京都で暇つぶし

そのまんまです。時間ができたときの京都市内の徘徊記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これで結願です

2006-08-30 21:00:52 | 洛陽三十三
最後、33番の清和院です。もともとは清和天皇ゆかりのお寺として御所
にあったそうですが、江戸はじめの御所大火で消失した後、現在の場所
に移されたそうです。七本松一条上ルですから、バス停で言うと上七軒
から下ったほうがいいかもしれません。向かいにはコーナンがあります。
ご本尊は重文の地蔵菩薩ですが、脇壇にあるのが聖観音菩薩、通称「河
崎観音」です。もともとは一条鴨川西にあった河崎観音堂にあったもの
が、焼失後移されたものです。残念ながら九州国立博物館に長期出張中
です。
お参りした後上七軒の交差点まで戻りましたが、そこをまっすぐ上ると
千本釈迦堂(大報恩寺)があります。ここの六観音像はとにかく圧巻。
見たくなって帰りに寄って堪能して帰りました。ものすごい立派なのに
参拝のお客は特別な時期覗けばほとんどいません。ほぼ独占できます。
是非お勧めです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 32番廬山寺 | トップ | 猫寺 »
最近の画像もっと見る

洛陽三十三」カテゴリの最新記事