山里の米作り

山里で楽しんで米作り、それに家庭菜園

例年の如く

2015年09月28日 | 米作り日記


         農業は機械化? に限る  ↑


                 

     9月22日(火)

       ひと夏越すと雑草も伸び放題に、困ったものだ

 稔りの季節、コシヒカリの収穫を終えホッと出来たのも一時の事、この先迎える秋から冬季に

 掛けての休耕田の整備、毎年の事ながら気が重い作業です。特に今年は荷重に感ずるのは、小

 生も歳かな

 そこで奮起一発、新規草刈機を導入しました。さすが動力、小時間で刈り上げることが出来た

 ものの機械を操るどころか先にバテたのは我が身でした


 

 



  - この調子で、残りは、一気に頑張るゾ~  -



 
コメント

やれやれ、今期も無事に

2015年09月16日 | 米作り日記

移植後、23日目の様子です  ↑


 9月16日(水)

 朝から雨がポツリポツリと  、間もなく本降りに成ろうかという今朝です。

 昨日までは慌ただしく、パソコンと米作り過去データーとニラメッコで暮れた日々、落ち着き

 ブログ作成を出来る余裕さえ有りませんでした

 4月の下旬から始めたコシヒカリ米作り、12日の最終刈り取り分が乾燥を終え、機内で間も

 なく迎える籾すりから玄米姿で保冷庫で休息する時間を迎えます。

 思えば接近する台風、更には大雨による被害を受けないかと心配し、またそれを避けるかの

 様に早刈りに走る農家さんを横目で無視、苦笑し、自分も心が焦る気持ちを抑え、必ず適期

 に刈る、そう自分に言い聞かせ流行る気持ちを抑えた日々を過ごした結果、お陰様で人がう

 らやむ成果で締め括る事が出来そうです


     

   台風、強風、豪雨に耐え倒伐せずに刈取り時期を迎える事が出来ました 

 

   しかし、我ながら上出来と思います  倒伐の「と」も感じさせません
 

   圃場の物は圃場へ返すのが原則ですが 降雨量が過大過ぎました やむなく一度焼却          
   雑草の種子を断とうと考えました ※焼畑農地 原始的  
 

  - この地区の鳥獣防護電柵です  何処ぞやの地区の殺人網とは比較じゃ無いですよ -



 
コメント