湘南・JR寒川町駅近く、カラーサロン「イデアル」

外見に無防備な講師・コンサル・仕業の方に、外見力を上げる方法をお伝えしております。

ボヘミアンラプソディーを観ました!

2018-11-26 | 映画覚書

こんにちは。
あなたがなれる『最高の自分』をプロデュースいたします。
パーソナルカラー・コンサルタント
琴崎京子でございます 

大評判の映画、ボヘミアン ラプソディーを観てまいりました。
評判どおりにすごい迫力で、流れてくる音楽がどの曲も素晴らしくて感動的でした。

私はクイーンのことはよく知らなかったのですが、この映画を観ていっぱしのクイーン通になれたような気がします。

フレディ・マーキュリーって、すごい人だったのですね。

マイクを振り回して歌うところや、舞台上でのパフォーマンスなど本人を見ているような錯覚を受けました。 演じている俳優さんが素晴らしいですね。

私が一番 感心したのは、フレディー・マーキュリーの衣装センス。
普通の人が思いつけないような衣装を見つけ、それを堂々と着こなせる。
衣装デザイナーとしての才能も けた外れですね。

ドンドン パン、  ドンドン パン、 ドンドン パン、

We will we will rock you∼

リズムに乗って、ごきげんよう

ブログに訪問してくださって ありがとうございます
アクセス数が 励みになっています

コメント

シャネル好きの女性へ

2018-10-06 | 映画覚書

こんにちは。
あなたを「キレイ」に「ラク」にする
カラーコンサルタント 琴崎京子でございます

「サイン・シャネル」~カール・ラガーフェルドのアトリエ~
という番組が、アマゾン・プライムにありました。

 カール・ラガーフェルドはシャネルのデザイナー。

カールがデザイン画を描き、お針子さんたちがドレスに仕立て、ファッションショーが開かれるまでの工程を5つのエピソードにまとめてあります。

カール・ラガーフェルドは天才です。
アイデアが泉のごとく湧き出てくるようです。

着ている服も独特で 襟の高さが普通の2倍くらいあるようなシャツを着ています。
あの入カラーのシャツを着ていたら絶対 猫背にはなれませんね(笑)

 

エピソード1~5を通して、アトリエのお針子さんたちの姿が とってもカッコ良かったです。

お針子の主任さんは、シャネルスーツを着て出勤です。
アトリエに到着すると 上着をロッカーにしまって白い作業用のスモックに着かえます。 シャネルの時計、ブレスレット、指輪、ネックレスなどが普段使いされ、すっかり体になじんでいます。

他のお針子さんたちも それぞれマイ・シャネルのアクセサリーを上手に使いこなしておられます。

シャネル・スーツはもともとココ・シャネルが働く女性の為に作った服です。
働く女性を生き生きと美しくみせます。

お針子さんたちは カール・ラガーフェルドの投げかける無理難題をクリアーし、次々とドレスを仕上げていくのです。

生地選び、仮縫い、本縫い、刺繍、縁飾り・・・気が遠くなるような作業が続きます。
裁断や縫製は 
1ミリでも狂えばボツ!

ファッションショーは朝の10時から始まるというのに すべてのドレスが出来上がったのは当日の午前3時。
いかがですか? 聞いただけで目が回りそうでしょう。

生き馬の目を抜く最前線のファッションの世界、もし機会があればどうぞ覗いてみてくだいね。

「サイン・シャネル」~カール・ラガーフェルドのアトリエ~
NETFLIX(ネットフリックス) 

ブログに訪問してくださって ありがとうございます
アクセス数が 励みになっています 

コメント

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります

2017-08-12 | 映画覚書

 

窓から見下ろす公園

こんにちは!  湘南、寒川町の 
あなたの願いを叶える「カラーコンサルタント」琴崎京子です

家で 一人のんびり過ごす休日は 最高でーす

おいしいお茶を淹れて、いただき物の赤福餅を食べながらのDVD鑑賞はたまりませ〜ん

レンタルしてきたのは「オケ老人」と「ニューヨークの眺めのいい部屋売ります」

「オケ老人」は、パッケージを読んだだけで絶対楽しい♫という匂いがしました。 
見た後も、期待を裏切らない本当に楽しい映画でした。
大ファンの坂口健太郎君も出ていました。
坂口君の笑顔は最高です 

さて、「ニューヨークの眺めのいい部屋売ります」は モーガン・フリーマンと ダイアン・キートンが夫婦役を演じています。
ブルックリンを一望できる最高の眺望の住居なのですが、一つ問題が・・・
それは5階に済んでいるけど エレベーターが無いこと。

折もおり、画家の夫が足を痛め階段を上がるのがつらいとか、愛犬のドロシーが腰を痛めての手術という問題が起こり、その部屋を売りに出すことに・・・とストーリーは展開していきます。

見終わっての感想は 幸せの青い鳥は 自分たちの足下にいるのだなということを再認識しました。

年を重ねることで いろんな問題が起きてくるけど、目の前に出てくることに振り回されて物事の本質を見失ってはいけないのですね。

それから画家役のモーガン・フリーマン と元教師役のダイアン・キートン、何歳になってもカッコいいです。
いかにもニューヨークに住んでいる人らしい、小洒落た雰囲気を表現していて流石でした。

さてさて

私の住まいも とっても眺めがいいのですよ〜。
そしてドロシーならぬ、可愛いいアランがいます。 
今 住んでいる家を大切にしようと思います。
青い鳥がいるのは ここだから。 

 
カラーリストランキング

   

メイクアップアーティスト養成講座の受講生を追加募集しています。
詳しいご案内を差し上げます。
【お問い合わせ】 
090-6834-8948
ideal@water.ocn.ne.jp 

 

パーソナルカラーとカラーセラピーで あなたの内面と外見をリンクさせ、
あなたの実力を「見える化」する
IDEAl styleの カラーコンサルティングを手掛けております。
神奈川県 高座郡 寒川町 倉見2165  
【ご予約・お問合せ】    
IDEAL オフィス
0467-67-4034 

 

日常生活を綴る プライベート・ブログはこちらです。

コメント

はじまりはヒップホップ・・平均年齢83歳ですって!

2017-05-01 | 映画覚書

こんにちは!湘南、寒川のパーソナルカラー・コンサルタント琴崎京子です
平均年齢83歳のヒップホップクルーが ラスベガスの世界大会でヒップホップを踊った!!

なんてことを信じられますか?

これは実話で、ニュージーランドの小さな島の66歳から94歳までの人たちが、ヒップホップに出会い、練習し、ついにはラスベガスの大会で踊ったことを描いた「はじまりはヒップホップ」(こちら)ドキュメンタリー映画です。

レンタルショップでこのCDに出会い、平均年齢の83歳とヒップホップが結びつかなくて、それが気になってDVDをレンタルしてきました。

クルーたちの日常生活や 生きてきた背景等が練習風景の合間に差し込まれています。
平均年齢が83歳の人たちのヒップホップって ラジオ体操の延長みたいなもの?と思われるかもしれませんね。だけど全然 そういう感じではなくて、本物のヒップホップなのです。

左右色違いのレッグウォーマーに クールな衣装、 ヒップホップ・ネームだって持っています。
映画のラストシーンは、クルーたちが、ラスベガスの世界大会のステージで踊るところです。

ダンスは素晴らしい完成度です。
この映画を見ていると 明るく楽しい気持ちになれますよ

2013年 最高齢のダンスグループとしてギネスに認定されました。

もう***歳だからとか・・・ もう若くないから・・・などの発言は 極力控えようと思います。
60歳だ70歳だなんて言っていても 94歳のおはあチャンから見ると まだまひよっこですね。

人生楽しいのは コレからです。
年齢を言い訳にして、新しいことに挑戦しないのはNGです。

あなたも 私も 人生を楽しみましょう。

 

     

熊野化粧筆の販売を始めました
パンフレットご希望の方は ご連絡ください。
090-6834-8948
ideal@water.ocn.ne.jp 

 

パーソナルカラーとカラーセラピーで あなたの内面と外見をリンクさせ、
あなたの実力を「見える化」する
IDEAl styleの カラーコンサルティングを手掛けております。
神奈川県 高座郡 寒川町 倉見2165  
【ご予約・お問合せ】    
IDEAL オフィス
090-6834-8948
ホームページ、ただいま準備中

コメント