支援センターの方に授業でお話をしていただきました。






『教育相談』の授業の「教育相談と福祉」という単元では社会的養護や虐待について学びます。
その入り口として里親さんと,その支援を行う支援機関の方にお話に来ていただきました。
里親さんは元教員ということもあり,教員時代のエピソードも交えてお話をしてくださったので,学生も楽しみながら聞いていたと思います。

また,今日は心理検査について学ぶ授業の一環として,地域の相談機関を訪問し,ケースカンファレンスに参加させてもらいました。
単に心理検査の使い方や解釈を学ぶだけではなく,それがどのように支援に結び付いていくのかを学んでもらえていればいいなと思います。

【本の紹介】『感情や行動をコントロールできない子どもの理解と支援 -自立支援施設の実践モデル-』

2019-11-28 15:27:05 | 書籍・論文
先日の学会の時,国立武蔵野学院の大原先生にご著書を頂戴しました。
感情や行動をコントロールできない子どもの理解と支援 -自立支援施設の実践モデル-』(金子書房)



大原先生は国立の自立支援施設である武蔵野学院の先生で,非行臨床や福祉心理学がご専門です。
特に生活場面面接についての造詣が深い印象があります。
先日の学会でも話題提供をしていただく場面がありましたが,いつもとても端的にわかりやすいお話をしてくださるなぁという印象です。

今回出版された著書では,児童自立支援施設での実践を基礎から示してくださっています。
特に,生活場面面接といわゆる個別面接の関係についてのべていらっしゃるところは勉強になるなと思いました。

生活場面面接を用いる理由はいろいろとあると思いますが,セラピーのような人と人との関係性に納まることが苦手な非行少年にとっては,まずは規則に守られた生活という枠組みの中で生活場面面接を重ねることが重要になると書かれています。こうした外的枠組みによる統制が機能するようになると徐々にその子どもの中に内的統制が育ってきて,その時にセラピーを実施することが可能になるし,セラピーが持つ意味が重要になるという事らしい。

「統制」という概念を中心に据えて,生活場面面接と個別面接(セラピー)の関係を整理されているところが,児童自立支援施設っぽいなと思いましたが,児童養護施設やじょうたん施設のようなところでも参考になる考え方だなと思いました。
児童養護施設やじょうたん施設での生活場面面接はどちらかというと,「統制」という概念よりも,子どもとセラピストの関係性を深めるという視点から語られることが多いかなぁという印象です。

ある程度,施設臨床,特に児童自立支援施設のことが理解できないと理解することが難しい本かもしれませんが,ちょっとでも経験がある方にはとても参考になる本だと思います。

【研究論文】『自然体験活動を取り入れた保育の実態と効果』

2019-11-26 16:37:32 | 書籍・論文
自然保育学会誌『自然保育学研究』に「自然体験活動を取り入れた保育の実態と効果」が掲載されました。
自然体験を積極的に行っている保育所の数やその内容,目的を分析すると共に,そうした自然体験保育の目的が青年期にどのような影響を与えているかについての調査を行った結果をまとめたものです。



端的に言うと,

・保育所や幼稚園が自然体験活動を取り入れている目的は①身体的健康・発達の促進、②意欲の向上、③社会性の向上、④共感性の向上である
・子ども時代の自然体験活動の経験は,おおむね保育所が目的に据えている領域に対して肯定的な影響を及ぼしている

というものでした。
しかし,保育所や幼稚園よりも,家庭の自然に対する親和性の方が影響がする可能性も示唆されました。

野外教育とか自然体験活動とかに取り組む方にとっては参考にしていただける論文ではないかなと思うのですが,いかんせんこの学会,論文を公開していないどころか,ciniiの検索にもひっかからない…
ご希望の方にはコピーをお送りしますのでおっしゃってください。

日本自然保育学会HP→https://shizenhoiku.jimdo.com/

日本福祉心理学会第17回大会@東京家政大学

2019-11-25 10:08:15 | 学会
11月23日,24日に東京家政大学板橋キャンパスで日本福祉心理学会第17回大会が開催されました。

今回はいろいろな役割を頂きました。
「社会的養護を要する子どもの心を育む『地域との連携』」と題された自主シンポジウムでは一般市民の理解,学校教育との連携,里親の普及啓発における連携といった話題提供者のお話を受けて指定討論者としてコメントする役割を頂きました。
また大会企画ワークショップでは司会として様々な立場の先生方にお話を振るという仕事を頂きました。






研究発表では共同研究も含めて3つの研究を発表しました。
1つは『児童養護施設におけるグリーフケアの実態とその必要性』です。
施設を対象にした調査からは施設職員が「死」に関することを扱うことがとても難しいと感じていることがわかりました。
まだまだ過去のトラウマにばかり目が向けられる傾向にありますが,今の生活の中で子どもたちが曝されるトラウマへの対応をしっかりと考えて行くことの必要性が示されていると思います。



2つ目は『地域との連携による自立支援 ~お仕事フェスタ,3年間の取り組み~』です。
社会的養護児童のキャリア・カウンセリング・プロジェクトの一環として行ってきたお仕事フェスタが子どもたちにとってどんな効果があったのかを質的研究によって明らかにしようとしたものです。子どもたちはいろんな仕事について知ることや,楽しく話を聞いて将来について考えること,体験して仕事の面白さを感じることをCCPの中で経験していることがわかりました。



3つ目は『特別支援学級・学級に通う子どもの自立を巡る里親の支援ニーズ』です。
支援学校や支援級に通う子どもを持つ里親さんたちにインタビューをさせていただき,その内容をテキストマイニングの手法を用いて分析することで支援級・学校に通う子どもを持つ里親さんたちがどんな支援ニーズを持っているかを明らかにしようとした研究です。
要約をすると,支援級・学校に通う子どもを持つ里親さん自身が,子どもたちがどんな進路,就労を選択することができるのかについての展望を十分に持っていないために,様々さ不安や困難さを感じているため,早い段階で児相や支援機関が情報提供をしていく必要があることが示唆されました。




書店では先日刊行された,翻訳に関わらせて頂いた『子どもの性的問題行動に対する治療介入──保護者と取り組むバウンダリー・プロジェクトによる支援の実際』も店頭に並べて頂いていました。