山里の米作り

山里で楽しんで米作り、それに家庭菜園

コシヒカリ苗、移植作業開始

2015年04月27日 | 米作り日記

    幼苗移植後、雑菌から守るために使用します(使用農薬第一号)↑

   
         

   4月26日(日)

     コシヒカリの里、いや全国的に好天が続き農作業日和の毎日です 

 25日の土曜日、注文しておいた農協さんからコシヒカリ苗を届けて頂きました。

 今年の幼苗は生長順調、申し分ない出来栄えに感謝します。

 早速、いもち病等の予防剤を散布、暫く置き移植作業に掛かりました。一年ぶりの本番作業

 、何年やっても最初が肝心なのは、既に経験してます。がんばりま~す  。


    

 立派に生長したコシヒカリ苗です 



 移植作業完了しました 




  - 残すところ僅か、天候も好天が続くとか、マイペースで頑張るぞ~  

本日も出勤します -







コメント

圃場植代準備、それに休耕田の耕起とシキビの剪定

2015年04月20日 | 米作り日記

       ↑ 冬季の休耕田の様子です(物静かで眠ってる様にさえ映ります 

    
          

  4月18日(土)

    コシヒカリの里での天候でした。日中、降雨無しとの予報の元、出掛けました。

 16日から水を入れての植代準備前の荒耕しを開始、翌日も早朝から出掛けたものの道中

 既に降雨に出逢い、到着後は、雨も上がり日も差して来ましたが残りの荒耕しも僅かの量

 、急ぐことも無しと開き直り、休息も兼ね愛車の洗車で午前中を潰し、早めの昼食を済ま

 せ圃場の周囲も乾燥、残り作業に入り予定通り全て完了、気分良く帰宅の途と言うことで

 した  。

 帰宅後、先日に注文しておいた太切剪定ハサミも具合良く到着しており、明日の作業予定

 が出来ました。

 翌日もは、冬の間に好きに伸び放題、醜く苦にしていた転作の「しきび」田の剪定作業を

 メインに出向きました。作業後、剪定枝が驚くほど排出、花屋に売れば多額の値に相当す

 るんだろうと思う煩悩も一瞬出ましたが、やはり綺麗サッパリが一番です。

 完了後、例年、この時期に余裕が無く、荒地に戻る休耕田の下見に出掛けると、雑草の伸

 びが目立ちましたが未だ芯芽が柔らかく、これなら、トラクターで起耕出来る筈と判断し

 早速農庫へ戻り、トラクター整備後出掛け、三枚の内、生長の早い雑草田の二枚を片付け

 一枚を残し帰宅した次第です(私共の地区では、面積に関係無く圃田一筆毎を、枚数で呼

 び数えます )。

   
      
       
  何かと雑仕事が多く、山田の米作りは、希少価値 です(単価は・・・・) 

  先ず、水を入れる前に再度の草刈り作業です
 


  水を入れ耕し完了、少し時間を明け次は植代作業工程です



  ↑



  植付予定の荒耕が終えた次は休耕田の荒耕しです(昨年は省略したので雑草が茂り苦労しました)

  少しの作業で雑草の茂りを抑える効果が出ます 



  ↑ 荒耕完了、見栄えも最高、もちろん効果に満足です 



  休耕田を移動しました、どうですこの雑草の生長ぶり  敵いません 



  ↑ 荒耕完了です 



  次は、転作田のシキビも伸び放題、只今から剪定に入ります 



  ↑ 相当量の剪定を終えたのですが、後日もう一度見直す事にしています 


 

    - 忙しい日々です、自分、一度エンジンが掛けると、ノンストップが持ち前です  -




 

コメント

やっと、願いの晴れ間が

2015年04月12日 | 米作り日記

      この状態で水を入れ、植代圃場と言う訳には自分には到底理解できませ~ん ↑

(平気で植え付け、除草農薬散布を実施する、 〃  、そして供出米へと如何なものでしょうか)



        

    

   4月11日(土)

     コシヒカリの里での天候でした

 明日も引き続き晴れとはならず、午後から一部の地域で雨との予報です。何と言いましょう

 か、その一部の地方と予報されるのが、この我が米作りの里によくマッチするんです。

 とにかく、2~3時間の晴天を目標に、前回荒耕しを済ませ枯れ残った雑草への除草剤散布

 をと出掛けて来ました。案の定、雑草は根土を外されたにも関わらず部分的に生き延びてま

 した。到着後、散布作業準備に即掛かり、希釈液を製造、散布作業に取り係りました。

 連日の降雨でぬかるみ足元が大変でしたが一応こだわりを解決することが出来ました。

 その後は休憩とはいかず、手を入れれば入れるほど掛かってしまうのが米作りなのと、思う

 次第です。


     

  希釈量は最低限度、自分が食べる米です。なるべく、有機栽培で・・・ 
 
   



  - 近くでは植代作業中の後輩を見かけました。未だ、霜注意報が出される気候と              

    いうこの時期にと実感したのが本音です。これが、兼業農家の実態ですかネ  -






 




 
コメント

始めの一歩

2015年04月03日 | 米作り日記

昨年の冬期に入る前の状況です  ↑


          


  3月31日(火)

         コシヒカリの里での天候でした 

 26年度末、明日からは27年度の始まりですが降雨との予想、昨日の好天を見送り本日の

 夜明けを待ちつつ早朝から圃場整備に出掛けて来ました。

 例年になく26年度の休耕期間中は雨天が多く占め圃場の乾燥期間も少なく耕起時期を逃し

 本日に至っていた次第です。もちろん、手を拱いてはいられず、代わりの手は打つて来まし

 た。今季の収穫時に、今回、施した新手の天候不順休耕期間対策効果の成果も楽しみです。

 早朝から開始した作業も夕刻前には完了、例年の圃場状態になりました 


作業の開始で~す 

     


 

 

 

 

 

 

 
    - 4月初旬から水を入れての植え代作業、月末に移植作業と忙しくなります -

 
コメント