見出し画像

建築設計者の日々是好日

腕時計オーバーホール

先日、若い頃に就職してすぐに購入した腕時計のオーバーホールをお願いした
セイコーの機械式自動巻きで、北アルプスなどや海外旅行にも付けていった思い出の時計
最近は電波式の時計が正確なだけでなく、チタンケースのものを買ったのでとても軽く、最近はそれを愛用しているせいか出番が少ない
しかし、北アルプスなどにいつもご一緒していた方の息子さんが時計修理で独立し、高円寺でReBeatというお店を開いたので久しぶりにオーバーホールをお願いした
防水ではないので気をつけてはいたが、山に登れば汗もかくし外に出れば雨にも当たるということで内部がどうか少し心配だった

今日、オーバーホールが終わり事務所に届けていただいた
中は見えないので開けた時の写真を見せていただいたが、外のガラスが欠けていたりするわりには中は綺麗だった

機械好きの私には中の部品が整然と配置されて動いていることに非常に感心する
機械には合理的な美しさがあるが、車のエンジン内部やハードディスクの内部の機構など本当に惚れ惚れする
今は建築設計の仕事をしているが、高校では機械科で先輩のお手伝いで小さな蒸気機関車を作ったのだが、その時はシリンダーの精度が悪かったようで圧力が抜けてしまい、人を乗せて走るはずだったのだが残念なことになった記憶がある
やはり、その道のプロは素晴らしい

時計の修理に戻ると、作るのも大変だが分解して整備するのも大変だ
壊れたり、減ったりした部品はメーカーにストックがなくなると、自分で作ってしまうそうだ
これは建築と同じで、作るだけではダメでその後のメンテナンスという技術が大切だと思う
若い人たちにはこれからも頑張ってもらいたい
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「Weblog」カテゴリーもっと見る