株式会社 文化財保存活用研究所 Blog

大分県を中心に文化財の保存修復をメイン事業として活動している「株式会社 文化財保存活用研究所」の企業ブログです。

文化を護る 未来へ繋ぐ 株式会社 文化財保存活用研究所

≪本社≫ 〒870-0164 大分県大分市明野西1丁目26-4 パレストステージ明野弐番館405号室 ≪工房≫ 〒870-1163 大分県大分市廻栖野549-18 TEL:097-556-7337 FAX:097-594-0073                         E-mail:hozon-katsuyou@kdr.biglobe.ne.jp                        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなニュース

2013-04-28 09:00:00 | 日記

こんにちは

世界遺産に登録されている熊野古道の「牛馬童子像」の頭部が外れて落ちている状態で発見されたそうです

産経新聞よりhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/649977/

また心無い人の仕業かと思いきや、

記事にもあるように「急激な冷え込みによる自然現象」とのこと

少しだけホッとした一方

屋外にある文化財の宿命といえばいいのか

周りの自然環境に大きく左右された結果、劣化や破損してしまうケースが多くみられるのも事実

そういった場合に、対象の屋外文化財がどういう環境におかれているのかをきちんと把握して

劣化原因になりうるものの対策を講じることが求められています

常日頃屋外文化財の周辺環境を把握しておくことが必要だなと改めて思いました

 

ここ最近寒暖の差が大きく、あったかい日の次の日は急激に冷え込んだりして

体調を崩してしまいがちです

人間でもそうなように

この牛馬童子像も環境の変化に追い付いていけずに

外れ落ちてしまったのでしょう

 

修復されてよかったです

 

ちなみに

改めて言うのもなんですが

私たちもこういった仕事もやってます

なにかあったらご相談ください

 

 

 

 

コメント

はじめまして・・・

2013-04-23 15:19:23 | 日記

 こんにちは、馬頭です。4月も後半になり、日差しと一緒に気温も暖かくなってくるのかなと思っていたら、風が強い日が多いせいか寒がりの私は、上着がまだまだ手放せません・・・。ゴールデンウィークまでには薄着でフラフラできる暖かさになってほしいものです。

 さて、先週は山口県にいってきました。実は、九州で生まれ育ってもうすぐ28年程になるのですが、山口県におじゃまするのは人生ではじめてでした。西日本では、行ったことがない県の方が少なくなったのですが、意外にもすぐお隣の山口県には行ったことがなかったので、今回は初心者まるだしでおじゃましてきました。

  白塗りの壁の城下町がのこる萩市は当時にタイムスリップしたようで、時間の流れが止まっているようでした。萩城跡の城内は緑も多くので新緑の季節に疲れた体をリフレッシュしたい方におススメです。

 日本三名橋に数えられる岩国市の錦帯橋は、美しいの一言でした。周りの景色と一体化した絶景はまるで名画を見ているようでした。

 山口県には素晴らしい景観がいっぱいあることを知り、今まで行くことがなかったことを悔いました・・・。時間がなく早足でしか巡れなかったので、今度はプライベートでゆっくり巡りたいなと思いました。

コメント

何気にテンション上がってます

2013-04-19 10:00:00 | 日記

どうも、ウメです。

春らしい暖かい日になってきました。最近では、昼に20℃を超える日も多く、あれほど寒かった冬が嘘のようです。こういった気候の中にいると、別に冬もそれほど寒くなかったんじゃないかという変な考えが自分の中に出てきてしまいます。

喉元過ぎれば・・・というやつでしょうか。

 

しかし、最近私が外に出る日はどうも雨が多く、せっかく春なのに遠出をしても、残念な気持ちを感じています。

そんな中、ここ最近、陸路以外の交通機関を使う機会がありまして・・・。

それが題名の内容であります。別に今までの人生で乗ったことがない訳ではないのですが、普段乗る機会が少ないせいか、何気にテンション上がってます。

乗り物全般でテンションが上がるわけではないのですが、空や海には不思議とテンションを上げる魔力があるようで・・・。

 

 

乗り物に乗ってテンションが上がるのはいいですが、やはり大切なのは、無事に帰り着くということが前提にあります。

これからGWになり、遠出をされる方も多いと思いますが、遠足と同じで帰るまでが旅行であります。事故等にあわれないよう、皆様お気をつけて楽しんでください。

船や飛行機では気をつけようもありませんが・・・。

 

コメント

車を降り、歩こう

2013-04-17 23:00:00 | 日記

こんにちは

今年は一足も二足も早く桜が満開したにもかかわらず

最近は春らしい陽気に包まれる日が少なく感じませんか?私だけですか

 

少し前に来た爆弾低気圧が通り過ぎた次の日、大分県竹田市の久住に出かけたところ

なんと

雪が積もっていました(1~2センチくらい)

前の晩から降った雪が残っていて、当日の午前中はあられ雪が降っていました

4月上旬にここ大分県で積雪を見るなんて!

そこから小一時間で到着した豊後大野市ではチューリップフェスタが賑わいを見せていました

 

ところで、ここ数年でウォーキングしている方が増えているのを感じます

大分の文化財を見て回るのもウォーキングがてらがちょうどいいんじゃないかなと思って

「ウォーキング 大分県」で検索するとなにやら興味深いものがちらほらヒットしました

大分県ウォーキング協会なるものがあるんですね、定期的にイベントが催されています

「おおいた遺産ウォーキング」は毎月1回県内の遺産と称したモノをテーマにその周辺をウォーキングするというもの

5月は日田の小鹿田焼き、6月は佐伯のゲンジホタルの予定です 

結構先のスケジュールまで予定しているので気になる方はチェック!→http://www.oct-net.ne.jp/~oita-wa/isan_yotei.htm

 

検索でヒットしましたが「ゆうぐれ婚活ウォーキング」なるものもあるそうです・・・

 

ひとりでもipodなんかで音楽聴きながら歩けば結構遠くまで歩けそうな気がします

日ごろ目に留まることのない地元の風景が新鮮に感じることは確実です

地元を知る、好きになるきっかけになるのかなと思います

 

そういえば、先日「イリヤッド~入矢堂見聞録」というマンガを見て福岡県から大分市内の史跡を巡りに来られていた女性にお目にかかりました

大分市の史跡めぐりの散策コースのルートを確認するために私たちにお声をかけてくれたんですが

「イリヤットファンがよくここに来ませんか?」とも聞かれました

大河ドラマもしかりですが改めてメディアや出版の影響力に感心しました

物語に出てくるスポットが一躍観光地になってしまう現象

地域振興に一役かってくれています

来てくれる人たちに「大分はいいところだった」と言ってもらえるように

迎える私たちも地元のことをもっとよく知っておかなくちゃいけないなと思いました

 

まずはウォーキング用のシューズでも揃えますか

 

大分市上野歴史散歩コース

http://www.city.oita.oita.jp/www/contents/1269494559278/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

新旧!!

2013-04-09 18:31:38 | 日記

 こんにちは、馬頭です。この仕事を始めて新年度の4月はお正月より年が明けたような気分になり、改めて気持ちを切り替える時期になっています。

 さて今回は、少し珍しいものを手に入れたのでご紹介します。こちらです↓

 

 旧百円札です。知り合いから頂いたのですが、現物を見るのは初めてでした。こういったものを手にすると邪な考えですが、価値を知りたくなるのは人間の性というもので、インターネットで検索してしまいました。すると・・・百円の価値しかないそうです・・・。製造番号のアルファベットが1桁の物は少し価値がありますが、それでも五百円程度だそうです。物の価値は、お金の価値だけではないということを改めて学んだところで、これからも「旧い」ものを大切にしていこうと思いました。

コメント