ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




9月22日の山梨日日新聞記事からはなんとなく先日書いたことが実現しそうな気がしてきました(^o^)
道州制への移行も視野に入れて県庁+甲府市新庁舎というのもアリか? 取り壊した跡地は中心街再構築の一環として舞鶴城公園と連絡した公園のような回遊路とか甲州夢小路の南口版とか、いろいろ面白そうです。

耐震基準を満たしていない県庁舎5棟の耐震化を協議する県の検討委員会は21日、甲府・県民情報プラザで第2回会議を開いた。県が改修や建て替えによる耐震化の4パターンを提示。全棟を建て替えた場合、初期投資に約143億円必要なのに対し、全棟の耐震改修では76億円以上がかかるが、十分な耐震性を確保できないことを明らかにした。
 県によると、耐震化が必要とされる県庁舎は、別館(旧館)、県民会館、県民情報プラザ、第二南別館、東別館の5棟。
 県は5棟の耐震化の方法として、
(1)全棟を耐震改修
(2)県民会館と東別館を取り壊し、県民会館跡地に新館を建設。その他3棟は改修
(3)別館を改修して、その他4棟は取り壊し、県民情報プラザ跡地に新館建設
(4)全棟建て替え
-を提示。費用やメリットなども示した。

私は県民会館と県民情報プラザしか知りませんのでその他の建物の構内配置などは図面でしか分かりません。(5)として全棟取り壊し、必要な機能・部局を甲府市新庁舎にフロアーを設置して統合する。財源の点でも良策と思います。

舞鶴城公園だって緑が多いとは言えません。甲府市中心にはもっともっと緑地が必要なので県庁の建物がそのまんま建て替えられるのはモッタイナイ。みんな集まって顔を付き合わせていなければ仕事が出来ないなんて言うなら山梨県情報ハイウェイがモッタイナイ(^o^)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 手数料値上げ... 民営首都高、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。