建築設計者の日々是好日

建築家として感謝をもって生きる日々の記録

サツキとカメラこと始め

2021年04月13日 | 家庭菜園と緑
サツキはツツジと見分けが難しい
大きい小さいはあるが花はほとんど同じだと思う
仕事で緑化に使うのはほとんどツツジで寄せ植えする
サツキは葉っぱが細いとか言うけれどもとは同じツツジ属らしい

高校生の頃に物理の先生のニコマート(フィルム時代の一眼レフカメラ)をみて自分も欲しくなりミノルタSRT101という一眼レフを購入した
レンズは標準だったが接写リングでサツキの花の接写をすると、顕微鏡ほどではないが花のディテールがよくわかりとても嬉しかったのを思い出した
スマホで撮った写真はそこそこ綺麗だがやはり一眼レフで撮った写真にはかなわない
その一眼レフも今はミラーレスに取って代わられようとしている
将来のデジカメはどのような発展をするのだろうか
コメント   この記事についてブログを書く
« シャガ | トップ | レモンの葉っぱの黒カビ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。