美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

五次元志向 1

2018-07-05 09:56:39 | 心・体と運命

日本は敗戦後、いったん廃墟になりました。

 

主にアメリカから導入された

個人主義・自由主義・民主主義・資本主義は

日本の物質的貧しさからの脱却にマッチして

戦後30年もすると経済大国となり

一億総中流と呼ばれるほどになりました。

 

物質的・名誉的な上昇志向が蔓延したのもこの頃で

バブル経済崩壊後の90年代後半ぐらいから

格差社会と言われるようになって来ました。

 

時代の流れに乗ったIT長者が現れる一方で

既存の企業はリストラや合併や倒産などに見舞われました。

終身雇用制・年功序列なる日本型経営も時代の流れには逆らえず

欧米型経営にシフトが始まったのもこの頃ですね。

 

とは言うもののすぐには変われないのが人間なので

2000年代に入ってからは混乱が加速しました。

 

小泉改革により欧米型経営の方向に明確に変わったのですが

混乱は白熱して、政府も民主党などの政権交代を経て

2010年代前半に第二次安倍内閣が発足します。

 

働き方改革などは詳しいことは知りませんが

おそらく欧米型経営の完全シフトへの法案ではないでしょうか。

 

バブル経済崩壊以後は、行く末の見えない世の中に

不安と疲れと絶望の空気も流れて来ました。

 

90年代から2010年代前半までのパラダイム転換期の間に

「下流志向」なる言葉も出てきました。

 

大昔から時代の転換期に現れる

退廃・怠慢・堕落志向の人達のことです。

 

心理学的にはバブル経済以前の「上昇志向」と陰陽で対をなすのが「下流志向」です。

 

優越感と劣等感は陰陽で同じものです。

物質的・名誉的・金銭的に

競争をベースにした上昇志向もいかがなものかと思いますが

退廃・怠慢・堕落をベースにした

下流志向もいかがなものかと思います。

 

2010年代前半に移行したパラダイムの方向性は

精神性の時代です。

 

ということは精神性を高めるための志向は

必要な時代ではないでしょうか。

 

精神性を高めるとは

心と身体を養うことでもあり

超高齢化社会にもマッチします。

 

心身を健やかにして生活するためにも

精神性を高める志向が大切な時代ではないでしょうか。

精神性を高めると運も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 人間関係の難しさ | トップ | 五次元志向 2 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事