あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

本当の自分を生きる

2018-01-16 14:30:04 | 

  人は生きている以上、人生の選択肢を選ばなければならない時が否が応でも何度か訪れます。その時点で何を信じて進めばよいか判らず、悶々と悩むことでしょう。その時に指標になるものがあれば心強いことは間違いありません。その意味でも、伝記を読むことは大切です。

  本書は、日本のコーチングの草分けで、今はよく生きる研究所代表の榎本氏が、自身の社会人になってからの今までの20数年を自伝としての生き様を考察し、その時々の心境や行動をもとに、いかなる意識の基に生きていけば良いか、自己の意識から生み出された法則を、8つのキーメッセージ提示してくれています。 それは、

「シンクロニティはその人が進むべき道を指し示す道しるべ」、

「人生で起きることには、すべて意味がある」、

「人は誰しも、何らかの目的を持って生まれてくる」

など、既知として行動できれば嬉しいことばかりです。書名の通り、「本当の自分を生きる」とは、自身のから沸き起こる思いをアウトプットし、「自分という存在を最大限に活かすことで、周りの人たちや世界に対して最大限の貢献する」ことがオリジナルの歩みを紡いでいくことになるのでしょう。

  私もサラリーマンから書店業に変わり、地域の種起こしや趣味を生かした地域貢献をやっている中で、8つのキーメッセージは胸打つものを多く感じます。

『本当の自分を生きる 人生の新しい可能性をひらく8つのキーメッセージ』(榎本英剛著、春秋社、本体価格1,700円)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« さよなら、ストレス | トップ | 二度とない人生を生きるために  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事