美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

昭和一桁

2018-06-12 09:48:01 | 心・体と運命

僕がまだ20代の頃によく聞いた話で

「昭和一桁生まれの親御さんに育てられた子供と

二桁生まれの親御さんに育てられた子供はちょっと違う」と言われていました。

 

けしてそうとも言えませんが・・・(笑)

 

このたとえは

親御さん自体が、戦争を挟んでしまい

育ち方が一桁と二桁では

ちょっと違うという事ですね。

 

僕の父親は昭和7年の生まれですが

終戦の時は13歳だったようです。

 

昭和10年生まれの方は

10歳の小学校4年生ぐらいですね。

 

確かにそれ以上年上の方ですと

ある程度は戦争の大変さが理解できる年頃ですものね。

 

生まれてからはずっと戦争で

ティーンエイジャーの多感な頃に

終戦を迎えた世代が昭和一桁の方々ですね。

 

大東亜(太平洋)戦争も、ものすごいパラダイム転換でした。

 

いつの時代に、いくつで生まれ育つのかも

運や縁ですね。

 

昭和一桁までは軍国主義というか全体主義というか

社会主義というか、そんな感じですね。

 

戦後は民主主義・個人主義・自由主義が進みました。

 

戦後73年後の現在

ますます個人主義・自由主義は進行しています。

テクノロジーの発達も拍車をかけていますね。

 

ますます人間関係(家族も含む)に悩んだり

人間関係力が低いままでは

愉しくない人生になるのかも知れません。

 

単にSNSでのフォロワーが多いとか

家族があればいいとかではありませんが

昭和一桁の方々が体験したぐらいのパラダイム転換を

今のティーンエイジャーも経験しているのかも知れません。

 

21世紀の個人主義・自由主義は

自立と相互扶助の関係が

家族も友人も愉しく生きて行けるのではないでしょうか。

 

昭和は遠くになりにけりですね。

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                      

 

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 人は鏡 | トップ | 昭和は遠くなりにけり »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事