niwatori

更新はなかなか出来ませんが昔の記録はここだけにあります

ジャ~ン

2015年11月22日 | つるし雛
でんでん太鼓も竹の籠も省いて魔除けの鈴を背中に乗せて完成としました
ゴールドのでっかい鈴はなかなか見つからなくてネットで取り寄せました
⭐️ジャ~ん

⭐️⭐️ジャジャ~ん

⭐️⭐️⭐️
ジャジャジャ~ン

材料を使い切って終了しました
この戌はテキスト通りにつくると足が開いて立ちませんので、家にあった盆栽用のワイヤーが脚部に入っています
コメント (2)

頑張ってみました

2015年11月15日 | つるし雛


こたつに入って、ちりめん細工の本をみていると作ってみたい作品のページに
目がロックオンされます
これはたいそう面倒だ・・・となんども思うのですが
かわいい姿の犬に
これなら頑張れるかもしれないと思って取り掛かること三日
はあ~くたびれました
背中の鞍みたいなのとよだれ掛けが一番大変でした
あとは鈴を買ってきて完成にします
再来年までできました
🔶おまけ🔶うんちく
戌の張り子を検索していると、大抵はでんでん太鼓か竹の籠を背負っていますが、これはなぜでしょうか?答えは最後です


でんでん太鼓は裏表のない人間に育つようにだそうです
竹の籠は犬の上に竹がくると笑という字になるからです
コメント (2)

ニワトリ

2015年11月13日 | つるし雛
ちょっと早すぎる気がしましたがニワトリを作ってみました
niwatoriはけっこう好きですから
羽はちょっと苦労しましたが、なんとか完成しました
ボディーはお猿さんの型紙がちょうどよかったですね

プロバイダーに預けているファイルを久しぶりに見ていたらクリスマスにぴったりの写真がでてきました


コメント

11月の布遊び教室は

2015年11月11日 | つるし雛
来年の干支(申)を教わりました
申のラッキーな言葉合わせは、苦難がサル。嫌なことがサル。です
でも楽しいことはサラないで欲しいと思います
先生は私の技量も考慮してくださり、色々な試作品を作ってみながら作品を提供してくださいました
私は縫い目の一目が大きくなってしまうため
細かい運針ができないので一目進むのに時間がかかってしまうのですが
なんとか時間内にできあがりました
かわいい顔に仕上がって。どことなくパンジに似てきました


コメント (2)

2015年11月06日 | 日記

数年まえからパンジの左目下瞼に小さなイボができていました
手術しようかとも考えましたが、全身麻酔の与える内臓への影響を思うとイボが大きくなってからと
様子見をしていました
そのせいか?涙が多く流れていたのですが
一週間まえくらいから目をシバシバして半開き状態なので
病院で診てもらったところ角膜炎との診断をもらいました
先生からのアドバイスどうり、白眼むいた状態で一滴と
一人でなんとか四苦八苦しながら目薬をさしていたら
久しぶりにぱっちりな眼でスマホのモデルになってくれました
🔶秋の定番🔶
透明度の高い空気の中、太陽光線いっぱいの
飼い主が巨人になった写真です
眩しい顔のパンジです
コメント (2)