美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

上達する喜び

2018-03-20 10:20:38 | 心・体と運命

2007年に内田樹(たつる)さんの著書で

「下流志向」という本がありました。

 

学ばない子供や、働かない若者が増えたとのことでした。

 

江戸時代からそうですが

物質的豊かさを生まれた時から享受している世代は

働かなくても食っていけるので

安逸を貪り、怠惰でわがままな人間になってしまうのは

致し方がないのかも知れません。

 

特に戦後の高度経済成長以後は

庶民が物質的に豊かになったので

大量の下流志向者を生み出してしまったのかも知れません。

 

通常は何かを上達したり、向上したりするためには

努力・精進しなくてはいけません。

 

レベルを上げようとすると

当たり前ですが、何らかの苦痛を感じます。

その苦痛が下流志向者には耐えられないのです。

 

苦と楽は表裏一体なので

努力・精進により苦痛を楽しみに転換できると

レベルが上がり上達出来ます。

安逸や怠惰のレベルよりも

比べられない喜びを得ることが出来ます。

自信も生まれ、生き活きと生活にも人生にも

生きがいや、やりがいが生まれます。

 

下流志向とは上達する喜びを知らないだけでなく

自分の劣等感を隠すための優越感の志向でもあります。

 

若い人ほど精神格差が開いてきている気がします。

 

学ぶこと・働くことにより

上達する喜びを実感できると

その後の人生が変わり、運が良くなります。

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生劇場 | トップ | 承認欲求は欠乏欲求 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事