美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

近代学校教育から寺子屋教育へ

2018-11-15 10:12:59 | 心・体と運命

江戸時代から明治となり

近代に入ったもうその時点で

当時世界最強国と言われた英国よりも

日本は識字率が高かったと言われています。

 

江戸期は学問が盛んでした。

 

そして公教育も盛んで

広く庶民にも、学問が行き渡っていました。

 

江戸期から連なる

学びを大切にする姿勢は

明治維新からの近代国家造りも

西洋の文化や学問を吸収して

早々と成し遂げました。

 

と同時に、教育制度も

寺子屋教育から学校教育に移行して

今日に至ります。

 

現代は知識・情報化社会です。

小学校教育における公教育はとても大切な事だとは思いますが

最近の「ゆとり教育」や「英語教育」などを見ていると

文科省もピントを外しているようですね(笑)

 

現代の公教育においては

江戸期の寺子屋教育のような形態が良いかも知れません。

 

一時期話題になった

フィンランド教育は寺子屋教育のような形態ですね。

 

知識・情報化社会では

もっとパーソナルな教育で

もっと文武両道の教育が大切だと思います。

 

現在の近代学校教育の形態のままでは

かなり難しいのではないでしょうか。

 

他国の歴史に学ぶには

このままでは教育格差が広がって来ると思います。

 

すぐには難しいと思いますが

日本の公教育の抜本的な改善を望むと共に

微力ながら格差是正に取り組みたいと思う今日この頃です。

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 自由恋愛と恋愛結婚 | トップ | 腰骨を立てる教育 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事