美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

根源的な問い

2019-07-06 18:42:23 | 心・体と運命

僕が20・30代前半の頃に

10歳以上年上の先輩達に

「人はなぜ生まれて来るのか」という問いを発して

まともな回答を得たことはありませんでした。

 

 

「人は子孫を残すために生まれて来た」とか

程度の低い回答の人も数人いました。

 

また、どこかの宗教団体に所属して

その教義の受け売り的な回答の人も数人いました。

 

ほとんどの方は

「人はなぜ生まれて来たか」という事を

自分自身で考えたこともなく

また考えなくても生きて行くことは出来ますものね。

 

そういう問い自体も

どこか宗教っぽく、考えることはおかしいことと

思っていた風潮もありました。

 

そうこうしているうちに時代は

本格的な「心の時代」となり

精神病(もどき)も激増してきました。

 

2000年代の

スピリチュアルブームも一段落して

2010年代は

心の問題や精神世界の話も

普通に話ができるようになってきました。

 

玉石混交ではありますが・・・(笑)

 

少し知らべれば分かることですが

江戸期の教育は本学が精神教育でした。

 

1945年の終戦までは

精神教育は普通に重視されていました。

 

仕方がないことですが

戦後、段々と薄れて来て

経済重視や物質主義が蔓延して

教育もノウハウやクイズのような

程度の低いことを覚えること

あるいは教えることが教育となりました。

 

最近では

心理学や脳科学やスピリチュアル等の看板をかさに

商売のネタにしている人達も

メディアを通じて見掛けるようになりました。

 

心身を養うことや、魂を磨くために

努力・精進することを

素直に大切だと感じないでしょうか。

 

「人はなぜ生まれて来たのか」という問いも

根源的に大切だとは感じないでしょうか。

 

またそういう根源的な事が

ちょこっと参考書を読んだり

セミナー等に行っただけで

身につくと思っていますか?

 

釈迦やキリストや孔子やソクラテスでも

努力・精進しているのに

楽して身につく訳はありませんね。

 

現代社会の生きずらさや精神病の増加は

経済・物質主義だけでは解決はできません。

 

根源的な問いを真摯に受け止めて

まずは現実的に心身を養い

精神的に魂を磨くことに努力・精進することが

大切な時代ではないでしょうか。

運も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 超高齢化社会の現実 | トップ | 職業の貴賤 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事