ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




湯村の杜 竹中英太郎記念館の館長日記で、『竹中英太郎没後30年「竹中英太郎と竹中労」父子を偲ぶトークのつどいを開催の為、平成30年4月8日(日)は臨時休館、4月7日(土)は、搬入のため午後2時半で閉館とさせていただきます。』とのお知らせがありました。
竹中英太郎記念館訪問や文学館のイベント参加のみならず、信玄公祭りに7日から8日にかけて県外から来甲される方々も多いかと思い、バスの便について確認したのが前記事です。

父子を偲ぶトークのつどい 竹中英太郎没後30年を機に「竹中英太郎と竹中労 父子を偲ぶトークのつどい」を下記の通り開催いたします。
日 時:平成30年(2018年)4月8日(日)
会 場:山梨県立文学館 山梨県貢川 1-5-35
開 場:13:00、開演:13:30
入場料:3,500円(予約受付中)
第1部:「大工哲弘 島唄を唄う&トーク」
  13:30~14:30
第2部:「竹中英太郎と労 父子を偲ぶトークのつどい」
 15:00~18:00
 ゲスト
  樹木希林(女優)
  水道橋博士(芸人・文筆家・オフィス北野所属)
  大工哲弘(沖縄八重山民謡唄者・全沖縄民謡協会会長)
  喜国雅彦(漫画家・随筆家)
  末永昭二(大衆小説研究家・新青年研究会所属)
  竹中 紫(湯村の杜 竹中英太郎記念館館長)
 司会 金子 望(湯村の杜 竹中英太郎記念館主宰)

3月23日には山梨日日新聞がイベント紹介記事を掲載されました。執筆された植田裕作記者は昨年9月に山梨日日新聞創刊145周年記念の「今を創った山梨の先人」企画で竹中労さんを取り上げた記事を書かれていました。(2017年9月13日・館長日記

山梨日日新聞 3月23日掲載

この稿は続きます・・・

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« (4/03)4月7日... 4月8日開催の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。