美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

肚のくくり方

2019-11-30 10:02:47 | 心・体と運命

昨日、中曽根康弘さんが101歳で他界なされたようですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

余談ですが中曽根さんは

桜上水駅から徒歩10~15分ぐらいの

世田谷区上北沢3丁目にお住まいでした。

 

本で読んだのですが

総理大臣になる前に

占い師に鑑定してもらい

上北沢の地を勧められたそうです。

 

ちなみにその場所は

ミスタープロ野球の

長嶋茂雄さんが住んでいた場所でもあります。

 

きっと氣の場が良い所なんでしょうね。

 

中曽根さんは

映像を見ても背筋が真っすぐで

当時の政治家としてはスタイルも良く(笑)

凛としている感じですね。

 

大正生まれで

20代で戦争も経験して

激動の時代を過ごしてこられたようです。

 

1982~87年の総理大臣の頃には

専売公社・電電公社・国鉄の民営化を成し遂げました。

 

当時は僕はまだ10代から社会人に成った頃で

政治・経済にも興味もなく

世の中のことなど何も分からない子供でした。

 

50代の今思うには

総理大臣として民営化を成し遂げるのは

とても肚が据わっていないとできないことですね。

 

大変なご苦労があったことと思いますが

それでも心身が壮健であったという事は

日頃の修養が出来ていらっしゃる方だと思います。

 

現に今朝の映像で

「人間は死ぬまで修養が大切だと」おっしゃっていました。

 

中曽根さんの政治活動の功罪や是非は置いといても

一人間としての年齢の重ね方は

超高齢化社会の今日

参考になるのではないでしょうか。

 

死ぬまで修養を心掛けて

肚をくくって生きて生きたいものですね。

運も良くなります。

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 平和と過保護 | トップ | 学習と習慣 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事