人・企業・地域を元気に!いでっちの奮戦記

イデアパートナーズ㈱の井手修身(おさむ)の地域再生、観光地活性化に関する人・企業・地域の様々なエピソードを紹介する日記。

札幌へ行く①

2008年11月30日 | Weblog
先日、札幌に行ってきました。2年ぶりぐらいでしょうか、。

今回は、元リクルートの先輩や同僚らが、北海道で
観光のマーケティング会社を設立したということで、
そのお祝いを兼ねて伺いました。

その名は 北海道バリュースコープ㈱
北海道観光の新たしい価値を創造するとか、。
ホテルの集客支援など、イデアパートナーズとの似た事業展開ですね、。

まあ、北海道でも同士が頑張ってくれればうれしいです。

また、それより1年先には、やはりリクルートの仲間達が
㈱北海道宝島旅行社を設立して、事業開始しています。

こちらは、北海道におけるアウトドアやクラフト、自然・農林漁業体験
などの<体験型観光プログラム>を検索・予約申込みできるポータルサイト
を運営しています。
その名は  『北海道体験.com』 
一度、アクセスしてみてください。

リクルート時代の同士が、全国で地域活性の取り組みを
自立してやっていることは、誇りですね。 

さて、札幌といえば、やはりおいしい北海道の海の幸ですね。

下は毛ガニのボイル。贅沢にみそと実をあえて食べました。
美味しかった~


次の日、はじめて札幌市内観光をしました。

最初に訪れたのは、北海道大学 です。
ここは、敷地が大変広く、歩くのは大変です。

下、有名なクラーク博士像です。
札幌農学校の開校に参画して、札幌を離任するにあたって
Boys Be Ambitious’ (少年よ大志を抱け)と叫んだ方。



大学内のポプラ並木 です。



大学内に農場がありますから、雄大ですねー。



札幌へ行く②大倉山ジャンプ競技場

2008年11月29日 | Weblog
次に訪れたのは、大倉山ジャンプ競技場  です。

市内から車で15分くらいの小高い山の中腹にあります。

ここは、昭和47年の冬季オリンピック札幌大会90m級ジャンプ
(現ラージヒル)の舞台となった場所です。

競技場の麓につくと、それは見事なジャンプ台。
積雪もあり、きれいな姿です。


標高300mにあるジャンプ競技のスタート地点までペアリフトで
登ることができます。
早速、上ってみると、。

す、すごい急斜面。
ここから飛ぶのか~ 恐れ入ります。


それだけではありません。展望ラウンジからは、
札幌市街や雄大な石狩平野
一望できました。 感動です



これは、実物を見なきゃわかりませね



すっかり観光客気分で楽しみました、。

旧北海道庁本庁舎も見ました


ついでに、「札幌時計台」も見ましたが、、
これは~見なくて良いかもね。




釜山へ行く① 円高ウォン安を実感!

2008年11月28日 | Weblog
先日、釜山へ旅行に行きました。 

仕事ではなく、、よくそんな暇があるねぇ~と
言われますが、時間はつくるものなのです。

福岡から釜山は、ビートルで2時間55分、近いですねー。
しかも、片道13,000円程度。大阪より近くて安いんです。

連休中でもあり、ビートル船内はほぼ満席。

しかも、今の円高、ウォン安 で、
為替レートは、1,000円≒15,000ウォン
数年前、1,000円≒8,000ウォンの時期がありましたから、
そこからは、約2倍、今年はじめからでも、1.5倍の価値になります。

よって、現地での飲食、物販は、
従来の35%割引価格になるのです。

これは、昨今の不景気な話の中、唯一うれしい出来事ですねー

下は、釜山の街並みを釜山タワーから覗く。
 入場料 3,500ウォン≒230円、缶ジュース 100ウォン≒65円也~


日本なら神戸市の街並みの様で、山と海に囲まれた平地に
建物が集積していますね。



街並みは決して綺麗ではありませんが、その雑然さが
活気を感じさせてくれます。

ちなみに、ビートルが作った街歩きマップ12種類は良くできていますね。

 
 続く

釜山へ行く② 市場の活気

2008年11月27日 | Weblog
釜山の名物といえば、やはり市場。

その1つは、チャガルチ市場

魚市場で、メインの建物は海側の新チャガルチ市場と新東亜市場のふたつ。
そのほかに、大小さまざまな店やおばちゃんたちの屋台が所狭しと並びます。
活魚を買って刺身で食べたり、おみやげにしたりして楽しめますが、
私はそこで食べるのはチョット、、お腹に心配で遠慮しました。



そしてもう1つが、国際市場

朝鮮戦争後に米軍放出品やヤミ物資の缶詰などを売り出したのが発祥とか。
一言で言えば、東京のアメ横です。
扱う商品も色々、カバン類や靴、革ジャン、衣服、雑貨、キムチなど。
カバンは財布はニセブランド品も多かった。
ビトンの財布が40,000ウォンい≒2,600円だもんね、、
まぁ、活気はすごいですね

芋のカリント?製造・販売です。


キムチの販売。 十数種類はあります。


この後、定番のお買い物「ロッテ免税店ワールド店」へ。

そして、その夜は初体験のカジノ へ。

釜山ロッテホテル内に、7Luck Casinoという公営カジノ
がオープンしました。
 http://www.7luck.com/jp/index.jsp
最初は、恐る恐るでしたが、店内は日本語のわかる店員がいて大丈夫。
仲間、4名とルーレットへ。
1チップ=1,000ウォン≒65円からですから、結構リーズナブル。

見よう見真似で、やり始めるとこれが、面白い。
結局、ビギナーズラック 私は元手の2倍
友人はなんと元手の6倍にしました。

楽しかった~

こうして、釜山グルメ、買い物ツアーは終わりました。




イデア塾 梅原真さん 本質を突く

2008年11月25日 | Weblog
第14回イデア塾が、11月21日開催されました。

ゲストは、梅原 真(うめばら まこと)さん
梅原デザイン事務所主宰
テーマは、「考え方をデザインする」

私は、梅原さんを勝手に【考え方の師匠】だと思っています。

彼に出会っていなかったら、私の地域活性への取組みや考え方は
なかったのでは思うくらい衝撃的な出会いでした。

彼の手にかかると、様々な地域の産品や景観や商品にズバッと
ひとつの芯(コンセプト)が入り、それがパッケージとなりデザインされ
生まれ変わり世の中でアピールされます。

今回も、目から鱗のお話しでした。

・本質を見抜くこと
・地域が自分達の工夫や暮らしの豊かさをデザインすること
・ローカルな地域、ローカルな商品、小さいほどおもしろい
・土地の風景が浮かぶものを作りたい

参加者からも感激の声。
 「お陰さまで、人生観が変わりました。」
 「想像を越えたエネルギーをお腹いっぱいいただきました」

本質を面白く楽しむコト

梅原さんのデザインは、どこか洒落が聞いていて、愉快になります。
そう、やっている本人たちが楽しむことが大事だということです。



そしてもう一つ、志を持って動くこと

リクルートを退職して会社を設立間もないとき、打算的な考え方
をしていた私に、「ピンで立て」と「喝!」をいただきました。

イデアパートナーズ㈱が設立して、3年を迎えました。
今回、改めて、私自身にエールをいただいたようで、うれしかったです。

弊社の会社のロゴマークも梅原さん作です。

これからも、魅力的な人との出会い、有益な情報との出会いから
自分のIDEA(アイディア、理念、目的)を広げ、GENKI(元気)を蓄える。 
新しい価値転換・創出の場、【IDEA(イデア)塾】
開催していきます。

参加の皆様ありがとうございました。

 田吾作さんのブログで詳細を紹介しています。

まちの「風景」「食」「物語」がつくる地域ブランド①

2008年11月24日 | Weblog
11月19日~21日で、福岡県久留米市で、地域活性化センター
主催の「地域再生実践塾」が開催されました。

テーマは、まちの「風景」「食」「物語」がつくる地域ブランド

その主任講師として、3日間、50名の受講生の皆さんと共にしました。
最近、この手の講師依頼が多いですねー。
本業ではございません、、。

さて、「B-1グランプリin久留米」「久留米ほとめき旅博覧会」が開催
されている久留米市を舞台に、「風景」「食」 「物語」がつくる地域
ブランドづくりを考えてみようと言うもの。

全国からさまざまな特別講師も交え、講座、フィールドワークしました。

●まちの「風景」 「食」 「物語」と地域の活性化として
 私からの[総論・問題提起]からはじまりました。

●ご当地グルメによる遊び心をもった地域おこし活動
~B-1グランプリの取組みと地域おこし活動~
 日本経済新聞 野瀬 泰申 さん の話しでは、
B級グルメが、住民の共通認識として既に存在していて、
まちおこしの合意形成にしやすい点が面白かったですね。
 B-1グランプリin久留米

●久留米の「食」がつくる地域おこし 
 ~ラーメンフェスタブームから次の展開へ~
 久留米商工会議所 玉置 敬一さん の話しでは、
とにかく、玉置さん自身が熱く、情熱的であること。
縁の下の力持ち的存在が、地域づくりに必要なことがわかりました。

●そして、夜は今開催中の
「大人の街を飲み先案内人トオルと歩く! 文化街ナイトツアー」

30分1店勝負で、3軒のお店をハシゴします。

3チームに分かれて、いざ久留米の夜へ
案内人付です


30分だと盛り上がってきた所で、退席です。
しかし、この心残りがたまらなくです。
次の店へ


いろんな方とも懇親ができて良かったです。


このナイトツアーはおススメです。
まだ開催中です。
久留米ほとめきまち旅博覧会へ

まちの「風景」「食」「物語」がつくる地域ブランド②

2008年11月23日 | Weblog
地域再生実践塾の2日目。

●久留米の「農と食」 がつくる地域ブランド
 ~九州のおへそで、宝物さがし~
 (有)銀のすぷーん 代表取締役 田 哲さん

そこに住む消費者が食べてみて良い感動するもの、
生産者に会って見たい、他の人に薦めてみたいと思うもの
が地域ブランドになっていくということでした。
                  
●「久留米ほとめき歩き」体験では、
 草野地区、『山苞(やまづと)の道』歩きを行いました。

当日は、草野地区の大塚さんによるガイドです。
大塚さんは「ほとめき歩き」ガイドとして昨年デビュー、
私も当初からガイドの育成のお手伝いもしました。
最初は少し緊張気味、。


しかし、慣れてくると名ガイドを発揮しました。


楽しみながら続けてくださいね。

●暮らしてみたい町へと
  ~みのう地域のブランド戦略~
 U PLANNING & DESIGN 代表高山 美佳さん

耳納北麓の田主丸に住みながら、地域づくりを実践する高山さんの
人柄や人生観が伺えました。
「探す」「伝える」「磨く」「繋ぐ」のキーワードもわかりやすい。
みなさん感動していました。
        
●地域の考え方をデザインする
 梅原デザイン事務所 代表 梅原 真さん

コミュニケーションデザインという考え方をもらいました。
話しのエッセンスは、http://blog.goo.ne.jp/idea-p/d/20081125 

●その後、パネルディスカッションで、
 まちの「風景」 「食」 「物語」がつくる地域ブランドをみんなで議論しました。

 梅原さんへの質問と、その答えにみんな真剣に聞き入り、
 取り込もうとしていました。

3日間、受講生も私も有意義な研修でした。
 受講生も、ブログに載せていますので、紹介します。
 高宮さんのブログ

薩摩川内の講演

2008年11月16日 | Weblog
先日は、川内、いちき串木野、阿久根、出水
の商工会議所青年部

にお招きいただき、講演してきました。

場所は、薩摩川内(せんだい)市です。
JR九州新幹線では、終点の鹿児島駅の1つ手前にあります。

「リレーつばめ」が止まります。
新八代ー鹿児島間が先に部分開通し、博多ー鹿児島間の全線開通は
2011年の予定です。不思議な工程ですね。


改札を出ると大きな綱引きの綱がありました。
「日本一川内大綱引き」ということで、長さ365Mの
綱引きがあるそうです。すげー


講演のテーマは、
農商工連携の集客・交流サービス戦略

昨今は、商工会議所や商工会が、観光・交流にも力を入れています。
その考え方や、戦略を事例を交えて話しました。

みなさん、熱心に聞いていただきましたが、やはり鹿児島県人、
その後の懇親会でお酒が入ると、みんな大いに会話がはずみました。

そもそも川内、いちき串木野、阿久根、出水の4つの商工会議所青年部
の合同開催でしたが、やはり各青年部で特徴がでてきますね、。

特に、いちき串木野の青年部は元気が良かったですねー
1人1人熱心に、話しに来てくれて、頼もしい限りでした。

キラリと光る人財を発見しましたね

みなみあそ くらしめぐり

2008年11月15日 | Weblog
先日、熊本県南阿蘇で開催されている
みなみあそ くらしめぐり に行って来ました。

村のくらしの地域資源を再発見して、それを歩きながらお披露目
していくという、地域づくりの一環です。


村内を12の地区で、歩いてみれるコースを設定して、村の暮らしの
技、知恵をお披露目しています。
詳細はhttp://www.kumashoko.or.jp/minamiaso/

さて今回は、さろく(歩く)ツアーに参加しました。

あいにくの雨模様でしたが、福岡、熊本から全員参加されました。

ガイド役は、奥側、農業者の吉良さんと、手前は知恵のおじいちゃん
喜八郎さんです。



暮らしの発見ですから、消防団の話しも皆さんには新鮮です。


でも、催行だったのは喜八郎さんの、「方言」丸出しの
話しです。たぶん、半分くらいわからない言葉もありました、。
けど、それが良い

喜八郎さんの自宅、築150年の建物です。


 続く


みなみあそ くらしめぐり②

2008年11月14日 | Weblog
田園風景の中を、1時間半ほど歩きました。


ゴールの後は、地元の方のもてなし料理です。
だご汁とぜんざいがふるまわれました。


下は、絶景の「鮎帰の滝」です。
滝と田園が接しているのが、珍しいとか、。



寒かったけど、一味違う、南阿蘇体感ツアーになりました。

竹田市での研修と夢大橋の紅葉

2008年11月09日 | Weblog
先日、電源地域振興センター主催の
人材育成の研修の講師で、2泊3日、大分県竹田市に行きました。

テーマは 地域資源活用型の観光・交流・まちづくり戦略

~地域住民参加、農商工連携の長期滞在型観光に学ぶまちづくりのしかけ~

3日間、通しで講師をしたのは初めてでした。疲れた~
北海道から沖縄まで40名超えの参加がありました。

と言いましても途中、竹田市のまちづくりの事例を沢山見ること
ができ、なかなか充実したものでした。

↓は、久住高原から見た夕日です。


「滞在型観光を目指す竹田の取組み」では、竹田市観光ツーリズム協会
 の事務局次長工藤さんの案内、お話は抜群でしたねー。
 長旅のプランは⇒http://www.taketan.jp/

3日目には、「プレゼンテーションあなたの地域も出来る!
滞在型観光商品」のワークショップ&発表です。

みなさん白熱しましたが、なんと沖縄チームが優秀賞に選ばれました。


充実した3日間でした。

さて、このシーズン、久住高原は紅葉真っ盛りでした。
あまりのきれいさに、何度も写真を撮りました。

ついでに、九重夢大吊橋に行ってきました。

平日の雨模様にもかかわらず、人が多かったですねー。

ご存知、総工費20億円かけて、造った長さ390m(日本一)、
高さ173m(日本一)の橋です。



紅葉もきれいです。


ミーハー的に言えば、一見の価値はあります。
でも往復20分程度で、500円ですから、一度で良いかな。
 http://www.yumeooturihashi.com/


 





平田進也さん IN佐世保ナイト

2008年11月08日 | Weblog
先日、日本旅行のカリスマ添乗員 平田進也さん
佐世保にお招きした。

平田さんとは、イデア塾でゲストで来て頂いてから、
親しくしています。
ホント、オモロイ方ですねー。 その様子は、
 http://blog.goo.ne.jp/idea-p/d/20071201

さて、今回は講演の後、平田さんと佐世保IN ナイトに出かけました。

佐世保市は、米軍基地もあり、アメリカンな情緒がある街です。
 長旅佐世保プラン

その1つに、外国人バー「ウエスターナ」があります。
そこには、ウエスタンスタイルの昔お嬢さんがカウンター
にいて、お客さんをもてなします。


そして、盛り上がりだすと、ナントお客さんに髭を書いて、
ボーイハットを被せて、ウエスタンスタイルに変身させてくれます。

さあ、みんなカーボウイに変身です


こんな楽しみ方の佐世保市もいかが


シティマラソン福岡 完走しました!

2008年11月02日 | Weblog
11月2日に開催された、 シティマラソン福岡 
見事 完走しました!

暑くもなく、寒くもなく、絶好のマラソン日和。

8時20スタート
しかし、5000人近い出場者、中程からのスタートの私は、
1分40秒近く経ってかスタートラインをまたぎました。

前も後ろも人、人、人。 みんな速く感じます。
ここからは、自分との戦い、マイペースで走りました。

2キロ毎の給水場でのスポーツドリンクは体が生き返りましたね~。

16KMまでは順調でしたが、そこからがしんどかった。
特に、ラスト3KMは、膝がかなり痛み出し、前に足が運びませんでした。

そして、福岡ドーム内に ゴール!


時間は目標の2時間を切り、公式記録 1時間59分32秒
ネットタイム(スタートラインからの記録) 1時間57分54秒でした。



当初は、10KMでへばってましたが、この3か月の練習が実を結びました。

また今回、一緒に走り、アドバイスをくれた、百道浜シーサイドクラブ
のN山さん、O森さんはじめ、「傾向と対策」ありがとうございました。

終了後は、みんなで、ソトコトクラブのジャグジーでクールダウン
して、慰労会をしました。


これが、楽しいですね~

一緒に初参加で走った、松葉のかじさんはなんと、1時間39分台でゴール

また、昨日、飲み会で急遽参加を表明した、S田さんは、ぶっつけ本番で
2時間10分台でゴールと、サプライズが起きました。

有意義な一日でした、、。が膝が痛いっす。