ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




胆振150年記念フォーラム ~『次の50年』のグランドデザイン~(北海道胆振総合振興局 最終更新日:2018年8月22日)
私が仕事しながら馴染みになった番組で 「欅って、書けない?」 を思い出しながら 「胆振って、読めない」 ので調べてヒットした北海道庁の胆振総合振興局サイトでした。
『今年は「北海道命名150年」、また、明治政府により胆振国(いぶりのくに)が設置されてから150年に当たります。これまでの胆振の歴史を振り返りながら、「次の50年」を考えます。』
そうなのだ、明治150年は北海道150年でもあるのだ。
北海道ニュースリンク をチェックしたのですが今次震災の後でも予定した企画は実施されるケースも多いでしょう。被災者の方々への想いを忘れずに次の50年に向けた地道な地域再生・活性化が沸き上がっていく北海道であることを心からお祈りいたします。

札幌市内の道路で陥没があったと報じられた画像、液状化という言葉も聞こえた気がしますが、私の聞き違いか後日確認したいと思います。

最初に報じられたのが札幌市東区の道路で向こう側も歩道との段差が生じています
道路陥没
その後で「北37西4」という場所でしようか、同様な状況が報じられました
道路陥没

北海道庁、「ハザードマップ(防災マップ)について」 を確認して 土砂災害ハザードマップ・ホームページURL一覧 (平成29年8月現在) などがあるのを確認しました。
札幌市公式ホームページ は2018年9月6日の6時現在アクセスしても表示されませんでした。停電の影響か通信回線のトラブルと思えます。
ちなみに 北海道のホームページ/道内179市町村 -総合振興局・振興局別- | 北海道庁 から自治体サイトを確認できます。札幌市は石狩振興局圏内です。私は北海道には仕事先も無く知人もいませんが、念の為にマークしておきます。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げ、被害が拡大しないようにお祈りします。

今朝は4時前に目が覚めてしまい起きることにしたのですが、思いもしなかった地震情報でした。
3.11で千葉県浦安や内陸部での被害を知った時から「液状化」という災害があるのを知りまして気になっていますので、早朝から唐突な記事になりました。

【追記 札幌市ホームページを確認 9月6日】
札幌市・地震防災マップ、市内地域別に「液状化危険度図」(PDFファイル)がアップロードされています。
札幌市の液状化被害をふまえて 山梨県市町村のハザードマップ(リンク集)を再確認して更新しました。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 【自民党総裁... (1809) 札幌市... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。