ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2019年7月18日の山梨日日新聞に広告として掲載された山梨県広報です。「中部横断自動車道八ヶ岳南麓新ルート沿線住民の会ニュースNo43」(PDFファイル) で画像として掲載されていましたので引用させていただきました。私は新聞購読していませんので県立図書館で確認しようと思っていましたが時間が無く未処理でしたので助かりました。

山梨日日新聞広告 2019.07.18

広告画像は拡大しても読み取り難いのですが、私が既に確認していた県庁情報と一致する部分が見えましたので、その2点を掲載しておきます。
◇ 左は ふれあい特集号vol.61(令和元年8月1日発行) に掲載されたページです。
◇ 右は 中部横断自動車道に係る県負担額の削減について(2019年7月1日 山梨県総務部財政課)に添付された「記者発表資料(PDF:163KB)」です。【クリックすると別ページに拡大表示します】

ふれあい特集号vol.61_2019年8月1日発行
山梨県負担額

県負担減164億→1億円 知事見通し、交付税新算定方式で(2019.07.02 読売新聞山梨版)
知事コメント(中部横断自動車道に係る県負担額の削減について)(令和元年7月1日)(PDFファイル) これは上掲の 2019年7月1日 山梨県総務部財政課 記事からリンクされています。
ふれあい特集号vol.60(平成31_2019年4月1日発行) には 「中部横断自動車道開通(PDF:11,620KB)」が掲載されていますのでご覧ください。

ちなみに、山梨県広報誌「ふれあい」特集号 には、『ふれあい特集号vol.55(平成30年1月1日発行)』に掲載された『山梨の未来を開くリニア開業まで10年切る(PDF:4,827KB)』を初回として、ふれあい特集号vol.56 で第2回、その後 vol.57, 58, 59 まで5回の連載として 『リニアで変わるやまなしの姿』 全19ページのうち17ページまで掲載されました。
vol.59 では『つづきは、「ふれあい vol.60」(平成31年4月1日発行)に掲載します。』と書かれていますが以後の「ふれあい特集号」で18~19ページの掲載はありません。
私はこれを確認していて、上記の「中部横断自動車道」記事2本を知ったのです。
『リニアで変わるやまなしの姿』冊子は公民館で配付されていたので手元にありますが、ネット情報から読むようにと県外の知人に知らせていたので困りました。山梨県史に燦然と輝くであろう資料のネット公開を中断するはずもないので、引き続き「ふれあい特集号」を確認していく予定です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ◆ 映画 『新聞... ◆ 中部横断自... »