ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




既に報じられていますが、茶の放射性物質検査の実施について(依頼) 茶の放射性物質検査の強化について、宮城県他11都県へ連絡(厚生労働省 食品安全部監視安全課)

宛先は、宮城県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県  衛生主管部(局) 御中 「事務連絡 平成23年6月2日」

茶の放射性物質検査の実施について(依頼)
標記については、平成23年5月11日及び5月16日に連絡したところですが、今般、原子力災害対策本部において「荒茶」及び「製茶」についても暫定規制値である500Bq/kgを超えないよう管理をすることが示され、一部の地域に出荷制限の指示があったところです。
ついては、茶の検査について、下記のとおり対応するとともに、必要に応じ、モニタリング検査を強化されるようお願いします。
 記
1 茶の検査については、原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限が市町村単位とすることが可能なことを考慮し、加工所、茶商において、荒茶についても生産地を確認しつつ計画的に検査すること。
2 出荷制限の指示があった区域で産出された茶については、茶商等で荒茶として保管されているものも出荷制限の対象に含まれるので留意されたい。
3 出荷制限の指示があった区域及び暫定規制値を超えた生茶葉が確認された市町村の隣接地域については、優先的に検査を実施すること。

放射性物質は都道府県市町村の境界を認識して降ってくるのではない。
茶葉を目標にして落ちてくるのでもない。

問題は茶葉、荒茶、製茶が等しい暫定規制値で評価されるという点でしょう。500Bq/kg をどの段階に適用すべきかについて科学的に説明されていない点で生産者は気の毒です。
しかも「暫定規制」ですから、いつになれば元に戻るのかも疑問です。
「戻る」というより、「戻す」でしょう。その時点で生産地に少しでも放射能汚染が残っていたら、本来の規制値で全て不合格になるかも知れません。土地を正常化する(除染)作業は大変な経費と時間が必要になるでしょう。

仮に「製茶」だけを対象にした時、それが 490 Bq/kg として、お茶を飲む分と出し殻のそれぞれを測定して欲しいし、出し殻が放射性廃棄物になるかどうかの検証もしないと家庭ごみの収集に影響するかもしれません。
それは誰がどこでやることでしょうか。
私はコーヒー党なのですが、たまにインスタント粉末のお茶を飲みます。お抹茶のように全部が体内に入るからゴミは出ませんが・・・これからは産地を確認しないとちょっと怖い

廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (定義) 第二条  この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。
放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律 この廃棄物処理には文部科学省、文部科学大臣が関係する

地方主権をどのように発揮して地域住民を守るか、自治体の力が問われていると思います。その力がなければお茶以外の全ての農畜産物生産者も風評被害は避けられない。
誰もが納得できる、確固とした、明確なメッセージ発信が、行政に求められていると思います。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 計画的避難区... 交通死亡事故... »
 
コメント
 
 
 
静岡県がHPでの公表制止 製茶の放射性物質検出で (ictkofu)
2011-06-10 15:50:21
静岡県がHPでの公表制止 製茶の放射性物質検出で
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011061001000349.html
東京新聞 2011年6月10日 共同通信配信

静岡県産の製茶の自主検査で基準を超える放射性物質を検出した食品通販会社「らでぃっしゅぼーや」(東京)から、ホームページ(HP)での公表を相談された静岡県が、掲載を控えるよう求めていたことが10日、同社への取材で分かった。
 同社によると、県に6日午前、製茶が基準を超えたと報告。HPに掲載すべきか相談したところ、県の担当者は「風評被害を考慮し、県として再度確認するので、公表を少し待ってほしい」と求めたという。
http://www.radishbo-ya.co.jp/
 同社は購入済みの消費者には、検査結果や返品に応じる意向を記した手紙を郵送し対応した。
 県農業振興課は「業者が顧客へ連絡するなど最低限のことはやると聞いた。HPに出すとかえって不安を広げかねないと判断したようだ」と説明した。
-----------
正確な情報を分かりやすく公開しないと風評被害となる。

http://corporate.radishbo-ya.co.jp/info/info_583.html
今後の放射性物質の検査体制について、というページができている。
そして「お茶」を検索してもページはヒットしない、優秀な会社だと思う。

飲むお茶としては健康に害が無いレベルでも、その製茶の出し殻が低濃度放射性廃棄物となるかどうか、生産地と日本国政府のせめぎあいがあると想定できる。
 
 
 
「らでぃっしゅぼーや」に2011年06月10日(金)付け... (ictkofu)
2011-06-11 00:05:08
「らでぃっしゅぼーや」に2011年06月10日(金)付けのWebページがでていました。
「静岡県産煎茶で放射性物質が検出されましたのでご報告いたします。」
http://corporate.radishbo-ya.co.jp/info/info_598.html
昨日、静岡県による検査において、当社の自主検査と同様に、該当産地において暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出されたとの発表がなされておりますので、当社といたしましても公表させていただくことと致しました。

と書かれています。静岡県のページは、
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-340/cha-housyanoukekka_h23.html
更新日:平成23年6月10日 茶の放射能調査結果
 
 
 
業者から県に申告があったのは6日で、県が再調査し... (ictkofu)
2011-06-13 21:18:40
業者から県に申告があったのは6日で、県が再調査して結果を公表したのは9日。らでぃっしゅぼーやの担当者は、「風評被害につながる恐れもあり、再確認の意味でも、県の検査を待つことにした。一部で報じられているように、県から公表を控えるように求められたわけではない」と話す。同社は10日にホームページ上で利用者に知らせている。
------------
以上は J-CASTニュース 2011/6/10 19:16 からの引用です。
「静岡製茶で初の放射性物質規制値超え 「らでぃっしゅぼーや」自主検査で発覚」
http://www.j-cast.com/2011/06/10098144.html

--------------
静岡県がホームページ掲載を止めさせたというのは、最初に朝日新聞が載せたようです。
2011年6月10日4時15分 【2011.06.13 20:45 確認しました】
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106090710.html
「放射性物質検出、静岡県が公表を制止 食品通販業者に」
同社は自主検査で基準を超えたと6日に県に報告。この際、HPでの公表を県が控えるよう求めたという。
県経済産業部は「消費者への連絡など最低限のことはやっている。HPで出すとかえって不安を広げかねない」と説明している。
------------
この記事には「共同」のクレジットは書かれていません。とすると、共同通信の配信と朝日新聞記事の関係は?
東京新聞は 2011年6月10日 12時39分 で(共同)となっています。
私はこれを47ニュースで探して見つからなかったので、東京新聞を引用しました。

今日13日にあらためて確認すると、共同通信 47ニュース 主要記事一覧には次の記事が残っています。
2011/06/09 19:56 【共同通信】 、
静岡「製茶」で基準値超す 放射性セシウム検査
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060901000849.html
静岡県は9日、県内の11産地13カ所で生産された一番茶のうち販売前の「製茶」について、放射性セシウムの検査を実施した結果、静岡市藁科地区で「本山茶」を製造した工場から、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を上回る679ベクレルを検出したと発表した。
-------------------
すなわち、「らでぃっしゅぼーや」の通告が6日、静岡県の調査結果公表が9日、「らでぃっしゅぼーや」公表が10日の流れに添っているこのような記事が9日夜に出ています。

この記事と前後して、共同通信は「らでぃっしゅぼーや」を取材して10日に配信したのでしょうか、朝日新聞記事との関係はやはり?です。

真実は「薮の中」ですが、
消費者に目を向けている企業でも、仕入先との関係についても考えねば、今後の業務に障る場合もあります。
それを考慮しても、やはり優秀な会社だと私は思います。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。