ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




リニアルート変更を 静岡県知事「無礼千万」とJR東海を突き放す(2019/6/12 07:24 静岡新聞)【記事タイトルは修正して引用です】

静岡県知事定例記者会見_2019年6月11日 公式サイト/注目 26分~, 40分~
【静岡新聞から引用】
 リニア中央新幹線静岡工区の着工遅れを巡り、川勝平太知事は(2019年6月)11日の定例記者会見で、リニア沿線の他都府県で作る建設促進期成同盟会に静岡県の加盟が認められない場合について「道(ルート)を外してほしい。急がば回れという言葉がある」と述べ、県内の南アルプスを横切るルートの変更をJR東海に求める考えを示した。
 同社の金子慎社長が静岡工区の未着工を理由に2027年のリニア開業時期が遅れる可能性を示唆したことには「(リニア)事業計画の年次を金科玉条のごとく相手に押しつけるのは無礼千万だ」と強く反発。「私は県民の安全、南アルプスの生態系保護という観点でのタイムスパン(期間)で考えている。事業計画に何ら影響されるところはない」と突き放した。リニア開業の移動時間短縮効果と南アルプスの自然環境を比較し「県民は明らかに南アルプスを選ぶ」と強調した。  同盟会は6日の総会で入会を保留。川勝知事は会見で加盟申請の理由を、沿線自治体に本県の立場を理解してもらうためだと説明し「議論が平行線になってはいけない。事実を知ってもらう必要がある」とした。政府には「どうなるのが最善の解決策か公平無私の観点で考えられる立場」と調整役を期待した。
 また、南アルプストンネル準備工事の現場を13日に視察する際、水資源や生態系への影響と、建設される施設が将来的に観光に役立つかを重視して追加の準備工事を認めるか判断する姿勢を示した。

静岡県知事記者会見ホームページ にもテキストで掲載されるはずです。
 私は常時確認していますが、静岡新聞記事を知り、今回初めて「ライブ配信」から YouTube 動画を開きました。記事を読んで、これは知事発表内容ではなく、記者質問に答えた知事の発言だろうと思い、それを確認するためでした。
 川勝平太知事のご発言が今後どのように展開していくかは全くわかりませんが、リニア中央新幹線事業における静岡県の状況をきちんと理解しておくことの重要さを、沿線各地の方々に理解していただきたいと私は思っています。この情報はリニア情報ブログ、サイトでも記録しておく予定です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )