人・企業・地域を元気に!いでっちの奮戦記

イデアパートナーズ㈱の井手修身(おさむ)の地域再生、観光地活性化に関する人・企業・地域の様々なエピソードを紹介する日記。

彼岸花と案山子(かかし)

2009年09月27日 | Weblog
この時期に地域を訪問すると、秋を感じますね。

9月のこの時期に目に入るのは、彼岸花ですね。

荒尾市内の彼岸花


彼岸花には、色んな名前があるようですね。

地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)など不吉な呼ぶ名もありますが、
「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」という、法華経などの仏典に由来したり、
"天上の花"という意味も持っているそうです。
私は、そちらの名前が馴染みますね。

また、あぜ道にヒガンバナが多い理由は、ヒガンバナの有毒性や悪臭を
利用して、モグラやネズミなどから田んぼのあぜ道を守る目的で植えたとも。

もう10年前になりますが、
熊本県水上村で水の上の学校という、グリーンツーリズムの
走りをし始めた頃。
地域活性の仕事で一番最初に入った地域です。

河内地区の彼岸花を見て、これを是非交流の資源にと、
はじめたのが、「ひがん花の里をウキウキ歩く学校」


あれから、10年間、今も「水の上の学校」が続いているのを
聞いて、うれしくもあり、懐かしくもあり、。

さて、彼岸花と同じく、この時期に良く見かけるのが
案山子(かかし)ですね。

荒尾市の案山子はなんと、マネキンが使われていました。


最近は、いろんな案山子を見ますね。

田や畑などの中に設置して鳥などの害獣を追い払うためのものですが、
民間習俗の中では田の神の依代であり、霊を祓う効用が期待されていたそうです。

盛んなのが、波佐見町 鬼木の棚田の案山子
ここの創作案山子は面白いですね。
一度、足を運んでみましょう!
 田吾作さんのブログ


シティマラソン福岡 今年も出ます!

2009年09月23日 | Weblog
シルバーウィーク最終日、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私は、比較的ゆっくりと近場で過ごしていました。

そんな中で、秘かに走っていたのが、
シティマラソン福岡2009  に向けての練習です。

ハーフマラソン 21.0975km

シティマラソン福岡は、市内を走りるせいか、関門の時間制限が
なんと、5か所もあり、2時間10分以内で完走するように
なっています。
これ、なかなかプレッシャーなんです。

が、昨年はじめて走りまして、見事完走しました。
 http://blog.goo.ne.jp/idea-p/e/b6e515391d6153377380078712d6da56

昨年のタイムは、
 時間は目標の2時間を切り、公式記録 1時間59分32秒
 ネットタイム(スタートラインからの記録) 1時間57分54秒でした。

今年は、これを上回るべく練習をしてきたのですが、
2か月前から、ふくろはぎ痛に悩まされ、今はペースダウン、。

練習量はかなり少ないのですが、マメに走っています。

10月4日、いよいよ本番。
百道浜のオヤジ仲間もみんな盛り上がっています。

あと、2週間!楽しみです。

博多 芸妓さん体験

2009年09月21日 | Weblog
先日、福岡商工会議所さんの企画で、
中国人観光客に博多の伝統芸能を堪能してもらう
体験モニターツアーがありました。

みなさんは、博多の芸妓をご存知でしょうか?

博多に芸妓が登場したのは江戸時代の中頃以降といわれ、
全盛期には、2,000名を超える芸妓さんがいて、料亭も東京の築地
や日本橋と並び称されていたらしいです。

今は、22名の少数精鋭で芸の精進されているとか。

「博多券番」という芸妓さんの取り次ぎや花代と呼ばれる
芸妓の出演料の清算などを行う事務所があり、お披露目する
料亭が7件、博多にはあるそうです。

今回は、料亭 三光園 

での昼食、芸妓、和装体験です。

芸妓さんのいる料亭体験は初めてで、ウキウキします。

お部屋の雰囲気です。落ち着いていますね。


食事をしながら、まずは歓談。
芸妓さんがお酌をしてくれるんですねー。
ちょっと緊張します。


芸妓さんの踊りの披露。
見事な舞です。



和装体験。
中国人のモニターの方も大変満足でした。



最後に記念写真。



博多の伝統芸能体験ですが、これは中国人のみならず、
福岡への来訪者、市内在住の方にも十分満足していただける
ものだと思いました。

体験しないと解らないア、すばらしい伝統文化があることを
再認識しました。

赤ちゃんのオフィス訪問

2009年09月20日 | Weblog
先日、我がオフィスに赤ちゃんが訪れました。

今春まで、弊社のスタッフとして働いていたNさんの赤ちゃん。
生後3か月です。

何やらいつもとは、違う雰囲気にキョロキョロ。

散らかっているのは、私のデスクです。


私も、抱きましたがまだ首が据わっていません。

しかし、かわいいですね。

お祝いももらうと、ギュツと握り締めていました。


凛々しい目をしてますよ。
「陽仁」くん。

将来、頼もしいね、。

秋を感じますね。

2009年09月19日 | Weblog
最近、すっかり涼しくなりましたね。

10月からは、仕込んでいた地域でのまちづくり企画が
催されます。

下は、今年も開催される「あそのみなみのみなみあそ」
の風景です。
空が広いですね~



そんな時期に行きますと、秋を感じますね~

稲の実りが、一面にあります。
今年は、日照が少ないと聞きますが、綺麗に色づいていますね。



下は、そばの花です。
10月は「新蕎麦」の時期でもありますね。



収穫、お祭りと、秋は地域が潤う季節だと感じますね。

楽しみです。

荒尾の梨真っ盛り!

2009年09月12日 | Weblog
今年度は、
総務省 地域力創造マネジャー 派遣で、
熊本県荒尾市にアドバイザーでかなりの頻度で伺っています。

いろんな地域資源があるんですよね、これが、。
まじゃく釣りもその一つ

そして、今荒尾市は 荒尾の梨 の収穫時期です。


荒尾の梨には3種類あり、
「幸水」は8月上旬~8月下旬、
「豊水」は8月下旬~9月中旬、
「新高(にいたか」は9月下旬~10月下旬の収穫です。

色々ご一緒している 平田梨園 です。0968-68-0241
 


9月は「豊水」、とっても甘くて大粒のなしです。


もぎ取りできる「観光梨園」もあります。
本田観光梨園  0968-68-0230 

小岱山のふもとには、土日だけ開催している市場があります。
百姓市場です。

夏野菜も沢山置いてありますが、ここの名物は
なんと ポニーちゃん です。



メスの5歳。
とても人馴ついていて、かわいいポニーです。

目がかわいいですね~


現在、パートナー募集中ということ、。
私の知っている牧場に聞いてみようかと思っています、。



福岡ビジネス協議会 定例会に伺いました。

2009年09月11日 | Weblog
9月10日は福岡ビジネス協議会(F・B・K) の
定期総会で、講演依頼を受けて伺いました。
イデア塾で知り合った、FBKの佐藤 正さんよりご紹介す。
ありがとうございました。

FBKはビジネス拡大を目的とする異業種交流会、ネットワークの組織で、
現在、会員が290社ほどあるらしいです。

今回は、福岡のビジネスマンの方々対象ですが、
「地域活性化とビジネスの接点を」という要望でしたので、
弊社が取り組んでいる九州の様々な事例を紹介させていただきました。

今、FBKさんは、大分県九重町の地域活性化支援をテーマに
人的交流をはじめられています。

九重町といえば、九重夢大吊橋 で一躍有名ですね。

最近は、地元食材を活用した「九重夢バーガー」もあるとか、。

ここが、これから「日本一の田舎暮らし」をめざして色んな取組み
を行い、そこをFBKさんと連携するらしいです。

行政マンも民間人も熱い方々が、来ていて可能性を感じましたね。

しかし、FBKさんの組織もしっかりしていますねー
今回72回目の月例会ということですから、継続は力ですね。

第18回イデア塾 唐池 恒二さん 大盛況!

2009年09月04日 | Weblog
第18回イデア塾、

九州旅客鉄道株式会社 代表取締役社長
唐池 恒二さんをゲストにしたお話し、

九州に『気』を満ちあふれさせよう!
観光・まちづくりと九州新幹線

      が9月3日に開催されました。

今回は、JR九州の社長さん新就任ということもあり、
140名近い方々が集まりました。

唐池さんは、関西人独特のボケで、
笑いのツボを押さえながら、話しをされます。

しかし、その内容は、シンプルにも鋭く切り込まれます。

・九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業に伴い、
 岡山・広島がターゲットとして有望であること。

・九州は中心地が、歴史的に変わりながら発展してきていること

人の「交流」ビジネスを活発にすることが
 九州にとって大事であること。


・「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」のまちをめざすこと

・おもてなしには、「街並み」「人」と2つの顔があり、両方を
 磨くこと。

「気」を集めること

 ⇒おもてなしのサービスでは、「気」を集めるために、
  ①スピード、②声 ③緊張感 ④どん欲さ が重要であること。

 を話していただきました。
 大変わかりやすかったです。

 九州に『気』を満ちあふれさせたいですね!


その後、みんなの自己紹介、PRの場となり、1部を終了。

田吾作さんのブログ

2部の懇親会でも、80名が来られ、大いに会話が弾みました。

私も、何人かの新しい方の出会いがあり、刺激を受けました。

イデア塾は、主宰者である私が一番、皆さんから元気を
いただいていると感謝しています。

吉田松陰と松下村塾

2009年09月01日 | Weblog

山口県萩市に伺いました。
これから1年間くらいで町の活性化で伺うことになりそうです。

「萩」といえば、やはり吉田松陰先生 ですよね。

 ちなみに、地元ではすべてに松蔭先生と「先生」がつきます。

着いて早速、松下村塾に行きました。




幕末の動乱期、後に明治維新を打ち立てることになる多数の門下生を
輩出したことで有名な「松下村塾」。



小さい私塾であり、松下村塾はわずか3年あまりの時であり、その間に、
高杉晋作を初め久坂玄瑞、伊藤博文など多士済々な方が、ここで学び
明治維新を成し遂げていきます。



松蔭先生の教えとしては、

至誠にして動かざる者は、未だこれ有らざるなり
(至誠をもって対すれば動かすことができないものはない)

志を立ててもって、万事の源となす

(何事も志がなければならない。志を立てることが全ての源となる)

 など、明言がありますね。 【吉田松陰.com引用】

また、辞世の句では、

身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん




事を成し遂げるのに、経歴や年齢や年数でなく、志とその行動力に
あることを認識させられました。

さて、私はどうなのか、。

世の中に新しい価値を創出すること。
人・企業・地域を元気にすること。

再考し、発奮させられました。