日々好日・いちよう

ちょっとした日々の一コマです

セシオン寄席 講談 落語

2018-02-15 | 趣味・遊び
昨日は昼日中から落語と講談を聞きに行った。

  

昨年新宿末広亭(my blog)に行って
出し物に無かった講談を聞きたいな〜〜と思っていた。

高円寺演芸まつり、高円寺区民センター(セシオン)協議会の主催で
500円!だけにエライ人気で、40名募集の所100名もの応募で
急遽会場を変更したらしい。



ダンダラ幕(?)の前で、協議会の人と神田真紅さん、立川晴の輔さんとのやり取り
真紅さんは講談の調子でしゃべり、晴の輔さんも落語の発生で声を出し
一般人の協議会の人の普通のしゃべりとの落差が可笑しい・・

真紅さんは西荻窪在住、
晴の輔さんは従兄弟が松ノ木の住人とか、こじつけも可笑しい

まずは衣装から、真紅さんは良い帯に少し残念な着物
晴の輔さんの着物には紋が無くて不思議?(紋付を着るルールがありか?)

期待していた講談、真紅さん自身の水戸からの生い立ちから本題へ、
美人ぞろいの大奥で唯一のブス(真紅さん曰く)桂昌院のお話し
釈台へ釈を打ち付けつる回数と話の進行に合わせて
笑いやら拍手やら・・

晴の輔さんのお話しは時事から入り笑わせる
いつ羽織を脱ぐのか?何時本題に入るのかハラハラしたけれど
ようやく羽織を脱いで「茶の湯」
めちゃくちゃに面白くみんな抱腹絶倒

それにしても、斜め前の男性
最前列で居眠り三昧、失礼じゃないの?と思っていると
笑う断になると目を覚まして大笑いし、また下を向いて眠る
こんな芸当が出来るなんてビックリ・・
芸人さんになれそう??

大笑いをしてスッキリ、楽しく帰りました。

次は「何がなにしてなんとやら〜〜」の浪曲を聴いてみたいね。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消えた線路 | トップ | 梅里公園の梅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味・遊び」カテゴリの最新記事