美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

老・病・死を考える時代

2018-04-01 09:46:01 | 心・体と運命

日本は紛れもなく超高齢化社会です。

少なくともあと25年以上は続きます。

 

幸せに生きるためには

真面目に「老・病・死」のことを考える時間を

持っても良いのではないでしょうか。

 

老化とは固くなること。病気は気から。死は忌み嫌うこと。

と通常は思われています。

 

お釈迦様は老・病・死を避けられない苦しみ(四苦・八苦)と悩みましたが

心の執着に気づき・手放せば苦しみが無くなりますね。

 

老化を遅らせるには

頭も心も身体も柔らかくすると良いかも知れません。

 

病は気からなので

邪気を正気に変えたり

気の滞りを無くし、巡りを良くするといいですね。

 

死は終りでも、忌み嫌うことではなく

旅立ちであり、始まりであり、先祖の対する感謝でもあります。

 

「老・病・死」の捉え方を

苦しみに執着するのではなく

愛と調和と感謝の気持ちで捉えられると

運が良くなります。

 

超高齢化社会の進む今日

明るく前向きに考えて、行動して行きたいものですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加