株式会社 文化財保存活用研究所 Blog

大分県を中心に文化財の保存修復をメイン事業として活動している「株式会社 文化財保存活用研究所」の企業ブログです。

文化を護る 未来へ繋ぐ 株式会社 文化財保存活用研究所

≪本社≫ 〒870-0164 大分県大分市明野西1丁目26-4 パレストステージ明野弐番館405号室 ≪工房≫ 〒870-1163 大分県大分市廻栖野549-18 TEL:097-556-7337 FAX:097-594-0073                         E-mail:hozon-katsuyou@kdr.biglobe.ne.jp                        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページをリニューアルしました!!

2013-07-30 21:19:28 | 日記

 こんにちは、馬頭です。気が付けば7月も終わりとなってしまいました・・・。世間の学生さん達は夏休み真っ最中で楽しく過ごしているのだろうなどと妄想しがら、私はというと仕事に忙殺される日々で、どうやら今年も夏らしい思い出は作れそうにないようです・・・。

 さてさて、なぜ最近忙しかったのかというと・・・弊社ホームページを完全リニューアルしました!!

 弊社も今年で設立から4年が経ち、皆様のご協力を受けながら少しづつではありますが実績を積み重ねてくることができました。そしてこの度は、これまでの事業実績をより詳しくご紹介するとともに今までご紹介できなかった弊社の新事業「デジタルコンテンツによる記録保存」の公開など弊社のことをより詳しく知っていただけるようにいたしました!

 

さらに・・・

 そして、URLはwww.rekishiwoikasu.com(れきしをいかす)です。

 「いかす」=「活かす」or「生かす」or「イカす」という思いを込めました。弊社の目的のひとつである「文化財」や「歴史」を多くの方々に知ってもらい、興味を持っていただくために「文化財」「歴史」の素晴らしさを活かして皆様に伝えることで、「文化財」「歴史」を未来へ「生かす」ことができるのではないかと考えています。そして、100年後、200年後の人々が「文化財(歴史)ってイカすねぇ~!」なんて言ってもらえるように弊社も微力ながら活動をおこなっていきたいと思います。このホームページでそんな活動の情報を随時配信していきますので、ぜひお楽しみください。

 

コメント

8月のイメージ

2013-07-27 23:16:55 | 日記

ども、うめです。あっという間に7月も過ぎ去り、いよいよ夏本番という時期になってきました。皆さんにとって8月という月はどんなイメージでしょうか?私としては誕生日がある月なので、特別な思いのある月でして。ただ、以前のブログでも書きましたように自分の誕生日=夏の終わり(夏休みの終わり)という残念なイメージがどうしてもありまして。結果として私にとっての8月は自分が年を取るのと同時に夏が終わる切ないイメージです。

8月の行事といえばお盆があります。みなさんは今年の夏はどう過ごされるでしょうか?私は昨年同様祖父母のお墓詣りに行こうと思っております。昨年のブログでも書いたように、祖父母のお墓は福島県のいわき市にあります。昨年のお墓詣り時に震災後初めて福島県いわき市に行ったわけなんですが、現地の状況を見て、地震や津波の恐ろしさなど、色々なことを考えさせられました。今年2度目の東北ですが、また色々と勉強できたらと思います。

厳しい暑さが続きますが、体調を壊さないように気をつけて、元気に夏を乗り切り、無事に誕生日を迎えたいと思います。

 

コメント

文遊両道をめざす

2013-07-20 11:00:00 | 日記

今年は異例の速さで梅雨が明けましたが

平年ではここら辺あたりが九州地方の梅雨明けでして

いつもなら「やっと明けた!」的な気持でとりあえず今頃あたりに海に出かけていたのですが

先週に早々と海を片づけて

次は山だ、渓谷だ、川下りだ

大分は豊富な地形を活かしたレジャー満載で行きたいところが絶えません

 

そんな中、子供たちが夏休みに入り

家では誘惑が多いとのことで(テレビとか漫画とか)

図書館の学習室をはしごするという旨を申しておりました

幸いに私が住んでいる地域は図書館が近い場所で

学校も教室と図書館を開放してくれるようだし

頑張っている周りの学生たちに刺激を受けて自分も奮起して

最後にはやりきったという充実感を感じることのできる夏休みにしてほしいものです

でも遊びのなかで学ぶこともたくさんあるので

時間の許す限りどこでも連れて行きたいと思っています

 

図書館といえば、私もたまに行くのですが

市町村単位で地域の文化財をまとめた本があるのでよくそれを読みます

初版が古いもの程わくわくしながらページを開きます

当時の様子がよく分かるからです

 

最近ではインターネットでも検索したら情報がたくさん得られますが

ウィンドウをカチカチ切り替えながらあっちこっちしたり、別サイトに飛んでいって戻ってくることのできる便利さがいい時と

必要な本を並べて並行して読み進めていき

本棚と机を行ったり来たりしながら自分の知りたい内容をまさに自分の足で見つけるアナログ感がいい時と

気分によって使い分けています

図書館のあの静かさは落ち着きます(家ではそれこそ誘惑あり、雑用に振り回されますし)

 

図書館にも文化財が載っている本がたくさんあります

お子様の自由研究のネタにいかがでしょうか

本きっかけで興味を持ったらお次は博物館、歴史資料館などで本物体験

調べたことをまとめてポスター形式にするのもいいと思います

 

図書館でも文化財関連のコーナーありますので

よろしかったら足を運んでみてください

 

よく遊びよく学びましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

第30回日本文化財科学会に参加しました

2013-07-16 20:53:31 | 日記

 こんにちは、馬頭です。海の日も終わり、いよいよ夏本番な今日頃ごろですが、特に海や山に出掛ける予定もない私です・・・。

 さて、今回は7/6・7におこなわれました「第30回日本文化財科学会」に参加させていただたことをご報告いたします。

 年に1度おこなわれ、今回で30回をむかえた日本文化財科学会ですが、今年は初の東北地方での開催となり青森県弘前市にあります弘前大学でおこなわれました。自分としても初めての東北ということで、この時期でも寒いのかなぁ~と思い、長そでシャツとジャケットを用意していたのですが、地元の方が「この時期では珍しい蒸し暑さ」という程の初夏の陽気でした・・・。

 

 文化財の保存や科学的分野からアプローチする研究者の方が一堂に会する本学会で、弊社も毎年発表をさせていただいています。未熟な私たちにとっては多くの研究者の研究内容や意見などを聞ける貴重な情報交換の場になっています。

 懇親会では青森ということもあり、津軽三味線の演奏もありました。小学生くらいの演奏者もいて、やっぱり本場はすごいな~と思いました。

 学会では新しい出会いやこれからの活動のヒントなどもいただき、毎回のことですがやる気にさせられます。このやる気を持続しつつ、1年間頑張っていこう思います。

コメント

もう夏は始まってます

2013-07-13 12:24:04 | 日記

ども、ウメです。気象庁の予報より10日ほど早く梅雨があけ、大分でも猛暑日が続いております。

これからの1~2か月の間は熱中症になる危険が高い時期で、屋外だけでなく屋内でも熱中症になる可能性はあるそうです。かといって、エアコンの効いた部屋に居すぎるのも体調を崩す原因になります。夏は中々難しい季節ですね。皆さんも体調を崩されないように気をつけてください。

しかし、夏には夏の良いところがあるわけで、この季節にしか見れない風景というものもあります。昨年も紹介しました臼杵石仏前の蓮畑の花もその一つです。こういった季節ごとの風景を楽しむということが、四季のある国日本を本当に楽しむということだと思います。暑い夏はもう始まっていますので、夏には夏ならではの楽しいことで、暑さにも負けずに頑張っていきたいと思います。

そんな蓮の花が綺麗な臼杵石仏ですが、今度の月曜日(7月15日)に「ゆうはすの唄」という音楽イベントがおこなわれるそうです。夕方くらいの涼しくなってきた時間帯に石仏、蓮の花とともに音楽を楽しむというのもこの季節ならではの楽しみ方かなと思います。

 

 

夏はとにかく暑いですが、体調を崩さずに頑張っていきましょう。

 

 

コメント