株式会社 文化財保存活用研究所 Blog

大分県を中心に文化財の保存修復をメイン事業として活動している「株式会社 文化財保存活用研究所」の企業ブログです。

文化を護る 未来へ繋ぐ 株式会社 文化財保存活用研究所

≪本社≫ 〒870-0164 大分県大分市明野西1丁目26-4 パレストステージ明野弐番館405号室 ≪工房≫ 〒870-1163 大分県大分市廻栖野549-18 TEL:097-556-7337 FAX:097-594-0073                         E-mail:hozon-katsuyou@kdr.biglobe.ne.jp                        

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大分学研究会

2012-05-29 12:00:00 | 日記

先日の26日土曜日、「大分学研究会」が行われ、

「磨崖仏の保存と活用」と題して発表させていただきました

大分学とは「大分の特質、特に大分の魅力を多面的に明らかにする学問」として会長である辻野功先生が

大分の魅力を多面的にとらえ、大分の魅力を積極的に発信することを目的として昨年7月に

大分学研究会を設立、大分県内外会員176名10団体の規模で隔月ごとに大分に関する興味深い発表を会員が行っており、

毎回バラエティの富んだ発表を受け大分の魅力を新発見・再発見させてもらっている会です

今回ありがたくも発表の機会を与えていただき、

磨崖仏について、磨崖仏をとりまく現状や、磨崖仏の活用について

磨崖仏の数は全国一を誇るのに、県民でさえもあまり知られていない磨崖仏のことを

約1時間にわたりお話させていただきました

こんな機会に慣れていないうえに長い時間聞いてくださっている皆さんを退屈させずに

話せるかと不安でいっぱいでしたが、日頃思っている「磨崖仏を護っていかないといけない」という気持ちを

ありのままに伝えることにただただ徹しました

拙い発表にもかかわらず、質疑応答をたくさんいただいたので、皆さんの関心を磨崖仏へ少しでも向けることができたのかなと

少しほっとしました お聞きいただいた皆さんには感謝感謝です

この発表でもっと皆さんに磨崖仏を知ってい欲しいと言った以上、

私たちは今以上に磨崖仏をはじめとした大分の文化財を皆さんにお伝えしていかないといけません

これからも頑張ります!

ちなみに

そのあとの懇親会で大分学研究会会長の辻野功先生をはじめ会員の皆さんからの温かいねぎらいのお言葉をいただきながら

飲んだビールは発表で渇いたのどをすっかり潤し、それまでの緊張を解きほぐしてくれ、

これまでにない格別のおいしさでした!

 

今回の例会概要はこちらで↓

大分学研究会http://oitagaku.fan-site.net/

 

 

コメント

青春時代・・・

2012-05-18 18:42:22 | 日記

 こんにちは、馬頭です。ゴールデンウィークはみなさんどうお過ごしでしたか?私は、友達の結婚式のため実家がある熊本に帰省していました。久しぶりに会う同級生たちでしたが、集まるとやっぱり子供の頃と変わっておらず、懐かしい雰囲気を感じることができました。

 さて、同級生の話の流れからではありませんが、今回は私の母校の「熊本県立玉名高校」のお話です。母校の玉名高校は熊本県玉名市にありますごく普通の高校で、昨年度より中高一貫教育を取り入れ、付属中学が併設されました。普通科しかない本当にごく普通の高校ではありますが、県内ではとても有名な高校でもあります。その理由は、毎年5月におこなわれる体育祭のメインイベントの「応援合戦」がものスゴイんです!!

 玉名高校の体育祭の応援合戦は、櫓とよばれる段々になった席に約300人程の生徒が座り、白・黒・赤・青・黄色などの色つきのタオルを上げ下げして文字や絵を作る「人文字」がおこなわれます。毎年、多くの観客の方が訪れ、テレビのニュースなどでも取り上げられます。

 ただ、内容をみてもらえればわかりますが、新学期が始まり、約2週間で100通り以上の人文字を完成させなければならないため、リーダーと呼ばれる3年生の十数人が中心になって連日厳しい練習がおこなわれます。特に1年生は高校生になったと思ったら、わけが分からないうちに厳しい練習の日々が続くので、とても大変です。玉名高校では、「体育祭を乗り越えた時にはじめて本当の玉高生と認められる!」という言葉があるほどです。

 ではでは、百聞は一見にしかず!5月13日におこなわれました平成24年度玉名高校体育祭!応援合戦をご覧ください!!

赤団→http://youtu.be/ie2BTW0NYY8

黄団→http://youtu.be/GubXjZkPkMc

 青団→http://youtu.be/oEo99vUdEos

 

 

コメント

雨はほどほどに

2012-05-12 12:30:00 | 日記

こんにちは

ここ大分はカラッとした爽やかな気候が続いていて

どこへ行くにもおっくうにならない気分です

これは豊後大野市原尻の滝で行われていたチューリップ祭りの会場のほんの一部

行けなかった方のためにどうぞ

ここでのんびりお弁当食べたりしながらくつろいでる方が多かったです

道の駅でのお食事もgood

近くに水車が回っていたのでそれと一緒に撮れば良かったと反省

是非来年は現地へ行って実際の景色をご覧になって下さいね!

 

話は戻って、爽やかな季節も、来月にはあのおぞましい(?)梅雨がやってきます

農家の方には恵みの雨ですからそこまで大袈裟に言ってはいけないですね

空梅雨は夏の渇水にも影響しますから

しかしながらあのじめじめ、むしむし、雲がすっきりとれないうっとおしさ、不快です

適度に二日間サーっと降って二日間スカッといい天気の繰り返しみたいな梅雨になりませんかね、ならないですね

気持ちいいお天気なのに先のことをつい考えてすこしブルーになる地蔵です

 

じめじめしたお天気になると磨崖仏の雰囲気も変わってきて、

彩色が残っている仏様は彫られている所に水分がたくさん含まれるとその色合いが鮮やかになるので

いつもと違った感じの仏様が見られます

普段は見えない梵字が湿り気を帯びて浮かび上がってくるパターンなどもあったりして

雨の磨崖仏もなかなかおつなものです

まぁ、でもあんまりゲリラチックな雨はご免こうむりますので適度に、ほどほどにでよろしくお願いいたします

 

そんな梅雨に入る前の爽やかな季節を楽しんでいる写真を紹介

 

地蔵の世代は子供のころ通学路に田んぼが点々とあって下校中にはそこでレンゲを編んでいたものでした

いまではこんなれんげ畑を近くで見ることはとんとありません

ゴールデンウィークが過ぎるとおでかけモードが下がる傾向のようですが

ぜひ、新緑の季節気持ちいい空気の中お散歩に出掛けてみては?

 

ちなみにこのあと彼がれんげの首飾りを編んだかどうかは皆さんのご想像におまかせします

 

 

 

コメント

GWはいかがお過ごしですか?

2012-05-05 08:58:56 | 日記

こんにちは、ウメです。

みなさんGWはいかがお過ごしでしょうか?

私の今年のGWは両親が栃木県から大分に車で来ております。犬も一緒でございます。還暦近い両親と老犬ですが、まだまだ元気そうで何よりです。

そんな両親と一緒に先日臼杵石仏に行ってきました。過去に大分に住んでいたことのある二人ですが、臼杵石仏には行ったことがないということでしたので、案内してきました。ついでに自分がどういった仕事をしているのかも、現地で説明してきました。プライベートで臼杵石仏に行くのは久しぶりで、なんかいつもとは違った感じで見学することができました。

両親とは年々一緒にいる時間が少なくなっておりますが、元気で頑張っているという姿を見せていけたらなと思います。

 

 

コメント