美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

女性の自立

2020-03-05 10:04:51 | 心・体と運命

女に家と書いて「嫁」ですが

家事労働や親戚・ご近所との社交は

人生においてとても重要な仕事でした。

 

それを担っていたのが

お嫁さんであり奥様でした。

 

昔は結婚して

ご主人の家に入ることが

女性の自立でした。

 

家事に加えて

舅・姑・小姑・子供の躾・・・等

24時間・365日続く

超ハードワークでした。

 

並みの精神力・体力では

やって行けないのは想像が付くと思います。

 

近代化が進み

特に戦後は工業化や家電製品も進歩して

庶民にも普及して行きました。

 

欧米社会に憧れ

核家族も増加しました。

 

物質的に豊かな社会が実現すると

ウーマンリブ運動が起こり始めます。

 

生活に余裕ができると

家に縛り付けられるのが

嫌になって来るのが人間の性のようですね。

 

選択の自由が増えることは悪いことではありませんが

自由には責任が伴います。

 

商売的なマーケティングで作られたイメージ戦略で

社会で活躍しながら

ファッショナブルで円満で幸せな家庭という

虚像を理想とする洗脳が進みました。

 

実際は戦後努力して裕福になった

親世代の経済力や家事労働力に依存し

また自分たちが苦労したからこそ

子供たちには苦労させたくないという

甘やかしの気持ちがリンクして

結婚による女性や男性の自立という概念も崩れ去りました。

 

そろそろ

自立とは何か?

道徳とは何か?

結婚制度とは何か?

など本質的な議論や

戸籍制度などの明治以来の民法も

改善して行く必要があるのではないでしょうか。

 

団塊世代以前の

戦後裕福になった世代も

もう70代後半を過ぎています。

 

依存による偽りの自立ではなく

自分を律する本当の自立(自律)と相互扶助を

女性も男性も心掛けることが

大切な時代ではないでしょうか。

自立力が高くなると運も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント