美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

少子化対策

2018-07-14 11:21:33 | 心・体と運命

戦争が終わって社会がまだ貧しく、生活が苦しかった頃に

後に団塊の世代と言われる

ベビーブームが起こりました。

 

1970年代前半の頃に

後に団塊ジュニア世代と言われる

第二次ベビーブームが起こりました。

 

当時は高度経済成長は成し遂げたものの

オイルショックなどにより不況に見舞われ

「人口増加に歯止めが必要だ」との議論も

政府では行われていたようです。

 

現在は少子化が問題になっているようですが

人口の増加や減少など

そもそも政府にコントロールする力はありません。

 

面白いことに

昭和41年(1966年)は極端に人口が減少した年でした。

丙午(ひのえうま)という年で

「この年に生まれた女は男を食いつくす」という

昔からの迷信に多くの人が反応したからです。

 

つまり少子化の問題は

社会心理の問題ではないでしょうか。

 

現代社会は個人主義・自由主義・資本主義で、知識・情報化社会です。

 

多種多様な社会では

自分の事を最優先にする傾向がありますね。

 

政府にできることは

生まれた子供たちを18歳ぐらいまでは

国で育てて行くぐらいの制度を作る事かも知れません。

 

女性に(男性も)子供を持つことによる

心理的な負担を掛けることは

やめた方がよいかも知れませんね。

 

女性が(男性も)働くこと・自立することが

結婚すること・子供を持つことと矛盾することである

現在の社会レベルが一番の問題かも知れませんね。

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 引きこもりに足りないもの | トップ | ミーイズム »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事