感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

オーラルセックスとHPV感染(英国)

2010-03-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
British Medical Journalで、オーラルセックスが原因でHPV感染に関連した口の中のがんが増えていることが指摘されています。 一般紙も伝えています。 Rise in mouth cancer may be due to sexually transmitted infection: experts 「頭頸部の調査と教育研究所」Institute of Head and Neck . . . 本文を読む

iPadを買いに行く

2010-03-28 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
青木編集長。温泉からもどってWindowsマシンのスイッチを押してみましたが、すでにこときれていたそうです。 これまでの痛い経験から、バックアップは熱心にしていたのでよかったです。 4月からの仕事に向けてこれからMacでの環境を整えます。 ところで・・。週末ソウルや台湾に行く友人は少なくありませんが、なかには現地滞在時間はほんのわずかですが米国まで出かけるというひともいます。目的は「家族に会う . . . 本文を読む

感染症の寄附講座(東北大学大学院)

2010-03-27 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
宮城県が東北大学大学院に寄附講座をつくり、周産期と感染症の専門医師を育てるという記事がありました。感染症系の前向きな情報ですね。 「感染症分野は、インフルエンザや結核などの感染症の流行に備え、地域の医療機関が院内感染の防止策や診療体制づくりについて具体的な助言を受けられる仕組みを導入。養成した医師が県内各地の病院に赴任したり、診療所を訪れたりできるようにする。」 ポジションも3つ新設されるよう . . . 本文を読む

脱力タイム

2010-03-27 | Aoki Office
編集部です。年度末の仕事はほぼ終了。明日以降は新年度に向けての整理と掃除です。 青木編集長はもう少し早くからまとまったオフを入れています。 4月からまた激務が待っているので、びよーんと伸びをする期間です。 今頃はロマンスカーの中でしょう。(温泉まんじゅうまっています) ブログ『Back to the streetふろむ診療所』のファンのひとりなんですが、こちらで紹介されていた石田衣良の短編集『 . . . 本文を読む
コメント (1)

理髪店で考える清潔不潔

2010-03-27 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
青木コンサルタントの行きつけの床屋は新宿駅南口の交差点わたった近くのビルの1階にあります。いわゆる格安系の床屋さんです。 看板の並びにはあやしいオリエンタルマッサージあり。 編集長「いやー、はいるとき誤解されないかとおもっちゃうよねえ・・」(←自意識過剰です) 1000円前後で散髪ができるお店に助けられている人は多いと思いますが、業界団体がこれに介入するかのような動きがあるそうです。 シラ . . . 本文を読む

築地 ぷちグルメ案内

2010-03-26 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
編集長は温泉です。(おみやげはまんじゅうでいいですよ・・・) 年度末でお忙しいかたご苦労様です。もうすぐ4月です。がんばりましょう。 東京はサクラも咲き始めました・・。 今日はマイアミとアトランタの会議に参加された先生から情報を教えていただきました。日本からも想像以上にたくさんの方が参加されていたようです。 (いろいろな方面へのフィードバックに期待しましょう) ランチは築地のフレンチラ・シュ . . . 本文を読む

感染対策を考える上でのメモ

2010-03-26 | Aoki Office
今後のHBV感染対策を検討するための編集部員メモ。気にしないで。マニアなだけ。 まず、日本の医療関係者にも好まれている2次資料、UpToDate。 HBVの水平感染:子どもでは小さな傷、粘膜での接触、濃密な身体接触で水平感染が起こりうる。 人体外でもウイルスは生きており、結果として汚染された歯ブラシ、かみそり、オモチャなどでも感染がおこりうる。 次に、これも日本人の好きなLancet。198 . . . 本文を読む
コメント (2)

B型肝炎訴訟に関連した誤解とメディアの責任

2010-03-25 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
編集部です。毎度疲れていますが、考えてみました^^;。(編集長は休暇で温泉です) 肝炎がらみの問題は仙石大臣が窓口なのだそうで、意見をおくろうと思いつつまだ送っていません(議員のホームページからおくることができます)。 報道をみていて、ずれているという違和感がずっとあります。 大手の論調はすべて「和解勧告を受け入れよ」です。 学生にもきいてみたのですが、大方が製剤の訴訟と予防接種で感染したと . . . 本文を読む
コメント (6)

受付開始♪ 連続講座  東京医大「臨床感染症を学ぶ」

2010-03-25 | 公開講義情報
いつもお世話になっている、東京医大で今年もまた連続講義を担当させていただくことになりました。大学院では単位認定になるそうです。 大瀧先生とご相談し、下記のようなテーマになりました。 大瀧先生が作成してくださったポスター(Narrow is Beautifulをこのように表現するとは!芸術系ですね・・) 本院のある西新宿は院外・学外の人の参加もOKにしていただいています。 関心をお持ちの学生さ . . . 本文を読む

「社会の敵」と感染症 

2010-03-25 | Aoki Office
疲れている人は読まないように ~~旦_(‥ )。 司法とメディア、そして感染症の話。 マル激トーク・オン・ディマンド 第466回(2010年03月20日)で、弘中弁護士が『なぜわれわれは社会の敵を求めるのか』について語っています。 http://www.videonews.com/on-demand/461470/001391.php 解説から。 「・・・しかし、「事件をつくる」のは何も検察 . . . 本文を読む