感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

女性と腹痛

2010-03-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
医師が書類送検、のニュース。

都内の病院で、腹痛を訴え、血圧も低く、全身虚脱で出血性ショック症だった女性への対応が遅れた、が問題になっています。

妊娠見逃し患者死亡で当直医を書類送検
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20100329-611772.html

この記事だけではよくわかりません。

産婦人科のドクターは不足気味。対応できる病院も不足傾向。
当直で同じような場面に遭遇したらどうすればいいのか。

子宮外妊娠は自然妊娠の1~2%に発生、その98.3%が卵管妊娠。
ほうっておくと破裂します。
http://www.obgyn.net/ultrasound/ultrasound.asp?page=/ultrasound/gallery/gallery

子宮外妊娠と診察ミスについて(ネットのQ&A)
http://questionbox.jp.msn.com/qa1518630.html?order=DESC&by=datetime

救急外来の問診で妊娠の可能性を否定する女性はたくさんいます。

会話だけではわからないことしばしば。
年齢や見た目で除外してしまわないように。
月経のある女性は誰でも妊娠可能と考えて。

原因のひとつである感染症を予防することがケアにつながると信じて、予防も地道にがんばろう・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 箱根レポ | トップ | Cunhaの異型肺炎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
医師は神ではないですよね。 (とおりがかりJoy)
2010-03-30 01:22:04
また、怖いNewsですね。若い女性の死はそれだけで衝撃的に伝わります。Newsになると100%医師の過失、判断の誤り、勉強不足というニュアンスで書かれます。妊娠を疑うのは大事ですが、臨床的にわかりにくい非典型像を示すこともあります。CTが夜間できない病院もあります。後から、検証する医者も診断→その後の結論(死)を知っています。当事者の医師の立場だったらと思うとぞっとします。
ますます萎縮医療が進行しそうですね。
杏林大学割りばし事件でなんでも念のためCT撮れ!という風潮が広まったと思いますが、今度はこの事件で全国的にすぐ、hCGの尿検査!!かしら?

”妊娠を否定する女性”と本文にありますが、最終月経日と必要であれば、月経1周期の日数を聞けばよいのではないでしょうか?

妊娠の可能性はありますか?あるいはあなたは妊娠していますか?という質問は質問テクニックの問題ですが、適切な問診ではないと思います。妊娠しているか否かの診断は医師の診断だと思います。
ありがとうございます (編集部)
2010-03-30 07:59:44
いろいろな意味で怖いNewsです。
ご指摘のように報道はもうパターンが決まってしまっているようにおもいます。
違う整理の情報もないといけないですね。

リプロヘルス領域でしばしば経験するのですが、「最終月経日がわからない」(不順だ、関心が無い、記憶にない、etc.) 、あるいは「月経だと思っていたら不正出血だった」といったことがよくあります。

また、『今は妊娠したら困る時期だから絶対に妊娠しないよう厳密に管理』をしている人ばかりではなく、やばいなと思う日だけコンドーム、“安全日”と誤解する日はコンドームを使わないという“ぬるい管理(避妊)”をしている人が日本には多く、「避妊しているので妊娠んあんてアリエマセン!」と断言しながら妊娠していたひとも少なくないです。

ピルを飲んでいる、子宮内避妊具をつかっている、不妊手術をしている、閉経が確認されている人以外ではよくよくきかないと・・・と怖い目になんどかあっておもいました・・。

毎日いんふぇくしょん(編集部)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事