ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




ゆずり葉 映画「ゆずり葉」は全日本ろうあ連盟 創立60周年記念映画として制作され、2009年6月6日(土)、第57回全国ろうあ者大会in茨城での上映から全国公開が始まりました。
私はこの映画の事を甲府市SNSの参加者日記から知り、コメントを交換しながら情報を頂き、ICT甲府ホームページの文化情報欄に記載してきました。
このブログでは、2009.06.26 映画 「ゆずり葉」、山梨県内の上映 【決定】が初出で、2009.08.07 映画 「ゆずり葉」、山梨県内の上映日程でフォローしました。

山梨県内では既に各地で上映会がありましたが、11月6日、山梨県立文学館での上映会に出かけることができました。

受付で当日チケットを購入する段階から既に私は身振り手振りだけの言葉の無いヒトになっていて1,500円をデスクに置き、リーフレット等を受取ると会場の文学館講堂に入りました。

スクリーンでは地デジ移行のPR映画が上映されていましたが、そこに音声は無く手話と字幕のみ。座席からも話し声などは聞えて来ない雰囲気に、私はここでも自分が違う世界に迷いこんだエイリアンになっているような気がしました。

18時45分、定時に上映が始まったのですが全く音声が無く、その場の音は字幕で表現しています。なるほどこのような表現形式で進むのかと思っていたら、谷中銀座を見下ろす光景が見えてビックリ、嬉しくなりました。ここはあそこかなぁとか思いながら画面を楽しんでいた・・・

ところが突然上映が中断してサウンド系統が不調で音が出ないのでやり直すとアナウンスがあり、もう一度最初から・・・それでも何も変わりなく、再度の中断があり、装置の回復ができたのでもう一度初めから・・・
映画の最初の数分間をつごう三回見たことになりますが、私にはちっとも苦になりませんでした。谷中の雰囲気を三度も味わえたし、なによりも、音の無い世界はこういう状況なのだという実感を得たのです。

私はこの映画についてはサイトから情報は取らずに見る事にしていたので、大和田伸也と山口果林しか識別できませんでしたし、ストーリーについてはこれからご覧になる方の為にも書かない事にします。
痛切に感じたことは、人が五感で得られる情報の一つでもかけた時に生じることは、五感を普通に使える者には予測できないものがあるという事です。
これを例によってネットオタク的に敷延・拡大していくと、私のように情報を扱うものにとって、まずその扱われ方に注意するというスタンスは間違っていないと確信しました。

相談FAX 前の記事で「地デジ用簡易なチューナー」について書きましたが、これまでしばしば確認していた「デジサポ 総務省テレビ受信者支援センター」から、今日初めて、聴覚障害者対応ページ | デジサポ 総務省テレビ受信者支援センターを開きました。このページには専用FAX番号が記載されています。0570-001770 この番号を一般ページにも記載しておくべきでしょう、バナーを一つ貼る手間を惜しむ必要もない。「バリアフリー」というのは特別扱いして別ページを設置することではないでしょう。デジサポのページには視覚障害者対応ページもあります。視力が弱かったり色覚障害がある人に対応するページ作りにしてあるのだと思います。この両方を含めてユニバーサルデザインについてもっと学習しなければならないことも教えられました。

情報の「扱い方」で情報の「質」をも判断されてしまう、Web制作にたずさわる者として肝に銘じています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




地デジチューナー支援実施センターと担当企業NTT-MEの広報記事によれば、10月31日現在における申込み数は約31万件になったとのことです。

私はこれまでに関連記事を3本書いています・・・
2009.07.17 地上デジタル放送受信機器無償支援が決まった、この記事でNTT‐MEが選定されたことを書きました。
2009.09.08 地デジ用無償給付「簡易なチューナー」、2社決定、この記事ではバッファローとアイ・オー・データの2社になったことを書きました。公募段階の資料(2009-07-23 NTT-ME  PDFファイル)では『納入数量 :全国で最大 約600,000台(H22年3月末までの見込み予定数量)』と確認しています。
2009.09.19 地デジチューナー支援実施センターでは「地上デジタル放送受信のための支援」、すなわち簡易なチューナーの無償給付等の支援事業のホームページと事業内容について書きました。

60万台という予定数はおそらくNHKの受信料免除データを基にした数値だと思います。現在の経済情勢の下で60万を超えてしまうのか、それ以下で収まるか、地域別にはどのような状況か・・・などは気になるところですが、インターネットに関して地デジ移行以上の大問題が進行しているので、そちらの方が私は気になります。どういう展開になるのか、ユーザーの立場では何を考えねばならないのか・・・気にはなっても基本的な知識が欠けているのではっきりと書けないのですが・・・

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )