ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




山梨県の状況をもっと知りたいので参考記録です・・・
リニア長野工区 大鹿で夜間の発破始まる(信濃毎日新聞 2017年9月14日)が出ていて最近見ていなかった大鹿村ページを確認しました。

長野県大鹿村の情報としては リニア新幹線情報 から入って リニア中央新幹線に関する村内の工事・交通状況等についてお知らせします。(平成29年9月6日現在 を2017年9月15日に確認しました)
沿線各地行政サイトでこのようなページを未だ見たことがなく、このページを初めて知った時には地域工事開始を承認したのは大鹿村行政の苦渋の決断だったことを理解しました。このページに以下の記載があります・・・「小渋川非常口仮設備工事・トンネル掘削工事(昼夜工事)」の項目です。

・9月13日(水) 20時頃 夜間発破掘削開始
※13日以外の発破時間は、地質状況や騒音振動測定結果を確認しながら決めるため事前のお知らせは致しませんが、ご理解をお願いいたします。
※当分の間、発破の15分前からヤード周辺にて、発破を開始する旨を放送でアナウンスします。加えて、1分前、10秒前にはサイレンを鳴らします。

住民目線で仕事を続ける公務員がここには確かにおられる。そして大鹿村行政がリニア新幹線事業について、ここまで情報共有に至ったのは長年にわたり村議会で諄々とリニア事業の問題について説き続けてこられた議員さん達がおられたこと、それを理解し対応できる公務員、村行政であったのだと私は思います。

山梨県早川町リニア工事は県議会議員さん達も視察しておられます。それについて報告された議員発信記事などを私は時間が無くて未確認です。
早川町非常口工事で発破がはじまっているかどうか、私は知りません。説明会開催は分かりますが内容は不明です。
早川・芦安連絡道計画に関係すると思える地域の橋の改良工事情報が新聞記事として出ているようですが、私は委細を未だ知りません。・・・この件は県庁広報を掲載した記事が分かりましたので、リニア工事発生土運搬の為に山梨県道南アルプス公園線の6橋で補強工事 として記録しました。
一番身近でも県内リニア新幹線関連事業の具体的な状況を全く知らない私は、その言い訳にこんな記事を書いている、ただそれだけのことですが・・・

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« (9/14)横沢通... (9/16)沖縄、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。