ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




効率的なサービスにも弱者の視点を(毎日新聞掲載・山梨総合研究所 2018年12月7日)
3月16日からJR中央線の特急列車ダイヤ改正については既に記事にしましたが、知識が無いので書かなかった全ての座席が指定席になること。山梨総合研究所専務理事の村田俊也さんが、この件を取り上げておられることに気づきました。【2019.03.01 追記】

春のダイヤ改正で特急あずさの停車駅激減 沿線住民に危機感(2019.02.23 07:00 NEWSポストセブン 著者・フリーライター 小川裕夫氏)【2018.02.25 このページにも追記しておきます】

あずさダイヤ改正見直さず JR東日本社長 「ご理解いただきたい」(2019年2月6日 信濃毎日新聞)
JR東日本深沢祐二社長の2019年2月5日定例記者会見を報じています。『3月のダイヤ改正は「ご理解いただきたい」とし、見直さない考えを示した。』
JR東日本プレスリリース で2月5日社長記者会見があったことが分かります。信濃毎日新聞はプレスリリースとしては公開されていない記者会見発言中の長野県関連を報じたのだと思いますが、山梨県からのダイヤ改正の見直しを求める要望書にもおそらく「要望には応じられない」とする発言もあったのではないかと思います、私は昨年12月以後この件に関する県内情報を確認していませんので、単にそう思うだけですが。
それはともかく、JR東日本のプレスリリースもJR東海と同様なスタイルだと初めて知りました、新聞記事を通じて知る以外に話の内容や記者との質疑応答などはその場にいなければ分からない、公共企業とはそんなものなのでしょうか・・・

このページは 【JR東日本3月のダイヤ改正、特急「富士回遊」運行開始と特急「あずさ」の停車駅変更】のタイトルで 2018-12-19 21:48:57 更新した以下の記事でした。

私は特急「富士回遊」の運行開始に注目していたのですが、ダイヤ改正に「待った」、山梨県が緊急要望(UTYテレビ山梨ニュース 2018.12.19 18:50)が報じられました。
JR東日本八王子支社の広報で 『特急「あずさ」「かいじ」の定期列車をE353 系に統一し、快適性が向上します。また、主要駅間の所要時間を現行より短縮し、首都圏~甲府・信州エリアのアクセスを向上します。 これに伴い、全ての特急列車が四ツ谷駅、三鷹駅を、全ての「あずさ」が塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅を通過します。』 と書かれていた意味が分かりました。私は特急「あずさ」と「かいじ」の違いやダイヤの現状を知りませんので読み飛ばしていたのです。
UTYの記事には 『峡東地域の3つの市も20日、JR東日本に見直しの要望活動を行う予定です。』 と書かれていたので、山梨県庁や甲州市、山梨市、笛吹市から発せられる情報も時間があれば確認しておきたいと思います。

来年3月のダイヤ改正でJR中央線の特急「あずさ」が山梨県の峡東地域にある3駅への停車を取りやめることを受け県は19日、JR東日本にダイヤ改正の見直しを求める要望書を提出しました。 JR東日本は来年3月のダイヤ改正で、新宿と松本を結ぶ中央線の特急「あずさ」は、山梨県の峡東地域にある石和温泉、山梨市、塩山の3つの駅への停車を取りやめると発表しています。 これに対し後藤知事は「観光産業や県民生活へ様々な影響が懸念され誠に遺憾」として19日、JR東日本・八王子支社に利便性向上に役立つよう、ダイヤ改正の見直しを求める県知事名の要望書を提出しました。 またあずさ回数券の廃止は利用者の不満が根強いとして、利用者のニーズに合わせたサービスの提供を検討することも求めています。 ダイヤ改正をめぐっては峡東地域の3つの市も20日、JR東日本に見直しの要望活動を行う予定です。
JR東日本長野支社ホームページ のプレスリリースに 2018年12月14日 「2019年3月ダイヤ改正について」があります。
『信州エリアと首都圏を結ぶ特急「あずさ」は新型車両E353 系に統一、合わせて特急「あずさ」の停車駅も見直します。車両の統一と停車駅の見直しにより、松本~新宿間の平均所要時分の短縮を図ります。 また、上りは松本 10時10分発の「あずさ12号」が最速 2時間23分で松本~新宿間を結び、速達ニーズにお応えします。』

この停車駅の見直しが長野県の沿線でも問題になっているようです。
来春あずさダイヤ改正 観光、経済に影響懸念(長野日報 2018年12月18日 6時00分 )
『現在中央東線で運行する特急「あずさ」がすべて停車している上諏訪駅で上下各1本が通過することになった。下諏訪駅は停車本数が上下計16本から計4本に大幅に減少し、岡谷、富士見の各駅も減る。』

この長野日報の記事は、私のブログ記事 甲府市長も参加されて 「リニア時代を見据えたまちづくりシンポジウム」 が開催されました(2018-11-30)に戴いたコメントから知りました。

【追記】
「あずさ停車せず」で遺憾の意を伝える(YBSワイドニュース 2018.12.20 18:27)
『東京のJR東日本本社を訪れた田辺篤甲州市長や山下政樹笛吹市長らは、遺憾の意を伝えるとともに、現状維持や特急かいじの増便などを求める要望書を提出した。  これに対し、JR東日本は「貴重な意見として受け止め、今後も理解に努める」とした。  峡東3市の関係者は、自民党本部や国土交通省も訪れ、要望の後押しを求めた。』
「あずさ」駅通過で反対の要望書(NHK甲府放送局 12月20日 12時08分)

以下は別ページで書いた記事の移動・転載です

富士回遊JR東日本八王子支社ホームページ のプレスリリースから 2018年12月14日 「2019年3月ダイヤ改正について(甲府版)」が当該情報、記事本文はPDFファイルです。
特急名は「富士回遊」JR東日本、来年3月に新設(2018/12/13 05:26 )
JR東日本が来年3月のダイヤ改正で新設する中央線の新宿(東京)と富士急行の河口湖(山梨県)を結ぶ特急列車の名称が「富士回遊」になることが13日、分かった。世界文化遺産の富士山や、山麓の河口湖を周遊する旅行者向けの列車であることを前面に打ち出す。
 ダイヤ改正日が来年3月16日になることも判明した。富士回遊の新設はJR東が今月14日発表するダイヤ改正の目玉となる。
参照・富士山麓に 3両編成 の直通特急新設へ【掲載 2018-11-04】

JR東日本記事掲載の時刻表を見ている時に 『8時ちょうどの あずさ2号で・・・』 と唄う歌があったのを思い出しました。この歌詞なら、あずさ2号は新宿発のはずだけど? と毎度お世話になる Wikipedia を検索。 『この曲の発表当時・・・上り・下り列車それぞれに1号から付番・・・1978年10月ダイヤ改正で号数の付番は下り列車が奇数、上り列車は偶数に変更・・・』あずさ2号_Wikipedia)・・・納得。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )


« 中央新幹線:... 建国記念の日 ... »
 
コメント
 
 
 
今更手遅れ (広床)
2018-12-20 14:27:40
JR東日本八王子支社のプレスリリースを見ていると上野原市と大月市が呼応しないように手を打っています。
郡内が静観すれば需要を減らすリニア推進した自治体がさわぐだけになります。
酷評すれば需要を減らすことを推進した加害者が被害者面しているだけなので効果は無いと思います。
 
 
 
中央本線の高速化は不可能か (ictkofu)
2018-12-20 20:50:17
JR東日本が速達性を目指すのは地域の人々の要望もあるのでしょう。しかしその為に停車駅を減らして対応するのでは困るのですね。
中央本線の高速化について何か読んだことがありますが、線路の改良に膨大な経費がかかるので無理だとか。
JR東日本に要求する前に山梨県としての(長野県も含めて)何か良い智恵はないものでしょうか。
 
 
 
Unknown (広床)
2018-12-21 02:22:11
https://www.sankei.com/economy/news/170101/ecn1701010012-n1.html
これは北海道についてですがJR東日本の松田昌士顧問の考え方が見えてきます。山梨や長野にも参考になりそうです。ここに書いていることをやるとすれば自治体は速やかにコンパクトシティを推進して駅郊外に済めば不利益を被るようにするしかない。
https://www.sankei.com/affairs/news/140413/afr1404130004-n1.html
福島県山元町でこの政策を推進しましたが住民を蚊帳の外に置いたと言われ町長は問責決議案を喰らいました。この覚悟が現職にあるのか?それぐらいやらなければJR東日本は選挙対策の陳情ポーズと思うだけでしょう。

 
 
 
コンパクトシティーは難しい (ictkofu)
2018-12-22 03:11:07
松田昌士さんの記事2本拝読、
「よみがえれ JR北海道-松田昌士が語る・前編」新しい北海道づくりの中核に
「よみがえれ JR北海道-松田昌士が語る・後編」新幹線速度アップの切り札は「青函連絡船の復活」
・・・ご意見でハッとしたのは、
(3)駅をまちの「コミュニティーセンター」にする、でした。
しかしこれは仕事場への移動に駅を利用する人が多い地域での発想であって、農村地帯では成り立たないと思います。
その意味ではコンパクトシティも同様でしょう。
東北大震災後の構想だったようですが、
「先進復興」割れる町 宮城・山元町「コンパクトシティー構想」対立の構図、町長選に
・・・自分達が住み生活する場所を決められてしまう「コンパクトシティー構想」では受入れられない。
人口が減り高齢化が進む地域で、街づくりとか地域活性化を考える事がいかに難しいか、考えさせられる問題でした。

甲府市の場合は中心市街地活性化施策を続けている中で、リニア駅近傍地域の活性化も目指す方向を打ち出したように私は感じています。
 
 
 
どちらが先に切り捨てたか (広床)
2018-12-22 22:35:04
http://www.town.onagawa.miyagi.jp/hukkou/nigiwai_map.html
こういう計画をした女川は鉄道で復旧しました。
https://toyokeizai.net/articles/-/72984
一方、三陸自動車道を要求した自治体はBRTか3セク移管です。
甲州市のやり方は在来線も必要だが高速鉄道も欲しいですね。これ整備新幹線の並行在来線経営分離みたいに、リニア開通と同時にかいじ廃止で特急が止まらない駅になる懸念がありそうです。そのときになってからでは手遅れですがその対策はしているのでしょうか?

https://www.shimintimes.co.jp/news/2018/12/post-3174.php
確か、リニアのルートにAルートというのがありました。リニアのルート誘致に積極的だった自治体との事前協議など必要ない。東海にでも要求しろということかな・・・。
 
 
 
乗客統計が不明では判断もできない (ictkofu)
2018-12-23 03:16:18
東洋経済記事は大坂直樹記者ですね、リニアについても記事が多い方です。
「町民アンケートで、鉄路が望ましい・・・だが利用しないという声が多かった」と語った町長の言葉も紹介しているのはさすがです。

塩尻駅の停車削減記事には利用者状況のデータがありません、第三者としては判断のしようがない。
それは山梨県内の現状維持要望を伝える記事でも同じように思えます。要望全文は読んでいませんが・・・

JR東日本の今回のダイヤ変更はリニア推進の地域施政とは関係無いと私は思っています。
各駅の所要人員を削減するような経営上の理由かも知れないと。
 
 
 
リニアの並行在来線 (広床)
2018-12-23 12:32:31
https://toyokeizai.net/articles/-/87497
https://toyokeizai.net/articles/-/79364
私は今回のダイヤ改正は整備新幹線建設後の特急廃止の前触れの下準備と同じだと思ってます。
リニア駅が出来て高速鉄道の駅に直接車で行ってそこで東京や名古屋に行くようになるので国中の在来線は地域輸送のみになる。あずさは大月や松本・安曇野に行くことに集中するので国中はかいじのみ停車にしてリニア開通と同時に廃止する。整備新幹線で見た在来線特急廃止と同じです。
リニアと競争する気など全くない・・・富山や高岡や新潟の嘆きは未来の自分たちの姿という危険性を今から対策する自治体の首長がどれくらいいるのだろうか(その頃には自分は引退と考えそうだが)。
 
 
 
東京一極集中打破に役立つか否か (ictkofu)
2018-12-23 23:58:32
◇ 2019年度からの中央本線ダイヤ改正は短期的には東京五輪での交通需給をどのように考慮したか。
◇ JR東海によるリニア新幹線2027年開通が可能としても、その8年前からのダイヤ改正でJR東日本は中央本線の何をテストしたいのか。
◇ 一般論として、新幹線開通による在来線能力削減は、東京一極集中から地方再生を目指す志向とは逆ではないか。
・・・などが鉄道事情には疎い私の感想です。
 
 
 
国立や小金井が激怒 (広床)
2019-01-20 02:33:32
http://www.uty.co.jp/news/20190118/5284/
一応は配慮したようです。ただ、臨時は新高岡駅のかがやき停車や越後線増便実験も実現までは自治体もうるさかったが実現後は無関心に近かった(市民800人が乗るイベントなど意味がない)。こうなれば騒いだところで既得権益に胡座をかくに過ぎない運動に成り下がるのでもう削減を誰にも止めることができません。
リニア開通までに促進策や鉄道中心のまちづくりをしっかりやらなければ利用実績で判断されて削減が待ってるだけでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO39926300R10C19A1L31000/
金も出さず、利用促進もろくにしない。高速化は東京都の自治体の地元負担とJRの自己負担で達成しろ・・・本気でリニアCルートの堪忍料だと思っていそうです。


 
 
 
停車廃止に変化無し (ictkofu)
2019-01-20 06:15:23
広床さん、情報ありがとうございます。
UTYのニュースを読んで、なんか変だと元記事を確認したら、
https://www.jreast.co.jp/hachioji/
春の増発列車のお知らせ
https://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20190118/20190118_info02.pdf
「かいじ号」を増発します!(ダイヤ改正日3/16以降)
ダイヤ改正後のことですから、石和温泉、山梨市、塩山の3駅への停車取りやめはそのままなのでしょう。

長野県の状況は私には分かりませんが、諏訪地域の方々がダイヤ改正見送りなどを求める要望書を提出したとのことで、JR東日本のスピードアップには山梨県内の線路改良も必要だと、何かで読んだことがあります。
3駅停車してスピードアップに山梨県が協力できる具体策の提案は必要かも。
 
 
 
山梨ー松本間の移動を増やせば (広床)
2019-02-11 13:09:58
https://www.joetsu.ne.jp/29534
こちらは北陸新幹線の情報ですが上越妙高ー長野間についての流動に触れています。
これを見て思ったのは峡東三市の自治体は松本や茅野との流動について主張したのか?です。していなければ彼らの主張は峡東3駅で降りた分は松本まで空席になるだけで、その分東京ー茅野・松本間の利用の乗客の座席が減るだけでJRにとっては意味がない。あずさをかいじの速達型と見ている限りご理解いただきたいで終わりそうです。
しかも、自民党本部や国土交通省を訪れて要望の後押しというのを見てJR東日本を理解していないと思いました。この会社は完全民営化前にに常磐新線(現つくばエクスプレス)建設問題で民間企業の経営に政治の介入は許さないという考えの元で採算性を理由に運輸省や代議士の強い要請をはねのけて運営から手を引いたということがありました。完全民営化前からこの調子なのに、完全民営化後で政治圧力で要望とは自治体の頭の中ではJRは未だに国鉄どころか省線なのではと思えてきてきます。

>3駅停車してスピードアップに山梨県が協力できる具体策の提案は必要かも。

工事費全額地元負担での線路改良並びに単線部分の複線化工事以外は採算性を理由に断られるのがオチなので具体案はほぼ無理だと思います。

 
 
 
乗降客数未確認なので (ictkofu)
2019-02-11 17:41:16
ご教示いただいたサイトで、
「上越市は今年6月、7月、9月、11月の4回にわたり、それぞれ平日の月曜から金曜まで5日間、乗降客数を調べた。それによると4期間の平均は3,900人だった。同様の調査を昨年度は5回行っていて、平均は約4,000人だった。」

私は山梨県の当該3市でこのような調査結果があるかどうかは未確認なのです。

私が申した「山梨県が協力できる具体策」はご指摘のように全額山梨県負担のスピードアップ策の事ですが、その前提には現状調査とそれに基づき期待される将来の成果判断があるはずです。
データが不明な場合、このJR東日本の経営策に対応する件をこれ以上論じても意味がないと思っております。
仮に国が山梨からの要望に対応するとしても現状データと想定される期待値の提供は要求されるのではないかと思います。
 
 
 
Unknown (広床)
2019-02-13 20:58:53
http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/kotsu/shinkansenjoetsumyokotyousa.html
上越市のサイトに乗降客数などの数字が書いていました。これを見て感じたのは、開業前は政治圧力と陳情でかがやき全列車停車を目指して挫折した自治体が現状調査であさま・つるぎの延伸になりつつある姿です。

山梨該当3市のデータは出てきませんでした。これから調べて陳情の裏付けデータを調べるのか?は解りません。
もっとも、データをとると方針転換になるのは上越市や南三陸町を見ていると解るので初志貫徹を目指すのならデータは邪魔かもしれません。
 
 
 
情報感謝します (ictkofu)
2019-02-13 22:14:25
広床さん、ありがとうござます。
他県他都市の状況を確認しながら我が地元の施政を考察するというのは、大変ですが大切なことだと私は思っております。
残念ながら今はその時間も無いので、すみませんが、この件は年度末仕事が終るまで保留にさせていただきます。

同じようなデータ確認を私はリニア中央新幹線事業の沿線全地域について確認しようと思っているのです。

さらに、現在リニア沿線各地で発生している諸問題は、既に山梨リニア実験線で生じていたことの延長上にあり、
各地の問題対応策は実験線成功の歴史の中にあるとも考えております。

その歴史的成果を山梨県政、議員各位、県民諸氏から的確に発信することで沿線各地にも役に立つはずです、
山梨県の皆さんは何故貴重な歴史情報の発信をなさらないのか、そんなことも考えております。
とにかく、年度明けてから時間が出来たらやりたいことが色々です。駄文ご容赦。
 
 
 
Unknown (広床)
2019-02-24 10:45:11
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26185890W8A120C1EA4000/

東京の意向はこのようです。基金を積み上げて事業者に建設負担の意思を本気と解らせる形で示すようです。これを中央本線で見れば中央東線高速化促進広域期成同盟会には東京都が加盟していないですし、都民ファーストの都知事からすれば山梨・長野両県の問題だと見ていると想像できます。
 
 
 
羽田空港アクセス線 (ictkofu)
2019-02-25 00:47:02
仕事の休憩代りにリニア関連を調べていて気づいた記事があります
マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20190218-773487/
219/02/18 21:28:31
JR東日本、羽田空港アクセス線(仮称)の環境影響評価手続きを実施へ

https://www.jreast.co.jp/press/
2019年2月15日 羽田空港アクセス線(仮称)の環境影響評価手続きの実施について
[PDF/219KB]
ニュース記事で知って確認しましたが、JR東日本が進める田町と品川の中間新駅(高輪)計画とも関連していると思います。
都庁の予算計画もこれを踏まえているようですね。
羽田空港アクセス線で検索すると記事多数ですが、今は時間が無いので後日に。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。