人生の日の出Ⅱ「Hero's りんくう校」編

「すべては、こどもたちのために!」我々の行動理念です。
無料体験いつでも!学習塾・英会話・幼児英語・実施中!

実力テストとチャレンジテスト・・・

2019-01-11 23:04:40 | 日記・エッセイ・コラム
 昨日の中3生の実力テストと中1,2生のチャレンジテスト。

中3生では、そこそこ出来た感じですね。チャレンジテストでも、普通にできたそうです。

次は月末の中3生最後の定期テスト、学年末テストがあります。同じ日に中1,2生の実力テストもあります。

中3生は、この学年末テストで内申点が確定します。という事は、この結果次第で公立高校もおおむね決まるという事ですね。

1,2年の実力テストは、次学年に向けての今の学習レベルを知ることが出来ます。結果をみて、改善あるのみ!良い点数ならば、現状維持プラスで学習時間を確保。良くなければ、根本的に学習スタイルから改善していく事。学習時間を多くとれるようにすることが大事。

次のテストで今どう動くか?

これが重要ですね。

終わったテストの結果をあれこれ話しても、過去は変わらんのです。それよりも未来を変える為の行動をした方が良い。

「今回、こんな点数が出た。じゃ、次はどうする?」

「わかってるよぉ~、やってるし~、・・・」

具体的に、何をどのようにして改善するのか?内容が無い。無いという事は、何も出来ないということです。

改善するための方法は何か?そこが見えてない。

ただ、言われるからやってる。単なる作業で終わる。改善する方法ではなく、普通に動いてるだけで具体性が無い。

とかく、親からガミガミ言われ続けてきた子は、言われたら反論する。しかし、具体的な行動に出るのではなく、言われるからしてるだけになります。

失敗して、その経験を活かして成功へ向かう・・・

の、ではない。

失敗して、叱られておしまい。失敗したのが悪い。次はうまくやる。叱られないようにやる。

これでは、なんの改善にもならんのです。

失敗した事を否定してはいけない。

失敗した経験を活かせなくなるからです。

すでにそうなってる子も多いです。

具体的な事を話しても、叱られてると判断して拒絶します。

そういう子の改善には時間が掛かる。


明日に、期待!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« パソコンが~~~~。 | トップ | 連休で~す!自習やデ~!で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事