感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

応援中@札幌・水戸・鹿児島

2009-09-28 | Aoki Office
以前から定期的に講義やカンファ、症例コンサルテーションを依頼されている病院に加えて、青木編集長&その仲間の先生方がいくつかの地域・病院の臨床研修プログラム支援をしています。

特に募集や申し込み方法はありません。そこに熱意のある研修医と指導医。理解あるトップがいれば難しいことではありません(いれば・・ですが)。

指導できる医師がいない、いるが他の業務に忙殺されていてゆっくりじっくり教育に関われていない、あるいはそれをやるためにいろいろな無理がある、というようなところを仕組みとしてバックアップ!です。

「教え方を学びたい」というニーズも大きいです。

目標は、「どの地域でもいい研修ができる」です。「どの病院でも」、はまだ難しいかもしれませんが、地域の病院が連携すれば過不足を補い合ったりできます。その意味では外部講師をよぶだけではダメで、地域の人に声をかけるくらいの意気込みは必要。

ファイザーさんが支援をしてくださっている「若手医師セミナー」はその活動のひとつで、スーパー指導医の指導を一度にたくさんの人が聴けるウルトラCです。
ぜひご活用ください。(全国約200カ所にライブ中継)

まず水戸。先日紹介した記事に徳田先生がレスをつけてくださったのですが下の方に行ってしまったのでここでも紹介です。
--------------------------------------------------------------
水戸協同病院内の当センターでは、
「水戸藩他流試合GIMフェロー:3か月~12か月コース:給与つき」を立ち上げました。
他流試合にご興味のある全国のシニアレジデントは下記までご連絡くださると幸いです。
http://www.mitokyodo-hp.jp/mpmailec/form.cgi
--------------------------------------------------------------
水戸済生会もバックアップ中。

札幌は手稲渓仁会病院。青木編集長はコンサルタント契約をしているので、随時症例相談と定期の講義・カンファレンスを開催中。次回は12月を予定。

そして鹿児島はこれから力をいれる大隅鹿屋病院です。

田村先生と院長先生の熱意、診療に対する意気込み・どんどん教えていこうという姿勢にうたれて、青木編集長はまず細菌検査部門の改善のために小栗先生に数日病院に出向いていただきました。
さっそく改善プランも出ており、今後研修をする若い先生たちが検査室とよい仕事ができるようになっていくようです。

青木編集長は来年講義と症例カンファ等を数回予定しています。

これ以外にも長野県の浅間感染症セミナーのように、浅間総合病院が会場ですが地域の研修医などもたくさん参加できるように配慮されているものも増えています。

数年はかかると思いますが、地域の医療をよくしていきたいという思いで入学したり働き始める若い人たちが「ここにきてよかった」と思えるプログラムをぜひつくっていきましょう(^^)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 症例募集 と  11/10症例検... | トップ | You can say sorry »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (木村 圭一)
2009-09-30 23:27:32
大隅鹿屋病院の者です。青木先生が来られた時には不在にしており大変残念でした。

今後も当院に来て下さると聞いて、スタッフ一同喜んでおります。

もう来ない!と言われないよう頑張って臨床をして行きたいと思います。

よろしくご指導下さい。
御礼 (Aoki)
2009-10-01 17:10:42
木村先生

コメントありがとうございます。
自分は施設が研修病院として発展していく最低2条件を満たすあいだは、よほどの事が無い限り応援を続けています。

よほどの事の例としてはぎっくり腰などがあります。
頑張ります (田村 幸大)
2009-10-01 23:18:14
青木先生

8月には当院に講演に来て頂きありがとうございました。
病院の格としては、とても及びませんが、旭中央病院や亀田総合病院も都会から離れた所にあるのに良い研修を提供していると思います。環境は克服出来るものだと信じて、良い研修が出来る病院にしていきたいと思います。
前出の木村圭一先生は整形外科の勉強もされておられる救急の先生ですので、ぎっくり腰で来る事が難しい時は往診に来るはずですのでご安心下さい。
硬膜外麻酔を (Aoki)
2009-10-03 16:45:32
田村先生:

優しいコメント、ありがとうございました。
それでは、その折りには硬膜外麻酔など、よろしくお願い申し上げます。

Aoki Office」カテゴリの最新記事