LINE 2

日本宇田川らんちゅう愛好会に席を置かせてもらいながら、会員の皆さんと一緒に宇田川英雄先生のらんちゅうを守り楽しんでいます

禿げ禿げ

2017年07月16日 | 宇田川らんちゅう
朝のエサやりを高校生の息子に託し、数日間、家を空けていました。気温も高かったせいか、戻ってくると退色が進んで池もカラフルに



少し前から気になっていましたが、今年は青白くハゲていく仔があまり見当たらず、面更紗は少なそう

以前から、気温の高い年は更紗が多いのかな??という根拠のないイメージがあって、今年は超猛暑という長期予報で期待していたのですが、やっぱりペアの相性なのかなあ、と思い直しています。複数年、同じペアで採ってきた結果の印象としては、2年、3年と色柄・体型含めてほぼ同じような仔が出てくる、というのが自分の感覚です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うらめしい梅雨空 | トップ | 青水飼育での酸欠にご注意を »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夢)
2017-07-16 19:45:05
今年は面更紗が出にくい陽気でしたね。多赤更紗が多く白は少ないです。赤の模様選別の年になりそうですよ。今年のように空梅雨の時も同じ事がありました。同じペア親で3番まで採る意味が模様にもある気がします。

大枠の退色傾向 (Line2)
2017-07-18 08:07:15
毎年、夢さんがブログに上げられる退色の傾向を見て、
今年はこんな色合いになりそうだ、と予想していました。
おおよそで、我が家でも毎年同じような傾向になるなあ、
と思っています。

空梅雨は面更紗が多い、というイメージでしたが、
そうでもないようですね。

コメントを投稿

宇田川らんちゅう」カテゴリの最新記事