山里の米作り

山里で楽しんで米作り、それに家庭菜園

またしても台風の襲来

2018年09月29日 | 家庭菜園

    
      9月29日(土)     /

 雨が降ったり止んだりです、深夜過ぎ頃から台風接近の影響を受けそうです 


     

       先日の台風で被害を受けたコシヒカリの里の農機具庫入口の〇〇〇製シャッター、今回は被害を最小限にと

       養生工作に昨日出向き創作作業して来ました  。

       この他に排水路清掃、屋根瓦飛散養生、前回破損個所の復旧とそれは忙しい一日で終わりました 。

       先日の台風被害に手が入らず仮復旧のま々の状態も所々未だ残り、高齢化した山村の手不足の実体化と感じ

       、あわれ味を感じ取りました  。 





風圧に耐える様に主軸をジャッキにてスタンドし、シャッター扉をサンド補強することにしました

         こんなに風圧に弱いシャッターとは思いも寄りませんでした 



         内部側を補強



         外部側



 

 - 今回は、無事に何事も無く済む様に祈ります  - 







 
    
コメント

お彼岸

2018年09月15日 | 家庭菜園


     9月15日(土)

       間もなくお彼岸を迎えるこの時期に、我が家の良きパートナーが逝ってしまつた


    

     
       共に寝食を過ごしたオスの愛猫、20年3か月余のこの生活に幕を閉じ、続きの生涯へと

        旅立った。

       寝食を共に過ごした間は有難う、続きの生涯も家族だ。ガンバレー、元気でな。
   


         - この先迎えるこの時期、生涯忘れることは出来ない ・・・ -



コメント

お手伝い~2

2018年09月13日 | 家庭菜園



     9月13日(木)   /

        自治会に防災倉庫が追加配備されるとの事、設置打合せに意見を添えた 


    

     日本列島の各地、自然猛威に依る甚大なる被害に備えての予備準備に上限は無い、何を施しても

     それ以上の準備は出来ないが、指を銜えて見ているわけにはいかない、備えは大切な行為と思う。

     先旗を振る我が村長には頭が下がる。経験が少しでも役に立てばと口を挟むが代わりは出来ない。

     その防災機能倉庫、組み立て時間帯は予想外の雨の間に終え上出来、この先も好出来で終える様

     にと、祈る事にした  。



    

        設置位置決定、市ととの交渉は村長が既に終えて頂いています。

    

        基礎工事 ~ 組み立て

    

        完成 

    



       - 公で物事が起きる、何かを始めると群衆になった ・・・ こういった流れは遠い昔の話か  

       
           其れとも公工事は役員でやるものと、思ってるんでしょうか 形骸化 、怖い  -



    


コメント

お手伝い

2018年09月06日 | 家庭菜園



      9月6日(木)    / 

        子供、大供の我が住居近くを流れる河川土手の草刈りのお手伝いをしました 


   

     村の近くの河川の堤防、村長さんの指揮の元、微力ながら草刈りのお手伝いをしました。

     台風一過の晴天日、これも夕刻からは下り坂と予報される。

     伸びに伸びた河川堤防の雑草、更に台風の湿りを貰い我がもの顔で伸び放題、埋め尽くしていました。

     幸いこの晴天で少し雑草もこわばみ除草伐採には適度の硬さ、作業はスムースに進みました  。

     草刈りも順調に終了し、汗かきついでに今回の台風で傷んだ夏野菜のゴーヤに見切りをつけました。

     作業後のご褒美にと大人の麦茶を頂き、暫く遠ざかっていた行為に大供は嬉しく思う時でした  。


    

        少しでも力に生ればと汗を流す小生です 

    

         ↓

    


    台風一過の朝、お巡りさんがパトロールカーの乾燥と掃き掃除する姿を目撃しました  。

           ※ 台風巡回で室内が濡れたんでしょうか

    


             - 気分の良い日を過ごしました  お巡りさん台風時の巡回お疲れさんでした -




      
コメント

又も台風接近

2018年09月04日 | 米作り日記


     9月3日(月)

       又も台風接近、更には上陸か 

         その様な訳で、今回はシャッター修理出費なくて済むように奮闘しました 


    

     強い勢力を維持したまゝの上陸、この地方への影響も最大の注意が必要かと伝えられてます 。

     隠居住宅を持つ我が身には、維持に苦境の頃と例年痛感させられます  。

     余談です、先日首領様から依頼された草刈りも、飛散を考え台風通過後にとお伝えした次第です 。

     その様な訳で行って来ましたコシヒカリの里、前回の20号台風では予期せぬシャッターの破損修理、今回

     は、「そうは桑名の・・・」と、予防策に無き知恵を絞り工夫し後は神頼みとなりました  。

     無事に去る事を祈念します  。


    

       20号台風時の突風に押し広げられた様子です

         この代物、強風地域に不向きと知りませんでした バカでした  

     


       コンバインをシャッター側へギリ詰めし、アブソーバーに戸板を当て、たわみに耐える様に工夫しました

        ※ 腐り始めた戸板の流用、田舎らしくてユニーク  です

     

     

     


      - この先も迎える予測できぬ時代が既に始まりかけてると思うと不安になります ////  小生だけでしょうか -


     
コメント