Idol Happiness Website Hobby

特集■旅行記・音楽・映画・料理

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

2020-07-11 01:32:09 | 映画

アベンジャーズインフィニティウォーからの、初作ってことで、アベンジャーズファンとしては
スパイダーマンであるピーターが、トニーの亡き後、どのように引き継いでいくのか、、、、、て思ってみてたら。

モタモタしてて、めっちゃイラつく内容だったw

あくまで、スパイダーマンの作品だから、これまでのスパイダーマン、
特にトム・ホランドがキャストでの作品は、トビー・マグワイアよりも軽くていいんだけど、ティーンネイジャーらしい、といえばそうだけど。

いつも、モタモタしててw

こんなんだったっけ?って感じで、しかも関心がひたすらゼンディヤへの恋心。。。。っていう
核となるところがそれって、なんかしょーもない、、って思ってしまうわけで。

しかし、今作のみどころは、その恋人役になるかも??と前作のスパイダーマンで思わせておいたエンディングから
先に、ピーターがスパイダーマンってことがバレてしまう!?バラしてしまう?!っていうところ。

ちょっと面白かったw青春物語なわけだな、スパイダーマンは。
しかし、トニー達のあの壮絶なアベンジャーズInfinity Warの後で、相変わらず、お気楽でムカついた大人たちは多かったんじゃないかなー?

まぁ、でもちゃんと目を開けるように、出てきた悪者ヴィランズが
ジェイク・ジレンホール。というか、頼れる兄さん的な登場が、うさんくさかったし、

その姿がもう胡散臭さ抜群!

そして、なかなか面白かった水のCG効果。
前半、中半となかなか手ごわかったのに、案外あっさりと、負けていったのはもったいない。
もっと、なんか作戦あっただろうに。

しかし、見方を装って近づき、腹心真っ黒って、あるあるなので用心。更に用心ですねー。
そういう人って多いから、なかなか現代的でよろし。
かつ、こういう心理戦での闘いって明けた時の戦闘がより盛り上がって善い!

ピーターが騙されてたところから、立ち上がってから、正当な見所。
いっきに、ぐぉーーー!って、さて、どうやってLose要素から、Winnerへとなるか?!

てか、トニーの形見をそんな簡単に、都合よく自己解釈するのも、なんだかなー、と思ってみていた。
そして、やはりエンディング。

続きがちょっとあって、気になるねー。早く観たい。

あと、ちょっとwwwもう持ってる曲だけで、サントラができあがりそうな
80年代90年代初頭の曲がたくさん流れてきて、今回の活気がある内容と沿ってる音楽性もよかったね。

だいぶ歌えたわw

★https://www.youtube.com/channel/UCoy9_pgXgv5DVCyF3qCHz1A
★http://idolhappiness.web.fc2.com/


この記事についてブログを書く
« デッド・ドント・ダイ | トップ | Here comes "The Lion Guard" »
最新の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事