niwatori

更新はなかなか出来ませんが昔の記録はここだけにあります

超バカの壁

2006年11月04日 | 本と雑誌

昨日から夫が、帰省しましたし。息子はイギリスですから

娘と私の二人だけです!(^^)!

食事も、簡単だし。洗濯機も掃除機も使わないでいたら

もう、自由時間がいっぱいです(やったね)

のんびり、本でも読み始めたらすっかりハマって一気に読み終わりました

養老孟司さんの”超バカの壁”

世の中で問題となっているニート・少子化・戦争責任・靖国・憲法9条・・・

マスコミに出てくる評論家とは違った視点にたっての見方は

私の空っぽの脳みそにたっぷり染みこんでいきました

これ頂き~♪と思った点は

「憲法第9条と後ろめたさ」でした

”人間がよく陥るのは、自分が正しくないといられない過ちです

要するに自分が負い目を感じていたくない。自分が潔白でありたいというのが、結構日本人に根強い感覚・・・しかし

初めから人間は罪を背負っているものである

その後ろめたさとずっと暮らしていく。つき合っていくというのが大人なのです

憲法9条改正に反対するのもそれ、改正しなくても軍隊は出て行くわけですから

軍隊を動かすときは後ろめたい気持ちで動かすくらいで丁度よい

国家が人を殺す、戦争を起こすことが日本以外の国では認められていることは

まずいことだということをわかっていないと困るからです

今夜もう一度読みなおして

覚えておきたい文章は、5年日記に書き写しておこうと思ってしまいました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 届かない郵便 | トップ | 犬の靴4 »

コメントを投稿