齋藤信幸のロングステイ!米国・カナダ・中国・台湾・韓国・フィリピン・イタリアなどへの旅行体験やカミサンポをご紹介 

65歳を過ぎてそこそこのお金とほぼほぼ時間のある今、長期旅行に挑戦しましょう。そして大切な妻とカミサンポ。

美食とカミサンポ:終わりの見えないコロナ、妄想旅行にも限界が。ステーキでも食べて元気つけるか!

2020-11-29 01:55:39 | アメリカ西部
ご存知の通り、新型コロナ感染騒動は収束どころか第三波の真っ最中。国内旅行もままならない。海外旅行は夢のまた夢。

先週、自分自身を元気づけるために、「2か月休みを取ってカナダ・米国を旅するプラン」を作成した。

先ずは、今年の夏に行くはずだったエドモントンにバンクーバー経由で到着。エドモントンに3日滞在、うち一日はエルク・アイランド国立公園訪問、5日目、ジャスパーに移動。

ジャスパー国立公園、バンフ国立公園は、計4日滞在。その後、カルガリーに移り、バッドランドで化石探し。

12日目にケンタッキー州のルイズヴィルに飛び、アメリカ旅行開始。まだ訪問していない11州のうちアラスカを除く10州を訪問。

詳細は省くが、ケンタッキー州からテネシー州、グレートスモーキーマウンテン国立公園を抜けてサウスキャロライナ州、チャールストンから海岸線を北上してノースキャロライナ州、シャナドゥ国立公園を縦断し、ウエスト・バージニア州、オハイオ州、大統領選挙で激戦となったミシガン州、インディアナ州からイリノイ州のシカゴに一週間滞在(ウイスコンシン州のミルウォーキー日帰り)。十分休養を取ったら、ルート66の旅。LAのサンタモニカを目指す。

季節は夏。キャンプも取り入れれば旅費も節約できる。5月、6月は前線があり、天候が不順。竜巻をみるチャンスではあるが!

竜巻の映画といえば「ツイスター」。後にアカデミー賞を受賞したヘレン・ハントが主演。彼女の竜巻チェイサーチームがアイオワ州のおばさんの家を訪れ、わき合い合いとステーキを食べるシーンがある。ステーキの上には目玉焼き、そしてポテトが添えられただけのシンプルなもの。

私もシンプルな塩コショウだけのステーキが好きだ。それも霜降りではなく赤身のアメリカ牛。例えば、これ。



LAの庶民的な店のステーキだった。ボリュームたっぷり!次は、サンフランシスコ近くのサウサリートの超有名レストランのステーキサンド。ハンバーガーの方が旨かった。



これは、ラスベガスのモートンズ。さすが、最高級店。赤ワインとのマッチングもぴったり。丸の内にもあるが、行ったことはない。



最後は家族旅行の最中に、長男が焼いてくれたステーキ。チーズをのせて工夫している。



この息子がサラリーマンではなく、漫画家になるとは、その時は想像もしていなかった。ちなみに、料理の腕は格段に上がってるね。



「2か月旅行」の話に戻すと、今の仕事は、3か月前に契約終了を通知すればいいので、7月に出発すると仮定すると3月末に通知すればよい。

次の仕事の準備もできているので今までになく準備万端なのだが。コロナ次第!!悔しいね!!!


コメント   この記事についてブログを書く
« 美食とカミサンポ:シン・中... | トップ | 美食とカミサンポ:海外旅行... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ西部」カテゴリの最新記事