ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




久しぶりに開いた「澤藤統一郎の憲法日記」の記事、カネのちからによる言論介入を許してはならない。(2017年12月19日)で、 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、2017年1月2日に東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が『ニュース女子』で放送した「沖縄緊急調査 マスコミが報道しない真実」について意見した事を知りました。

澤藤さんの記事は新聞各紙の社説にリンクされていましたので転載しておきますが、私はBPOを確認しました。
◇ 2017年12月14日 放送倫理検証委員会 委員会決定 第27号 東京メトロポリタンテレビジョン 『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見
全文のPDFファイル 88 KB ですが、全26ページ(表紙+目次+本文24ページ)で目次は次の通りです。

2017年12月14日 第27号委員会決定
目 次
    I はじめに
    II 審議の対象とした番組
        1. 『ニュース女子』について
        2. 本件放送の取材VTRの内容
        3. スタジオトークの内容
    III 番組制作の経緯と放送局の考査
        1. 沖縄取材の経緯
        2. TOKYO MXの考査体制
        3. 本件放送の考査内容
    IV 委員会の調査
        1. 委員会が独自に調査した理由
        2. 基地建設反対派は救急車を止めたのか
        3. 基地建設反対派は日当をもらっていたのか
        4. 「いきなりデモ発見」の場面
    V 考査に対する検証
        1. 抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった
        2. 「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを確認しなかった
        3. 「日当」という表現の裏付けを確認しなかった
        4. 「基地の外の」とのスーパーを放置した
        5. 侮蔑的表現のチェックを怠った
        6. 完パケでの考査を行わなかった
    VI 委員会の判断~重大な放送倫理違反があった
    VII おわりに
    沖縄本島のイラスト

私がBPOのページを見た時に着目したのは「IV 委員会の調査」があることでした。次のように書かれていました・・・これを確認して、この記事は終ります。後は年末仕事が一段落して時間がある時に読むことにします。

委員会は、これらのインタビューやリポートの内容、チラシや茶封筒などの“物証”について、TOKYO MXおよび制作会社から報告書と回答書の提出を受け、その内容を慎重に検討した。その結果、委員会としても独自に調査を行う必要があると判断した。調査のための聴き取りを行ったのは、高江地区への救急車の出動を管轄する国頭地区行政事務組合消防本部消防長、抗議活動が行われていた東村高江区の区長、チラシと茶封筒を持参したC氏、チラシを発行した人権団体の事務局関係者、「いきなりデモ発見」の映像の最前列に映っていた抗議活動への参加者3人である。

リニア新幹線事業については、JR東海発表資料により地域施策が検討されているケースが多いような気がしているので、私はこの委員会が独自調査をした点に着目したのです。リニア事業について当然の事がなされずに何かが既定とされていく間違いに対応されているのは、私が知る限り静岡県大井川問題だけです。
リニア新幹線入札不正問題でも、明確な調査がされ、その報告が出るような日本国であって欲しいと私は願っているのです。ネット先進国を目指して来た我が国ですから・・・

TOKYO MX・・・TOKYO MX 放送番組審議会レポート・・・番組「ニュース女子」に関する意見書(PDFファイル 119 KB ですが1ページです)以下の意見・・・
1 視聴者などから指摘を受けた問題点について、指摘を真摯に受け止め、現地での追加取材を行い、可能な限り多角的な視点で十分な再取材をした番組を制作し、遅くとも2017年上半期中に放送するよう努めること。
2 持ち込み番組を含めた社内の考査体制について、更に検討を進めた体制を7月1日までに再構築するとともに、その一環として「持ち込み番組に対する考査ガイドライン」を制定し、周知のうえ、実効性を確保すること。
【山梨では視聴できませんので、YouTube TOKYO MX を探してみます】

澤藤統一郎さんの記事からの転載です、2017年12月20日現在、リンクは活きています・・・

☆朝日社説(12月16日)BPO意見書 放送の倫理が問われた
☆東京新聞社説(12月16日)沖縄基地番組 事実は曲げられない
☆毎日社説(12月17日)MXテレビにBPO意見書 放送業界の大きな汚点だ
☆沖縄タイムス 社説(12月16日)[BPO倫理違反指摘]番組内容自ら再検証を
☆琉球新報 社説(12月17日)BPO意見書 東京MXは直ちに謝罪を
☆神戸新聞社説(12月17日)BPO意見書/放送への危機感がにじむ

「救急車を止めた」とか「日当をもらってデモ参加」とか、沖縄関連のページで自民公明政権側の偽計投稿が多数出ていたのを思い出しました。元ネタはこんなテレビ番組だったのでしょう。
リニア中央新幹線関係でも「リニアの見える化」などと語るオオヤケの人々も多いようですが、リニア・ニュースなどに使われる走行画像は山梨県都留市のリニア実験線の一部分に過ぎないことを明確に伝えている情報が無いので、多くの国民が騙されているのです。
東海道新幹線+富士山の写真は美しいものですが、それは「新幹線から見える化」でもある、しかし「リニアから見える化」は語られたことが無い。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« (C/18)リニア... (1712)リニア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。