Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

違和感の理由

2018年07月29日 03時36分01秒 | スポーツ

 6月に行われたISU総会で、フィギュアスケートに関してもさまざまなルール改正が承認された。ジャンプの基礎点改定や4回転ジャンプの制限、GOE(出来栄え点)が+5~-5の11段階に、男子フリーが30秒短くなる等は、すでに広く知られている。選手たちは対応できるように新プログラムを作って、もうアイスショーでお披露目してたりする。
 2022年北京五輪の話だから、随分先のことだけどオリンピック出場資格獲得方法についても変更が決まった。これまで2人/組・3人/組の枠を獲得するには、直前の世界選手権で出場した上位2人/組の順位合計が13以内で3枠、28以内で2枠だったが、これが自動的に確保できないことになった(P89議題211)。
 順位合計で3枠または2枠のポイントを得た国・地域の選手たちが、フリーに3人/組または2人/組進んでいればそのまま3枠&2枠を与える。フリーに進んだ選手がそれより少なかったら、最終予選に1人/組を出場させることができる。
 ということは、例えば男子で3人出場して4位・8位・25位だった場合、3枠を得る権利はあるが、確定できるのは2枠まで。1人(フリーに進出した選手以外)は最終予選に出て上位に入って初めて3枠になる。
 確定できない分は他の国・地域に回されるから、最終予選を待たずに出場枠が確定できる国が多くなるわけだ。平昌五輪前年の世界選手権・男子を例にとると、3枠を得たアメリカは2人しか出場していなかったので当然フリー進出も2人、確定できるのは2枠。同様に、2枠を得た中国・スペイン・イスラエルは1人しかフリーを滑っていないので確定は1枠。合計4枠が下位の国に分配されるから、21位~24位だったベルギー・マレーシア・スウェーデン・フィリピンに1枠が与えられていたことになる。
 前に五輪出場資格の与え方について議論したつれあいにこの話をしたら、「正しい方向に向かっている」とかなんとか それでも順位合計で13以内とか28以内の部分が呑み込めないようで、「なんで足し算するの?一定の順位以内に入ってたら、国ごとの制限はあっても、全員OKでいいじゃない」という。例えば世界選手権で各国最大3人/組まで20位以内全員に与える、というような形と言いたいらしい。
 理屈としては理解できるが、20位以内ならかなり下のほうでもいいということになってしまう。3人が15位・17位・19位でも3枠 え~???
 この違和感の理由は何?と考えた。
 順位合計で枠を与える方法では、3枠を持つ国には“相当に”強い選手がいることが前提になる。1人出場2位以内で3枠は、強い1人に引っ張られてその国全体がレベルアップすることを期待しての規定だろう。2人出場合計13位以内は、そろって上位に入らなければならないハードルをクリアする期待。そこそこの選手ばかり何人も出てもしょうがない、という感覚がある気がする。
 ただのファンの私もすっかりその感覚になっていて 複数枠=上位選手のイメージなんだけど、他の競技からすると変なんだろうか。どんな試合が見たいか、その競技の理想にも関わってくることかも。
 新しい規定では、世界選手権に1人出場がやっとの国・地域でも、最終予選を待たずに五輪出場枠を獲得できる可能性が高くなる。これからフィギュアを強化しようと頑張っている国には朗報だと思う。

 ・・・4年後、どんな国からどんな選手が出てきているかな


コメント   この記事についてブログを書く
« 高橋大輔がNHK杯に出る可能性 | トップ | アジアンオープントロフィー2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事