ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2018年10月3日夜のテレビニュースで報じていまして、サイトを確認しました。
一般財団法人森記念財団 の都市戦略研究所で「日本の都市特性評価2018」の概要版ファイルがアップロードされていました。PDFファイルで 18 MB 程です。
テレビニュースでは調査対象72都市中で甲府市はベスト30に入っていませんでしたが、項目別では2項目で19位でした。

甲府市 生活・居住 19位、環境 19位、その他のカテゴリーはベスト30からは外れています。
クラスター分析では、クラスター11「バランスのとれた総合力を有する地方の主要都市群」の中に入っています。
 15都市の一つです・・・水戸市・甲府市・宇都宮市・前橋市・高崎市・岐阜市・津市・姫路市・岡山市・高松市・松山市・長野市・松本市・静岡市・浜松市
生活・居住について評価項目は7グループ、指標は計24
 安全・安心
   刑法犯認知件数の少なさ、交通事故死亡者数の少なさ、火災発生件数の少なさ、空家率の低さ
 健康・医療
   医師の多さ、病院・診療所の多さ、平均寿命・健康寿命
 育児・教育
   合計特殊出生率、保育所の多さ、子どもの医療費支援、高偏差値高校数
 市民生活・福祉
   社会教育費、要支援・要介護高齢者の少なさ、地域包括支援センターの多さ
 居住環境
   居住環境の満足度、新規住宅供給の多さ、住宅の広さ、住宅のバリアフリー化率
 生活便利施設
   小売事業所密度、飲食店舗密度、コンビニ密度
 生活の余裕度
   可処分所得、物価水準の低さ、住宅コストの低さ

環境の評価項目は3グループ、指標は計10
 環境パフォーンス
   リサイクル率、CO2排出量の少なさ、再生可能エネルギー自給率、EV充電スタンドの多さ
 自然環境
   自然環境の満足度、都市地域緑地率、水辺の充実度
 快適性
   年間日照時間、気温・温度が快適な日数、空気のきれいさ

「日本の都市特性評価」では都市を構成する要素として「分野」が6つ設定されています。(経済・ビジネス、研究・開発、文化・交流、生活・居住、環境、交通・アクセス)
それぞれの分野において主要な要素を表す「指標グループ」を26設定、グループ構成する「指標」を83設定して評価が行なわれたようです。

 経済・ビジネス 6グループ、指標(20)
 研究・開発   2グループ、指標(4) 
 文化・交流   5グループ、指標(16)
 生活・居住   7グループ、指標(24)
 環境      3グループ、指標(10)
 交通・アクセス 3グループ、指標(9)

森記念財団サイトへのアクセスが混んでいるようで、PDFファイルをダウンロードしただけになってしまいました。
地域活性化、街づくりに関心ある私としては貴重な情報なので検討は後日時間がある時にしたいと思います。
2018年11月発行、書籍版:32,400円(税込)とのことですから県立図書館に蔵書されるとありがたい。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )