株式会社 文化財保存活用研究所 Blog

大分県を中心に文化財の保存修復をメイン事業として活動している「株式会社 文化財保存活用研究所」の企業ブログです。

文化を護る 未来へ繋ぐ 株式会社 文化財保存活用研究所

≪本社≫ 〒870-0164 大分県大分市明野西1丁目26-4 パレストステージ明野弐番館405号室 ≪工房≫ 〒870-1163 大分県大分市廻栖野549-18 TEL:097-556-7337 FAX:097-594-0073                         E-mail:hozon-katsuyou@kdr.biglobe.ne.jp                        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

後世への遺し方

2013-05-25 12:00:00 | 日記

こんにちは

もうすぐ梅雨の時期がやってきますね

アジサイがきれいに咲いて

雨の中の散歩も情緒があっていいですけど

去年のような豪雨は勘弁してほしいものです

アメリカの竜巻災害がニュースでありましたが

自然災害というものには本当に人間の無力さをまざまざと思い知らされます

このような災害で消滅していく文化財も少なからずあって

せめて文明が発達しているこの世の中ですから

こんなものがこの時代に存在していたという記録を少しでも多く残していくことも

必要なのかなと思います

 

大分県別府市には別府大仏なるものがあったそうで

昭和3年から平成元年まであったコンクリート作りの高さ24メートルもある大きな仏様だったそうです

よかったら検索してみてください

 

だったそうです というのも

実物を見たことがないんですね

あれだけ別府に毎週のように遊びに行っていた時代がありながらも

ここには行ったことがなかったんです

山奥にあったわけでもなく(現別府市役所付近富士見通り沿いの一列奥あたり)、

別府の観光名所として、まして24メートルもあるのなら絶対分かりそうなものを

わたしはそこの存在をつい最近昔の絵ハガキで知ったのです

 

この目でその大仏を見たかったし迫力を感じたかった

平成元年といえば「ピー」才だから自分で行こうと思えば行けた歳だったのに

残念な思いが心の中にあふれるのと同時に

その絵葉書が私の知らなかった別府の歴史を伝えてくれた

いわゆる「縁」「巡りあわせ」を感じずにはおりませんでした

ありがとう絵葉書

 

あのタモリさんが古地図が好きなことは有名ですが(?)

今はないけど現在のここにはこんなものがあったんだという記録が

そこにちりばめられている

そこが古地図の魅力になっているのではないでしょうか

 

うちのスタッフのうめくんが以前ブログで書いていましたが

記録の大切さが本当に感じられます

 

現存しているうちに生で体感して

後世に伝えるために保存していくと同時に記録して

私のような驚きと発見をしてくれる人が将来たくさん現れることを

期待しながら仕事をしていきたいと思います

 

ここが私の今現存じているうちに体感しておきたいモノ別府中央公民館

昭和3年に公会堂として竣工 

ハイカラすぎる

今の規格化された建築物とは大違いです

中に入るといつもタイムスリップした気分を味わえます

市民教室とかやっていますから日常なんですけど昔っていう

不思議な気分です

ステンドグラス

大理石の階段

!!!

かなり老朽化が進んでいるので

ある間はしつこく見学に行きたいです

実際使用する機会がもてたらいいなぁと

カルチャー教室の生徒募集チラシを覗いてみたり

 

ここ前にも紹介したかもですが、

まぁそれだけ好きということで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

お散歩の季節

2013-05-22 08:16:33 | 日記

 こんにちは、馬頭です。先週の週末には近くの中学校でも運動会がおこなわれていたようで、バクチクがあがっていました。いつの間にか5月も半ばが過ぎ、最近暖かくなってきたなぁ~とのんびりしたことを言っていたら、あっという間に梅雨に入ってしまいそうな勢いです。

 さてさて、最近天気も良いということもあり、フラフラ~っと散歩をしたくなります。ということで、最近おすすめのお散歩スポットをご紹介したいと思います。

 今回ご紹介するのは、大分県の観光名所ともなっている杵築市の城下町の町並みです。地形的に谷になっている杵築城下町は高台に武家、谷の下には商人が生活していた日本唯一の城下町となっています。現在でもその様子は変わらず、志保屋の坂と酢屋の坂という京都を思わせる風情ある坂を上った先には白塗りの壁の武家屋敷が広がっています。家老屋敷などは有料で敷地内を見学することができ、より一層江戸時代の雰囲気を楽しむことができます。

 

 坂を下って谷の下に降りてくると建物などの雰囲気はのこしつつ、現代の商人たちが営業しています。味噌醸造元や米屋、御茶屋など昔ながらの雰囲気の中お買い物が楽しめます。

 5月の陽気の中で心も体もリフレッシュするのに、ぴったりなお散歩スポットですので、お時間のある方はぜひお越しください。

コメント

記憶の曖昧さと記録の大切さ

2013-05-18 20:06:59 | 日記

こんばんは、ウメです。

5月の中旬になり、暖かい日が続いております。というよりも暑すぎるくらいの日もありまして・・・。でも、深夜や早朝になりますと、気温がだいぶ下がり、肌寒さも感じるくらいです。夜寝る前は暑すぎて布団をかけず、朝寒くて起きるという流れ、まさに風邪をひく定番であります。気をつけましょう・・・。

先日、大分市内にある府内城跡地の公園に行ってきました。こちらは以前私共の会社の事務所があった場所になります。事務所移動後も大分市役所などへ用事がある際に傍を通ってはいたのですが、一つ奥の通りには中々入る機会がありませんでした。そんな感じで久しぶりに一つ奥の通りに入ったのですが、見慣れた風景に少し違和感。新しくコンビニができておりました。

見た瞬間の感想としましては、「え、こんなところに。しかも駐車場が意外とでかい」や「自分たちがいるときだったら、かなり通っていただろうな~」ということを思っていたのですが、ふと考えると以前は何があったのか、さっぱり思い出せないんですね。

前述したように、見慣れた風景と思っており、実際に以前はその道を何度も通っていたのに、まったく思い出せないんです。

似たようなケースとしましてはサザエさんのカツオ君の以前の声も思い出せません。変わった直後には「あれ、声変わり?」とか思ってたはずなのに、今ではまったく思い出せず、それどころか「本当は声優さん変わってないんじゃ。自分の記憶違いでは・・・」と思うようになっております。(ドラえもんに関しては大丈夫ですが。)

というようなことがあり、ふと思いました。

「人間の記憶って意識し続けたもの以外は曖昧なものなんだな」と。

だからこそ、記録って大切なんだと思います。

今回のケースでいえば、以前の写真を見れば、一発でこのモヤモヤとした気持ちは吹っ飛びますし、カツオ君の声にしても、以前のアニメを見れば、一発ではっきりとします。そして、記録のすごいところは、記憶は個人のものですが、記録はみなで確認することができるということです。

 

日常のちょっとした変化から、記録の大切さを改めて実感しました。

 

 

 

コメント

出雲大社の大遷宮

2013-05-11 21:00:00 | 日記

こんにちは

ゴールデンウィーク中も半袖が必要なく

ある意味過ごしやすい季節が続いている大分です

 

5月10日に島根県の出雲大社で大規模改修を終えた本殿にご神体が戻る「本殿遷座祭(せんざさい)」が行われたとのこと

60年に1度の遷宮ということで、縁結びの神様で有名な出雲大社ですが今年はより一層盛り上がっているようです

出雲大社では毎日お神楽や音楽会など様々なイベントがあっていてこれから5月中も奉祝行事が行われるようです

島根県は一見目立たない県ではありますが

酒どころ、美肌の温泉どころであって、見どころとしても世界遺産である石見銀山や松江城といった歴史的に素晴らしい

ところがあったりします

出雲そばもおいしいですしね 

なんといっても出雲大社がやはりメインでしょうが、八重垣神社も縁結びの神様で有名なところがあります

適齢期を迎えていらっしゃるかたは是非一度は行っておきたい島根県

10月を神無月といいますが

島根県では神有月と言って

日本中の神様が出雲大社に集まって会議をするといういわれがあります

神様が泊まるとされる建物も境内にあったはず

なので

ご利益を求めて10月(旧暦の10月だったかも?)に出雲大社へ行くといいですよ

 

私の父が島根県出身なので

小さいころから両親に連れられて島根に行くと出雲大社にお参りに行ったものです

適齢期には仕事仲間の女子グループで良縁祈願にも行きましたし

私にとって縁深いところです

なのでこの平成の大遷宮で島根県や出雲大社をもっと知ってもらえることが

自分の事のようにうれしいです

 

遷宮イベントがあるうちに

ついでに親戚のおじさんおばさんの家に挨拶してきてと父が言うので

行きたいと思っています

 

ちょっと早いけど

子供たちに良縁が結ばれるのを願いに・・・

早すぎますか

 

お仕事でいいご縁がたくさんありますよう

お願いしてこようと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

新緑の季節

2013-05-06 21:14:58 | 日記

 こんにちは、馬頭です。あったかくなってきたなぁ~と思ったら、急に寒さが戻ったりと過ごしにくい日が続いていましたが、ゴールデンウィークは天気もよくレジャー日和になって良かったです。

 さて、天気も良かったゴールデンウィークでしたが、個人的にはどこかに出かけることができずに家でゴロゴロと過ごしていました。しかし、最終日に少し時間がとれたので前々から行ってみたいなと思っていた大分市の名所を巡ってみました。

 まずは、大分市戸次本町です。大きな道路を少し入った通りにある江戸時代の雰囲気をのこす街並みは、近代から突然時代が変わったように感じることができるスポットでした。よく近くを通ることがあったのですが、中々ひとつ通りを入る機会がなく今まででしたが、この機会にフラッと行ってきました。

 江戸時代の白塗りの壁の街並みの中には、帆足本家の酒蔵や建物の雰囲気を活かしたカフェなどホッとひと息つける空間が広がっていました。帆足本家の酒蔵は無料で内部を見学できるので、ぜひお立ち寄りください。

 次にこの時期の大分市の定番スポット西寒田神社です。西寒田神社は藤の花が見れる名所で、ゴールデンウィークのお出かけスポットのひとつです。緑地公園にも指定されている境内には石造りの万年橋や高床式校倉造の入母屋などの文化財があり、新緑のこの季節には歴史探訪と日光浴が同時に楽しめる場所です。

 追伸

 当社の事務所を置かしてもらっている大分市高江にある大分県産業科学センターの前庭が、今こんなことになっています↓↓↓↓↓ 隣に公園もあるので、ぜひお散歩がてらご見学にきませんか!?

 

コメント