京都で暇つぶし

そのまんまです。時間ができたときの京都市内の徘徊記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

看板保存考(3)

2007-05-14 14:56:55 | 市内の看板
五辻をどんどん東に進むと、(歩いたのは東から西にでしたが)大宮通との
T字路にさしかかります。その少し西側に、新築のマンションがあります。
町屋をマンションに立て直すというのは良く見かける光景ですが、ここは
看板への気遣いが感じられます。

たまたま歩いていると通りに面したオートロックのガラスドアの向こうに、
見慣れた看板が。

なんと、ドアの向こう側に看板が保存されています。文字が妙に勘亭流っぽ
くて、書き直しなのかな?などとも思うのですが、オーナーさんの思い入れ
を感じさせる風景です。一度ご覧くださいませ。

コメント (4)

看板保存考(2)

2007-05-14 14:48:46 | 市内の看板
ゆりかもめさん、見てきました、今出川新町。保存状態も本当に良いです
ね。あの場所なら雨ざらしにもならないし。

立替に伴う看板の残し方もいろいろあると思います。五辻通りを歩きなが
ら思ったことをいくつか。

町屋のリフォームが最近盛んです。歴史ある町屋を残しながら用途を広げて
いくというのはとてもいいことだと思いますし、町の風景に建物が違和感な
く溶け込めるのは見た目にもいいなぁと思います。

最初の写真は、五辻七本松のオープンカフェです。改装時にもちゃんと看板
を残してくれています。
コメント

看板保存考

2007-05-14 02:31:50 | 市内の看板
四条西洞院の看板、アップしてからこんなに色々コメントがいただけるとは
思っていませんでした。
教えていただいた今出川の看板まだ自分が見れていないのがお恥ずかしい…。
最近はすっかり、以前にも増して意識的に街中の看板を見るようになりました。

町家がどんどんつぶされて新しいビルやマンション、駐車場に変っていく風景
を見ていると、なんだかさびしい気持ちになります。その時に、建物と一緒に
看板までどこかに消えてしまう、というのは益々さびしい思いです。建物の維
持管理は大変ですし、用途の変更、建物のデザイン変更は時代の変化に応じて
起きる事でもあるので一概に文句だけ言う事はできませんが、看板の付け替え
ならばそれほど難しい事じゃないと思うんですよね…。

僕が看板に眼が行くようになったのは最近の事なので、本当ならばあったはず
の看板が気づかないまま消えてしまっているということも、きっと多いんだと
思います。東山線通の名前が付いている完璧な看板とか、懐かしい街中の風景
を紹介する写真が沢山載っていた何かの本で見た事ありますが、今まだ残って
いるかどうか…。

そんな中で、写真は醒ヶ井四条の看板ですが、おそらく亀屋良長さんのビル建
て直しの時にあわせて飾りなおしたものだろうと思います。おまけに説明版ま
で付いているという。
ここまでするっていうのは大変でしょうが、建て直しにあわせて看板をちゃん
と付け替えてくれたり、長く保存しようとされているものを見ると、こちらも
何だか嬉しくなりますね。

コメント

ニートって呼ぶな!

2007-05-08 19:45:13 | その他
っていう新書が出ていたような…。
しかし凄い名前。僕ももうちょっとで停める資格もらえそうな
感じですが…。
コメント

寺之内 その2

2007-05-06 20:36:06 | 市内の看板
最後、妙蓮寺近辺で2つ見て、堀川通に着きました。写真は妙蓮寺。
このあたり、寺之内というだけあって堀川をはさんでお寺が沢山ですよねー。
称念寺(通称「猫寺」)について以前書いたことありましたが、寺之内の
浄福寺近辺です。
堀川の東にも、報恩寺、宝鏡院、本法寺、妙顕寺などなど。
時間があればまたお寺にも行きたいですね。
お茶やる人には不審庵、今日庵など千家の総本山ありますしね。
しかし千さん家って立派。
ここまで来て日没終了です。
コメント

寺之内通 その1

2007-05-06 20:30:07 | 市内の看板
仕事帰りに寺之内通り経由で帰る事にしました。わら天神前の交差点からスタート。紙屋川を越えると古い民家も沢山残っている中に看板が沢山出てきます。千本までは標記は紫野です。下柏野町、中柏野町の看板を見ながら千本へ。千本より東は通りの標記ですね。千本、浄福寺と看板が残っています。

コメント

折角の休日なので…

2007-05-04 20:04:06 | その他
GWのうちどうも天気が良いのは今日まで(?)…。
ならば折角なのでどこかに行こうと思っていたのですが、ネットで色々
調べてみると、連休中まで高雄の神護寺で寺宝を虫払で特別展示すると
のこと。
これは是非にも、と思っていってきました、三尾。
高雄(尾)山神護寺、槇尾山西明寺、栂尾山高山寺の三山を三尾というそ
うです。
高雄あたりは紅葉の季節が有名ですが、新緑のカエデは本当に綺麗です!
左 西明寺 中 神護寺 右 高山寺 です。
最初に神護寺へ。バス停から一番近そうだったというだけなんですが。
なかなかキツイ石段を登ると山門が見えてきます。文化財の宝庫です。
金堂内には国宝の薬師如来、脇侍には重文の日光月光菩薩があります。
間近で拝観できます。その脇には四天王、十二神将もあります。
宝物の特別公開は基本的に書画ですが、もうびっくり。あんなに間近で国宝
の源頼朝、平重盛像を見れると思っていませんでした。依然京都国立博物館
の国宝展でガラス越しに見ましたが、今回はそのまんま、目の前でゆっくり
見る事ができます。細かい筆遣いまで本当に良く分かりました。その他、文
書やら図像やらが所狭しと並べられていて、圧巻でした。

その次に川沿いの道を歩いて西明寺へ。ここも静かでいいですねぇ。
本堂正面の厨子の中に重文釈迦如来像が。運慶作の清涼寺式釈迦があるなんて
知りませんでした。勉強不足を痛感します。脇陣には重文の千手観音、鎌倉
時代作の愛染明王像が。親切にも懐中電灯があって厨子内を照らせるようです。
僕はしませんけど。

最後に高山寺へ。表参道の入り口が写真です。ここから鬱蒼と杉が茂る山の中
を進んでいきます。殆ど堂宇は残っておらず観光客は基本的に石水院に向かう
事になるので、結構な人込でした。
高山寺は文化財の宝庫(鳥獣戯画なんか有名ですよね)なんですが、宝物は寄
託されているか収蔵庫に収められているので簡単に見れるもんではありません。
そりゃそうですね、今指定された文化財は管理が大変ですし。

とにかく短時間に一気に三寺回りましたが大満足でした。

コメント

不親切

2007-05-03 07:07:29 | 市内の看板
京都の町には色々な看板があります。仁丹の看板はとてもすきな
看板です。外にも色々な形態があるので、おいおい紹介できたら、
と思っています。

一つ思ったのが、通常は市内の真ん中なら、通りの縦と横+町名で
場所を表示するタイプ(新旧問わず、これが通常ですよね)。
ところが、六角通り(知ってる限りでは烏丸から西の一部)と姉小
路の一部(河原町⇔寺町)では、横の通りしか書かない看板があり
ます。わかる人には問題ないですが、これじゃ正確な場所分らない
んじゃないか、と思ってしまう看板です。
コメント

京都の仁丹看板

2007-05-03 06:41:33 | 市内の看板
これについては、僕が書けるような内容ではないかも…と思って
ずっとためらっていた話題です。
というのも、やはり素晴らしい先達の方々がいるので、こちらと
しても敢えて書くほどの内容がない、というのが全てというのが
正直なところなんです。
もう、「仁丹の看板」に関しては、数多くの先達がいらっしゃいま
す。ずんずん様のサイト、およびてくすけ様のサイトはじめ、多く
の先輩方がかなり調べてらっしゃいます。ネット検索すると、色々
調べてらっしゃるサイトがありますので、いつも勉強させて頂いて
おります、とこの場を借りて御礼申し上げます。

今日敢えて書いたのは、ちょっと嬉しいことがあったからで…。
ずんずん様サイトによると、四条通沿いには仁丹看板に出会うチャ
ンス殆どないとか。確かに出会ったことありませんでした。
ところが、今日飲み会に向かうため歩いていたところ、それを見つけ
てしまいました。しかも店の方の優しさを痛感するような保存形態に
又感動。
左 保存されていた店です。普通の商店。
右 看板は外にありません。店の1階、しかもガラスの向こう側、店の
中です。丁寧にとってらっしゃったのでしょうね、こういう扱い、嬉し
い限りです。何より四条通沿いで出会えた(四条通から始まる看板に会
えた)のが嬉しかったので、ご報告まで。

もし既出ならごめんなさい、勉強不足です。
コメント (12)

新緑

2007-05-03 06:29:30 | その他
新緑、この時期とっても綺麗です。
こんな時間に何書いとんねん、という方、ナイス突っ込み。飲み会
の帰りです。
こないだの連休に、ついつい緑が恋しくなってフラフラ歩き廻って
しまいました。
①天授庵(写真上)
南禅寺、この時期とても混みますが、門入ってすぐ右手にある天授庵、
入ればものすごく静かです、僕は奥より手前本堂の前の庭が大好きで
す。静かな中で新緑の色々な色の違いを味わえます。きている人たち、
皆本堂の縁側でぼーっとしたり、寝転がったり、いい「緩さ」を出し
ていました。

②西教寺(写真下)
今大津の坂本が連休中は観光キャンペーンしてます。京都からだと地下
鉄+京阪石山坂本線乗り放題で1000円ですので、お徳だと思います。
僕が何より気に入ったのは、坂本の景色の素晴らしさとなんとも言えな
い雰囲気ののんびりさ。西教寺は庭も雰囲気も仏さんもとにかく最高で
す。一度行かれることを是非お勧めします。
コメント