人生の日の出Ⅱ「Hero's りんくう校」編

「すべては、こどもたちのために!」我々の行動理念です。
無料体験いつでも!学習塾・英会話・幼児英語・実施中!

パソコンが~~~~。

2019-01-10 22:20:27 | 日記・エッセイ・コラム
 いよいよか?

開校の年から使い続けてきた我がパソコンちゃん、今日は支払日だというのに昨晩のWindowsの更新から立ち上がりが遅く、新たな更新プログラムで動かず、ようやく動いたと思えば今度は指紋認証がおかしく何やら更新のパスワードがどうとか・・・。これには参った~~。

何かが狂ってるんです。

指紋ではなく、パスワード入力で立ち上がって何とか支払日を乗り越えた。

いよいよオダブツなのか?

念の為にバックアップはとってるけど、そのバックアップも使えるかどうか分からん。

もしも、ブログの更新やFBの”イイね”とか、ツイッターなどの更新も無いようなら、オダブツしたと想いねぇ~~~。

ところで、昨日の合格グッツの中に、合格祈願の根付(ストラップ)があり、先に小さい鈴のようなものが付いてて、どうも見せかけらしい鳴らんし~。

「なんや~見せかけか~おまけはおまけやな~・・」とブツブツ言いながら、受験生に配ったのだが・・・・・。

「中にちゃんと玉入ってるし、鳴ってるでぇ~~~」

「へっ???き、聞こえん!聞こえな~い????」

どうやらこどもたちには、甲高い鈴の音が聞こえるそうで・・・・・。

「キンキンいうような音やで~~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チ~ン!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聞こえない。

どうやら老人性何とか?ってやつです。

まぁ加齢で起こることなので、致し方ないが・・・・。

なんか、ショックぅ~~~。

私にはどうやら、未知な音が広がりつつあるんですなぁ~。

耳はまだ良い方だと思ってたので、かなり厳しい。

そういえば昔、「犬笛」っていう小説やドラマがあった。

小さいな女子が誰かに誘拐された。普通の人間では聞こえない高周波の音を出す「犬笛」をもっていて、その子の耳は犬笛の音を聞き分けられる能力を持ち、愛犬と一緒に犬笛の音を頼りに父親が探すハードボイルド。

その当時は、犬笛にはまってていつも首から下げてたけど、当時から聞こえんかった。でも犬は聞こえてたよなぁ~。

ただまぁ、そこまでの高周波帯の音を聞き分け無くても、普通に生活は出来る。

こどもの頃から順に、嗅覚・味覚・触覚・聴覚・視覚と発達して行きますね。

年を取るとこの順番の逆に衰えていくそうです。

まずは視覚からです。そして聴覚と続いて最後に嗅覚だそうです。

匂いの記憶は忘れないのです。

人間、知らず知らずに老化が進行していくものです。

例えば、いきなりキンキン音が聞こえるようになったとしてもそれは、老人性難聴なので勘違いしませんように(笑)。

明日に、期待!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 合格グッツ!お守りとカイロ... | トップ | 実力テストとチャレンジテス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事